« 子供は必要ない?・・・アンケートの結果より | トップページ | 宿毛歴史探訪・・・婉という女 »

幡多の自然・・・・弦の響き

月曜日は「放課後教室」に地域の小学校に行っている。

教頭先生は黒潮町(大方)から40分かけて通勤されている。

その教頭先生の甥にあたる「松田弦」さん(27歳)のことが今日の新聞14面「天窓」に出ていた。

”先日「東京国際ギターコンクールで優勝を果たした彼がクラシックギターを始めたのは高校に入ってからという。

幼少から英才教育を受けた国内外の演奏家たちを圧倒した背景には天賦の才、不断の努力もあるだろうけれど、温かい家族と幡多の自然にはぐくまれた豊かな感性。

それが爪弾く弦の響きに現れていると思う。”

という記事を読んで、少子高齢化、人口減、産業不振とあまりよいことのない幡多から、世界に通じる若いギタリストが輩出できたとしたら嬉しい出来事だし、そのニュースに元気をもらった。

2009127_002_small

庭の文旦

人気ブログランキングへ

ランキングに参加中です。ポチッして下さったら嬉しいです

« 子供は必要ない?・・・アンケートの結果より | トップページ | 宿毛歴史探訪・・・婉という女 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/32526641

この記事へのトラックバック一覧です: 幡多の自然・・・・弦の響き:

« 子供は必要ない?・・・アンケートの結果より | トップページ | 宿毛歴史探訪・・・婉という女 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

サイドパーツ