« 「目指せ!弥太郎商人塾」を受講 | トップページ | 庭の花 »

母子保健研修会に参加

今日は初霜がおりていた。

久しぶりにJRに乗って高知市の研修会に参加。

「健やかな子育てのための親育ちの支援」という研修テーマで午前中は大学の先生の講演。

午後からは県内各地で活動している団体の代表がシンポジストとなって発表があった。

中でも印象的だったのは安芸市で活動している「ピッコロ」というグループの代表・Fさんの活動報告だった。

Fさんは、まだ20代後半の二人の子供を育てている若いお母さん。

活動のきっかけは生まれ育った佐川町から安芸市に移住した時、環境の変化と友人のいない孤独感から子供との関係性も上手くいかなくなり、育児中の母親が集える向き合う場所を作ろうと市役所に問い合わせ、市の協力もありコミュニティセンターでのグループ活動を発足させた。

活動内容は、絵本の読み聞かせ、手遊び、ふれあい遊び、座談会、ランチタイム、月に1度のイベント開催のほか、いきいき百歳体操の取り組み、TUTAYA安芸での出張読み聞かせ、ハンドメイド商品出品、月刊ピッコロ通信の発行、メールでの情報発信、菜食料理教室、みんなのノートの設置

など幅広い。

「出会い」「出愛」であるというFさんの熱い想い。

行政主体ではない、同じ目線で子育てを楽しむというところが、とても感動的だった。

006_640x480

« 「目指せ!弥太郎商人塾」を受講 | トップページ | 庭の花 »

コメント

安芸市は3歳までが保育園4歳5歳が幼稚園だったと思います。市に保健師もいます。母子保健にはよいところと意識の中にありますが?し

子育て、少子化、子ども手当、肝心なところがどうも曖昧なままで国民の合意が得られてないですね。
今なんで少子化対策か?
文明国家の向かう道だと思うんです。少子か高齢化。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/38033010

この記事へのトラックバック一覧です: 母子保健研修会に参加:

« 「目指せ!弥太郎商人塾」を受講 | トップページ | 庭の花 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ