« 「ご近所カフェ」の準備 | トップページ | 「龍馬伝」十五話 »

第2回ご近所カフェ・・・こんにゃく作りとさくら餅作り

今回は準備段階から余りPRできていなかったので参加者が集まるかどうか当日まで心配だったけれど11名の参加があり、賑やかな楽しいカフェになった。

まず、レシピはネットで検索し、簡単なもので挑戦。

我家に「こんにゃく玉」が500gあったので生芋からの作り方と粉から作る方法の2種類でトライした。

「connyaku-1.doc」をダウンロード

「connyaku-2.doc」をダウンロード

こんにゃく生芋の作り方が成功し粉は水の量が多すぎて固まらず失敗coldsweats02

そして桜餅の上手なメンバーに講師になってもらい全員で作る。

「sakuramoti.doc」をダウンロード

2010410_010_small

2010410_003_small

出来上がった料理は、みんなで美味しくいただきました。

次回は9月、黒潮町蜷川地区のように作った料理をカフェ形式にし、地域の高齢者をお誘いするという、少しステップアップする取組みをすることになった。

「ご近所カフェ」の輪が広がっていることが、とても嬉しかった。忙しかったけれど、楽しい1日だった。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

ランキングに参加中,ポチッしていただくと励みになります。

« 「ご近所カフェ」の準備 | トップページ | 「龍馬伝」十五話 »

コメント

あれまあ
龍馬(福山雅治)は大坂から京へと向かっていた。京には、三条家に仕える加尾(広末涼子)がいる。武市半平太(大森南朋)も藩主・山内豊範(染谷翔太)とともに京に入っていた。武市は公家の尊王攘夷派・三条実美(池内万作)に拝謁し、徳川幕府に攘夷を実行させるために、帝の勅命を持って江戸に乗り込むことを提案する。武市とともに京に入った平井収二郎(宮迫博之)は妹の加尾と久しぶりの対面をしていた。収二郎は龍馬が武市を裏切り土佐藩を脱藩したことを加尾に教える。岡田以蔵(佐藤健)は土佐勤王党のために、天誅と称し開国派の人々を暗殺していた。龍馬が加尾を訪ねてくると、加尾は兄の忠告を破り龍馬と一夜を過ごす。

こんにちは!!
どんよりした朝を迎えていた愛媛
大洲も小雨が降り始めています。
昨夜は地区の総会、地区財務大臣?を
拝命していますので、1年目の役目も無事
終了して、2年目を迎えました。
9割近い参加者があり、お元気なお顔が一斉
に観えて有意義な総会でした。
訪問コメント有難うございました。
高知&梼原、大好きな街になってきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/34167459

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回ご近所カフェ・・・こんにゃく作りとさくら餅作り:

« 「ご近所カフェ」の準備 | トップページ | 「龍馬伝」十五話 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント