« 「月の恋人」ハンサムな女性 | トップページ | 「気分日記」の勧め »

「仕事への意欲減?」厚労省リサーチより

6月の初めの日は冷たい雨の一日だった

高知新聞、26面に興味深い記事が載っていた。

「夫は外で働き、妻は主婦業に専念すべき」と考える既婚女性の割合が増加したという。

年齢別では20代が47.9%と高く、就業形態別では専業主婦が55.3%、常勤は33.3%が一番低い。

数字だけみると、若い女性が「専業主婦」を望んでいるように見えるけれど、今の時代、不景気で女性が働く環境整備がされてないのが一因とも思える。

仕事で自己実現できるのは一部のエリート層。きつい仕事を続けてもよいことがなく、主婦になって子育てに専念したほうが楽だと考えるのは当然。

男性の就業形態も厳しくなっていて、女性を養える人が少なくなっており「主婦は高根の花」になりつつあり、結果的に今後も少子化が進むだろう・・・・と大学教授がコメントしていた。

高知の場合どうなのだろう。

女性の就業率も高く、離婚率も高いという統計があったけれど・・・・。

もしもの時、経済的に自立していたほうが安心とは思えるのは私だけだろうか?

2010529_007_small

2010529_008_small

↓ランキングに参加中ですcat

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

↑応援ありがとうございます↑

« 「月の恋人」ハンサムな女性 | トップページ | 「気分日記」の勧め »

コメント

専業主婦もれっきとした職業ですね。
金に換算すると相当な額になるようです。

このごろ離婚女性によく会う
高知の女性が話し合いもしないで考えないで離婚。後で内心後悔なさっている方にもよく出会います。「あなたにもう少し早く出会っていればおたがい離婚はしなかったと!
また男がひたすら我慢をしているカップルにもあうことがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/35001660

この記事へのトラックバック一覧です: 「仕事への意欲減?」厚労省リサーチより:

« 「月の恋人」ハンサムな女性 | トップページ | 「気分日記」の勧め »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント