« 影野トンネル貫通 | トップページ | イベントの準備 »

新規就農 最多

昨年6月から1年間で、高知県内で新たに就農した人が過去最多の197人だったという。

前年度比22%増と全国の倍。就農者の平均年齢は36歳。両親の跡を継ぐ人が6割。

不況などの影響で離職者や田舎暮らしへの関心の高まりが背景にある。

新規就農者が最多になった要因は雇用情勢の悪化を挙げる。

「不況になると農業を選ぶ人が増える。自営的に始められるほか、農業法人の雇用がある。高知は農業県なので都市部から帰って農業をしやすい地盤がある」

と県農業公社の担当者が語っている。

若年層の就農は喜ばしいことだが、反面主業農家は1000戸減っているという厳しい現実もある。

我が家も兼業農家である。

若年就農者が農業1本で食べていけるような施策が早急に必要だと思う。

007_640x480

↓ランキングに参加中です↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

↑ポチしていただくと励みになります↑

« 影野トンネル貫通 | トップページ | イベントの準備 »

コメント

農家自身が跡継ぎを考えるということのメリット

自分で価格が決められない一次産業、厳しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/36640797

この記事へのトラックバック一覧です: 新規就農 最多:

« 影野トンネル貫通 | トップページ | イベントの準備 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ