« 花へんろマラソン中止 | トップページ | 善意の輪 »

老いの才覚

今日のようにお天気がよいと戸外で何かしら体を動かしている。

風邪気味で、のどが痛く口内炎もできていて少し体調が不調。

日中に本を読むことは余りないけれど買っていた本、曽野綾子著「老いの才覚」を読んだ。

ページ数が少ない単行本なのにベストセラーになっている。

・なぜ老人は才覚を失ってしまったのか

・老いの基本は「自立」と「自律」

・人間は死ぬまで働かなくてはいけない

・晩年になったら夫婦や親子との付き合い方もかえる

・一文無しになってもお金に困らない生き方

・孤独と付き合い、人生をおもしろがるコツ

・老い、病気、死と慣れ親しむ

・神様の視点を持てば、人生と世界が理解できる

の8章からなる。

辛口のメッセージだが自分自身頷ける項目も多かった。

「自律」と「自立」の関係性と人間は死ぬまで働かなくてはいけないの項目はクリアーしていると思う・・・・・

まだまだ「老いの才覚」を学ぶ必要がありそうだ。

005_640x480

庭のクリスマスローズ

              

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

いつもポチありがとうございます(^-^)

« 花へんろマラソン中止 | トップページ | 善意の輪 »

コメント

何もできない自分がもどかしい。

富士宮市の地震怖いです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/39241522

この記事へのトラックバック一覧です: 老いの才覚:

« 花へんろマラソン中止 | トップページ | 善意の輪 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ