« 「まるごと高知」・FM高知より | トップページ | さかいゆう・19日高知ライブ »

「龍馬伝」に込めた想い

「龍馬伝」の脚本家、福田靖さんが安芸市の夏期大学で講演したことが今日の高知新聞23面に出ていた。

ドラマは「龍馬伝」のみ毎週楽しみに観ている。

今回の平成の龍馬を書くには弥太郎からの目線が必要だったこと。

節目、節目に龍馬と弥太郎を会わせる。

どう書いていいか方向性を失いそうなときは弥太郎という原点に戻れば答えがみつかる。

寺田屋事件以後、弥太郎は覚醒する。何のために金を稼ぐのか。人生で次のステージに行くことになる。

長崎の海援隊では龍馬にヒーヒー言わされるが、龍馬の最期にまで弥太郎に立ち会わせたい。

とあった。

今回の龍馬伝の魅力は英雄としてではなく「日本を変えたい」という純粋な思いで幕末を生きた青年龍馬を描いていて面白い。

ドラマの中では「あれっ」と思うことがしばしばある。

それでも、なぜか引き込まれながら観ている。

001_640x480

↓ランキングに参加中です↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

↑ポチしていただくと励みになります↑

« 「まるごと高知」・FM高知より | トップページ | さかいゆう・19日高知ライブ »

コメント

私も龍馬伝見ておりますが、ドラマ的脚色が多すぎて、私的にはちょっと…
個人的に福山雅治さんが好きなので、福山さんを見たくて龍馬伝を見ているという感じです。
明日も見ましょうね♪

p.s
以前もお願いしたのですが、私のブログのコメントに私の本名を掲載するのはやめてください。
よろしくお願いします。
今回のyumeさんのコメントは削除させていただきました。

日本を変えたい人・・・出てきませんね。

なぜか龍馬伝ゲゲげの女房を見ない?
もっとも1日にテレビは2時間しかつけないから

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/36525892

この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」に込めた想い:

« 「まるごと高知」・FM高知より | トップページ | さかいゆう・19日高知ライブ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント