« アマルフィ | トップページ | 梅紫蘇漬け »

映画の話

Photo 今日の新聞で高知市出身の漫画家、西原理恵子さんの漫画「パーマネント野ばら」の映画化が決定、しかもロケ地を幡多地方、わが宿毛市の小さな漁町を舞台に9月から1ヶ月をかけて行うという記事がでていた。

最近、高知を舞台にした映画が多い。

外国人監督が手がけた「はりまや橋」も見たかったけどタイミングを逸してしまった。

舞台になる港町には夫の友人もいて、時々新鮮なお魚・・・・モイカ、うに、カキ、ところてんなどをお土産に我家にやってくる。

魚大好きな私にとって彼の訪れは大歓迎happy01

そしてお返しは畑で採れた野菜たち。

地元には元気で魅力的な女性もいる。

夫が釣ってきた魚で販売ルートに乗れない魚を、そのまま海に捨てているのを見て「この魚たちを有効利用できないか」を考え地域の女性たちで、”てんぷら”を作って販売している。これが好評で、かなり販路を広げて次なるステップを考えているということを話していた。

映画が地域の元気に一役買ってくれたら嬉しい。

« アマルフィ | トップページ | 梅紫蘇漬け »

コメント

サンフランシスコは観光の名所が沢山あるので映画撮影が多いのでしょうね。
私はアメリカには1度も行っていないので映像で見るだけですが・・・・。

サンフランシスコでもよく映画の撮影現場を見かけます。警察に撮影の為の交通整理を担当する部門があると聞いた事があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/30834726

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の話:

« アマルフィ | トップページ | 梅紫蘇漬け »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ