« ポニョとイージス艦 | トップページ | 「龍馬伝」と高知の地理 »

品格とは・・・

今日の新聞の社説で「朝青龍の引退」について述べている。

Photo_7

yahooニュースより

2月4日、一般人への暴行問題の責任を取る形で横綱・朝青龍が引退を表明。

その光と影に彩られた力士も珍しい。

初土俵から25場所という異例のスピードで横綱に昇進。史上初の年6場所全制覇と7連勝を達成し、平成の記録に残る横綱ちう栄誉を手にした。

その反面、土俵内外での言動でたびたび物議を醸した。

土俵での“ガッツポーズ”をはじめ、これほどまでに“品格”を問われた横綱は過去に例がないだろう

一方で、「横綱に品格が無いと批判した全ての人が果たしてそれを有するだろうか。モンゴルの大草原で育った人間に対し、日本人と同じ感性を求めることが妥当なことなのか」といった意見も少なくない。「強いからといって興行収入を優先して横綱にしておいて、いざ問題が起こったら辞めさせるという理事会の方の品格が疑われる」

「強くて・お茶目で・乱暴で・ワルで・個性的で・魅力的な仕事人が また一人去って行ったのは確かだし残念です」など、引退を惜しむ声は多数見られる。土俵上の強さで、また“ヒール”として注目を集め、大相撲の人気を支えてきた朝青龍。私たちの記憶に残る力士になることは間違いないだろう。

大相撲に関しては、郷土出身の「豊の島」が活躍しているので、スポーツニュースでその勝敗は観ている位だけれど・・・・・。

朝青龍関の“品格”についてマスコミ攻勢が強かった。

そもそも“品格”とはどういうことだろう。批評しているあなたはどうなの?と私自身も含めて今一度「品格」について考えてみたい。

孤高の横綱になった、白鵬関の涙のコメントが心に残った。

人気ブログランキングへ

ポチッしていただくと励みになります(^。^)

« ポニョとイージス艦 | トップページ | 「龍馬伝」と高知の地理 »

コメント

こんにちは!!
お日様がずっと一日
顔みせてくれましたが、
冷たい風の吹く休日でした。
明日からは春を思わせる暖かさ
になるとの予想・・
色んな意見はありますが
横綱の引退は一抹の寂しさも
感じました。残った横綱の
「涙」はさらに心打たれました。

ほりえもんが常識ってなんですかといいましたね
朝青龍は日本の相撲道を身につけていない品格のなさですね福岡で見たときに足をひっかけてあいてをまかせました。
モンゴルで日本を悪く言っているらしいですが引退を決意した朝青龍が自分の日本相撲道でのまちがいをモンゴル市民に説明する責任があります。
そうでなければ大人でない!

教えても無駄だったかも分かりませんが、親方が最初にきちっと相撲界の厳しさを教えるべきでしたね。
それにしても、2階級降格して月給が80万円台とは・・・。

mitikoさん、私は謙虚で感謝の気持ちを持ちながら生きることだと受け止めています。
「ありがとう」をいう。「悪口を言わない」などは実践しています。

品格は十分にはわからないけれど。内館さんが今回何回か言った「敬意」をこのごろわたしもつかいはじめました。

私は今はまだ勉学の身(おおげさですが)数人の講師に講義をうけています。

敬意という言葉で生きねばいきぬけないもので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/33275786

この記事へのトラックバック一覧です: 品格とは・・・:

« ポニョとイージス艦 | トップページ | 「龍馬伝」と高知の地理 »

ランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ