2020.2月のこども食堂

9日(日)2月のこども食堂を開催した。

暖冬の今年も2月になって冬らしい日もある。

昨日は日差しも温かく、よいお天気に恵まれた。

開催日はお天気も出足の良し悪しに重要な要素だと思っている。

今回は料理に手間取り、ギリギリに間に合った。

最近は人数も定着し、リピートしてくださる人も多くなっている。

久しぶりに宿毛に帰ってきたという若いお母さん、大月からの双子のかわいい女の子たち。

みんな笑顔で手を振ってくれる。

すこし見ない間に大きくなっている。もちろん新しい参加者もいて「こども食堂」をやっていて

よかった!!・・・と思える瞬間です。

2020021020423802 2020021020423800 2020021020423803 2020021020423804 2020021020423801 2020021020423805  2020021020423703  2020021020423806

3月は四万十川下流域の「かわらっこ」まで遠足に行くので今年度最後の林邸での開催となった。

メニューは菜の花寿司 筑前煮 味噌汁 豚肉の生姜焼き 野菜たっぷりサラダ スィートポテト ポンカンでした。

参加者は大人:19名 こども:14名 幼児:9名。

スタッフ:9名 高校生2名 担当の先生でした。

今回は多くのスタッフさんの参加で和やかな2月の「こども食堂」でした。

本当にいつもありがとう!感謝の気持ちでいっぱいです。 

   

   




冬ごもり

暖冬の影響か例年より2週間ほど早く梅の花が開花した。

20200131222620002020013122261901

このまま春になるのだろうか。

それにしても異常気象だと思える暖かさが続く。

11月末、関西に住んでいた妹が亡くなった。

葬儀の後、深い悲しみと喪失感でいっぱいだった。

いつものように来る年末、年始、ひと時その煩雑さで色々なことを忘れていた。

お正月明けから、欝々と日々を過ごす。

宝塚に住んでいる従姉から届いたクリスマスプレゼントの中に「リーチ先生」という単行本があり一気に読んだ。

読み終えたら急に九州、日田市にある小鹿田(おんた)焼きの里に行きたくなった。

夫に頼み1泊2日の旅に出かけた。

昔、小石原焼の里には行った記憶がある。

小鹿田は日田インターを降りて1時間ほどの山の中にあった。

  20200131222618012020013122261700

土を濾す水車のゴトン、ゴトンという音、登り窯など小説のままの風景が広がる。

2020013122261802

山間の小さな谷川沿いに7軒ほどの民家に焼き物が並べられていた。

バーナード・リーチ、柳宗悦が訪れ、民藝として今に受け継がれている。

素朴な焼き物に心奪われた。

日常使いの箸立て、茶碗、水差し、コーヒーカップ、中皿を購入した。

2020020121523000_20200201220601

天ケ瀬温泉に1泊後、日田市観光を・・・。

静かで豊かな時間を過ごした。

誕生日を覚えてくださっていたFB友だちのIさん、ありがとう♪

そして変わらず、お花やプレゼントを送ってくれるこどもたち。

月末には友人たちがランチでお祝いしてくれてた。

いただいたチューリップはさっそく食卓に飾っています。

20200131_160605

さりげない優しさに感激の1月でした。

そろそろ冬ごもりも終わりにしよう!

   

   




2020.1月のこども食堂

19日(日)2020年最初のこども食堂を林邸で開催した。
年末から暖かく、お正月も穏やかなお天気に恵まれた。
厳冬の1月とは程遠く感じるのも温暖化の影響かもしれない。
こども食堂のイベントは通常、第3土曜日だけれど、色々な都合で日程が変わるときもある。
今回が変更になった月でもあった。 こども食堂の前段にWorldSmileさんの「子育てイベント」がある。
1月は「お正月遊び」がテーマ。
私の住んでいる地域にある郵便局の職員さんによる「折り紙教室」と片島地区獅子舞保存会の獅子舞を高校生が演じてくれた。
教える人、教えられる人の垣根がなく「人と人とがつながる」地域密着型のイベントが根付いていて参加者全員が楽しめる。
今月は市内東地区にある小学校の参観日やお隣、公民館活動の発表会などと重なり、いつもより参加者が少なかった。
おかげで私たちも「折り紙教室」を覗いてみたり、林邸の庭での「獅子舞」を楽しむことができた。
「林邸カフェ」のお客様たちも出てきて若者の踊る「獅子舞」を楽しんでくださっていた。

2020012020593002  2020012020593001

2020012020593100 2020012020593101
 

講師さんたちにも「こども食堂」でのランチを食べていただいた。
今月で丸3年経った「こども食堂」
スタッフのみなさんや、来てくださるみなさまに支えられ今がある。
片付けが終わったあと、スタッフのお一人が淹れてくれるコーヒーの美味しいこと!!
今年も笑顔いっぱいの「こども食堂」でありたい・・・と決意を新たにしました。

2020012020593103 2020012020593104  20200120205931062020012020593105

メニューはカレーライス ほうれん草のキッシュ ワカメと卵のスープ マカロニサラダ リンゴのパウンドケーキ ポンカン
参加者は大人13名、こども10名、幼児15名 スタッフ5名 高校生2名 講師7名でした。

今月も「あしながさん」からお菓子や調味料をいただく。
ありがとう♪・・・感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 




 

2019.12月のこども食堂

2019年、最後のこども食堂を21日(土)林邸で開催した。

今回は私的なことで時間がとれず直前まで準備に取り掛かれなかったけれど何とか間に合うことができた。

クリスマス仕様の今回のメニューはオムライス風、秋野菜のストロガノフ 和風ポトフ サラダ いちごケーキ みかん等

宿毛高校からボランティアに来てくれている「家庭科クラブ」のみなさんから手作りのマドレーヌのプレゼントもありました。

2019122220304001 2019122220304003 201912222030400520191222203040002019122220304006  20191222203040092019122220304007 2019122220304008 

元気になれるのは人それぞれ。

私の場合、参加者から「美味しかった」と「ありがとう」の言葉と、いつも明るく楽しくお手伝いしてくださるスタッフのみなさんたちからだ。

来年1月で丸3年になります。

あっという間の3年。

「継続は力なり」・・・これからも楽しく居心地のよい「こども食堂」を・・・と思っています。

参加者は大人20人 こども18人 幼児17人 スタッフ10名でした。

宿毛市と提携している長野県の高校からお米30kgをいただきました。

ありがとうございました♪

2019122320024803

来年もよろしくお願いします。

   

   




  

2019.11月のこども食堂

小春日和のよいお天気が続く。

紅葉はまだだけど、1年中で今の季節が一番好き。

16日(土)こども食堂を林邸で開催した。

戸外でのイベントが多いのか、いつもより静かな始まりだった。

そのうち少しずつ人が増えてきた。

2019111721451305 2019111721451405  2019111721451300_20191117231201    2019111721451303 20191117214513042019111721451302   

いつも来てくれるおなじみのお孫さんとおばあちゃん、初めてみかけるお一人の男性。

今回は大人が少なく、こどもが多かった。

多い月も、少ない月も両方あって、色々あってちょうどいい。

あれ!・・・・金子みすゞの詩のような(^^♪

来てくださった人もスタッフもゆったりできた今月のこども食堂でした。

大人10人、こども24名、幼児6名 、高校生2名と先生、他スタッフ5名と私。

メニューはチラシずし&ムカゴごはん おでん いもたき 秋野菜のサラダ バナナケーキ みかん

今月も調味料やお菓子を寄付してくださるSKさん・・・わざわざ林邸まで持ってきてくださった。

玄関に大きなレタスを置いてくれていたご近所さん。

そして高校生2人と先生。

善意のあしながさんたちに感謝の1日でした。

  

   




  

«表彰状授与の旅ー3

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント