慈悲のこころ

雨が続く。

緑は一層濃くなり、庭の紫陽花、百合の花が美しい。

Img_4618_800x600


私はというと、15日の講座に向けてPP資料を夜な夜なの作業でやっとできた。

今日は月末の「味噌づくり」に向け、麹を作る。

・・・と言う風に今日も過ごす。

多分、1週間、1か月、1年と追われるように生きていくのだろうか・・・と自問する。

Img_4625_600x800_2



木曜日の高知新聞「おばさん辞典・おじさん図鑑」が面白い。

今日はその「おじさん~」に心惹かれたエッセーが載っていた。

それはこども虐待のニュース。

本当に筆者と同じで胸が締め付けられる。

戦乱のない日本で6万人以上のこどもが命の危機にさらされている。

非力なこどもを痛めつける親もまた、自分の親による理不尽な暴力によって育てられた不幸な生い立ちがあったりする。

暴力は連鎖する。

その源は個人の性格だけではなく、社会的な背景がある。

暴力の連鎖は慈悲でしか断ち切れないような気がする。

罪を憎んで人を憎まず。

こどもは未来であり希望だ。どんなこどもも慈しみ大切に育てらなければならない。

これもまた「慈悲のこころ」で。(纏めています)

・・・共感しながらエッセーを読んだ。

 

 




現在・過去・未来

この週末はお天気が良かった。

土曜日は関わっている団体の総会だった。

5年目を迎える今回は、その振り返りと未来に向けてメンバー同士の目的の共有などをまとめたものを発表する。

聞いてもらうのではなく、これからを考えるという企画。

まだこれをやろう!・・・・でまとまった感はないけれど「種を蒔いた」ことは事実。

800x479 
800x472
 800x473_2


800x473

日曜日の今日は地域の花壇の清掃(草取り)と夏の花を植える。

ビフォー・アフターの写真も撮れなかったけれど、協力してくれる人たちがたくさんいて思ったより早く終わった。

2018060321234600_800x600


2018060321234400_800x600

・・・と、ちょっぴり疲れた週末の過ごし方でした。

影響力

庭の百合の花がもう少しで咲く。

四国は3日ほど前に梅雨入りした。

爽やかな季節を楽しむ余裕もなく5月も今日で終わる。

Img_4608_800x600

Img_4610_800x600

Img_4612_800x600

Img_4613_800x600


梅雨の季節は嫌いではない。

予定のない雨の日はこころが落ち着く。

途中まで読んでいた本を読み終えたり、隅々まで掃除したりして過ごす時間が好き。

梅雨の季節を楽しもうと思う。

6月15日高知県幡多ブロック「こども食堂」ボランティア講座で実践報告を発表するためパワーポイントで資料を作っている。

「こども食堂」を始めようとした動機について・・・という項目があった。

動機は複数ある。

ボランティアの一つで、4か月の赤ちゃん宅訪問をしている。

お母さんと電話やメール、訪問を重ねていく間に彼女たちからの本音を聞くことができる。

特に県外や市外から嫁いで来ている女性たちから「ほっとする場所がほしい」の声が多く聞かれた。

佐藤初女さんの「森のイスキア」の本を読んでこんな風になりたいと思ったこと。

安芸市で「こども食堂」を実践している女性との出会いがあり、見学に行ったこと・・・・等々。

私の場合、このように多くの影響力のある出会いがあり、今がある。

課題はいっぱいあるけれど、今のあるがままの状態を発表するしかないと思っている。

 

 




蛍の季節に

例年より早く近くの川に蛍が飛んでいた。

今年は寒暖の差が著しく、中々その生態がつかめなかった。

蛍がよく飛んで、きれいに見えるのは闇夜がいい。

残念ながら、今は月が美しい。

それでもチラホラと点滅する灯りは蛍そのもの。

これからしばらく夕食後に蛍見物にいくのが楽しみの一つ。

566x800_2
         <5月の庭の花>


明後日は友人や弟夫婦も訪れる。

蛍のとりもつ絆。

おせったいの夕食は、家で育てた野菜を中心にメニューを考えよう。

 

 




薔薇だより

梅雨入り間近かな・・・と思うほど、すっきりしない日が続く。

久しぶりの雨。

午前中、読書ボランティアに行っただけで、あとは少しだけ時間が空いた。

新聞もまとめて読んだり6月の総会資料を作ったりで半日過ごす。

猫も足元で寝ている。

1526820951079

1526820956929

1526820973131

2018052022091400


そんな時、松山の娘からラインでバラの花の写真が送られてきた。

3年ほど前、しまなみ海道にある「よしうみバラ園」に彼女たちと一緒に行った。

種類も多く美しく咲いていた。

今年は、その「よしうみバラ園」に行きたいと思っていたけれど、スケジュールがいっぱいで今年もバラ園には行けなかった。

そんな私への娘からのプレゼントだと受け止めている。

ありがとう♪ バラの写真を見て、少し元気になりました。

 

 




«5月のこども食堂

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント