« 「龍馬伝」と“いちむじん” | トップページ | 蜷川モーニングいかが・・・黒潮町で地域おこし »

蕗のとうが・・・・

午後、久しぶりに畑に出てみると、小さな雑草がいっぱい生えていた。

たまねぎを植えている場所の草引をした。

日の入りも遅くなってきて、春はもうすぐ・・・・。

”蕗の薹”が生えていた。

2010127_001_small

2010127_003_small

えんどう

2010127_004_small

明日にでも蕗の薹の天ぷらをしよう。

自給率100%まではいかなくても、採れたての野菜を食べられるのは幸せだ。

今日の新聞のコラム「閑人調」より

生物多様性

~前略~

一般的に自然が生物の多様性を失い、バランスが崩れ、生態系が単純になればなるほど、特定の種の大発生や、本来問題にならなった種が悪影響を引き起こす。

ただし、高知の状況は少し違う。害虫を捕食する天敵昆虫を園芸農業で実用化している。

その数はこの10年間で増えた新害虫の、倍以上の数に上がる。

しかも、そのほとんどは高知の野山のどこにでもいる虫たちなのだ。

生物多様性を農家が保全し、しかもそれを産業の中で持続的に活用するー。世界でも稀有の成功事例が高知にはある。

高知園芸農業での成功が、早期に一般農家にも浸透してほしいものだ。

 そういえば、カメムシが大量発生し、柿が1昨年は不作だった。

無農薬なので虫に食べられ見栄えが悪い白菜も、おいしく食べられるので、それはそれでよいと思っている。

人気ブログランキングへ

100位以内に初めてランクインしていて、ビックリsmileポチッしていただいた皆様に感謝です(~o~)

« 「龍馬伝」と“いちむじん” | トップページ | 蜷川モーニングいかが・・・黒潮町で地域おこし »

コメント

こうしんさん、コメントありがとうございます。
いちごの種類が沢山あることしりました。

こまちゃんさん、このエンドウの手は私がやりました。
そのうちに網にするかもしれませんが・・・・。
そうですか!!・・・肥料を・・・来年やってみます。
ありがとうございます。

mitikoさん、その蕗の薹の簡単煮物というのに挑戦してみます。
まだ、たくさん出てないので・・・・そのうちに^^

こんにちは!!
朝のうち小雨、後は鈍よりの
愛媛大洲のお天気でした。
寒がりこうしには、暖かく感じれて
動くには最適でした。
「蕗の薹」発見なんですね。
天婦羅最高です、想像すねだけで
お口の中が・・・・・・・

昨年までエンドウの手は竹にしていましたが、横桟に一つ一つ縛り付けないといけないのと、古くなって朽ちてきたので、今年からは市販の網に変えました。
豆類は肥料は要らないと言いますが、少し効かせてやると鞘の中の実の大きさも数も増えますね。

ふきのとうのてんぷらもつくだにもつくってたべました。
今年初めて調理簡単を発見

蓋つき耐熱ガラスでふきのとうと酒を煮ました
そこへしょうゆと鰹節を入れました
最後は蓋を開けて煮詰めました。なかなかおいしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/33148486

この記事へのトラックバック一覧です: 蕗のとうが・・・・:

« 「龍馬伝」と“いちむじん” | トップページ | 蜷川モーニングいかが・・・黒潮町で地域おこし »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ