« 里山の春 | トップページ | サプライズな日 »

龍馬伝14話

今日は花曇の天気の中、宿毛市観光開きが「道の駅」で開催され、地場産品の出展や盛りだくさんのイベントがあった。

なかでも1週間に1度行っている小学校の「放課後教室」の子どもたちが出演する「太鼓」と子どものみ参加できる「アジのつかみ捕り」に興味があり行って見た。

いつもは閑散としている「道の駅」が今日は人出が多く賑わっていた。

201044_049_small

201044_053_small

201044_061_small

イベントのときではなく「道の駅」が多くの観光客で賑わうような「行きたくなる道の駅」の企画が必要なのでは・・・と思いつつ帰ったことだった。

10匹ほどのアジは夕食の「南蛮漬け」の献立に・・・・・ありがたく美味しくいただいた。

夕食後は「龍馬伝14話」観る。

脱藩した龍馬は、まっすぐ京都に行ったのではなく、薩摩を巡っている。

一方、土佐では「東洋暗殺」に関わったのは龍馬ではないか?・・・の疑いを甥の後藤象二郎からかけられ弥太郎が追手となり大阪へ・・・・。

東洋亡き後、武市半平太は土佐藩からも重宝され、帝の護衛の任を三条候に上程する様、土佐藩主に進言できるような力ができていた。

とき同じく大阪で弥太郎、半平太、龍馬は再会する。

今は土佐勤皇党党首としての半平太、薩摩を見てきた龍馬との「国を変える」意識に大きく違いがみえてくる。

そのころ、半平太に心酔する岡田以蔵は、はじめて人を斬る。

これからの運命の明暗をわける始まりを予感する今回のドラマ展開だった。

それにしても脱藩という大事件が抜けているのは、少し物足りなかったかも知れない。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

ランキング参加中♪ポチッありがとうございます

« 里山の春 | トップページ | サプライズな日 »

コメント

こんばんは!!
寒がりこうしんも
今日は暖かく上着が一枚不要な
愛媛大洲の一日でしたよ。
途中寒くなったので桜がまだまだ
散らずに、移動中目を楽しませてくれています。
宿毛へ単身赴任中の友人も移動がなかったようなので、
お布団の不要な季節になれば、押しかけようと
考えています。道の駅も訪ねてみたいと思います。

小筑紫の海岸で大潮の頃、岩場に渡ってアコヤガイを捕り、焼いて食べました。
甘かったです。

道の駅
私は今はほとんど行かないですが今は近所にある鏡村の店がなによりです。年に数回の調理教室で知り合った方とまた道で会うのも楽しいです。

今晩は
今週中にyumeさん宅にぶんたんの御返しをきよこさん、泡るん君(はなちゃん)の3人から徳島名物のある品をお送りしますのでご主人様やお嬢様と堪能して頂きたく思います

ぶんたんは本当に美味しくてジューシーで最高でした
ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/34082758

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝14話:

« 里山の春 | トップページ | サプライズな日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント