« 秋の四万十川流域 | トップページ | 四万十を遡って »

無・・・の意味

001_640x480

般若心経には、無と言う言葉が沢山ある。

昔、四国八十八カ所を数年かかって巡ったことがある。

リズム感がよいので、繰り返していたら、いつの間にか覚えていた。

死後は無になる・・・・自分なりにそう解釈した。

今考えると、もう少し深い部分で無常感や哲学的な感覚にも受け止められる。

005_480x640

TVのニュースで東京のある場所で規定値以上の放射線が測定されたという。

世の中全体が見えない放射能の脅威にピリピリしている。

無味無臭、だからこそ怖い。

がん細胞にしてもしかり。初めは本人にもわからない。

早期発見が必須条件だ。

これも痛さが無い。

無の心を持つことは、自分自身の永遠の課題なのだが、見えない恐怖に怯えたくはない。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

« 秋の四万十川流域 | トップページ | 四万十を遡って »

コメント

カモミールさん、そうですね・・・。
放射線の脅威に日本中が敏感になっています。
私自身というより、これからの将来を担う子供たちへの影響を考えると、早急に国の安全基準を設けていた代替と思います。

kiwattiさん、無は茶道の世界にも通じています。
多分禅の思想からきていると思われます。

どんな時も動じない人には中々なれませんが、近づきたいと思っています。

michixxxさん、こちらこそいつもコメントありがとうございます。
今はバタバタしていますが私もいつか写経してみたいと思っています。

放射線量の問題も早急に解決してもらいたいですね・・・。

こまっちゃんさん、死後の世界はあるといいですね^^

mitikoさん、書の上手い下手はわかりませんが、その人の心が伝わる書が好きです。

ぎょっ、今日のタイトルに一瞬腰を引き掛けました。coldsweats01 ゴメンナサ~イ。
般若心経、味があるお経ですね。
いつか、気分を落ち着け、写経を行ってみたいです。
 無の境地に至るには煩悩が多過ぎて…。
でも雑念を払い、心を研ぎ澄ませて、ものに動じないようになれたら良いな、と思います。

こんばんは。

放射能は汚染されていても
分からないですから心配ですね。
見えなくても案外
日本全体に影響しているかも
知れないですよね。
今より将来はもっと出てくるでしょうね。
国の方で定期的に全県を
きちんと測定して頂きたいですね。


おはようございます。

般若心経それ自体深い意味を理解していないけど、以前書店で写経するために買ってきたのは良いのですが、今では何処にしまったのやら・・・。

無の境地を悟りたいと思ったものの・・・。

今、確かに放射能の恐怖が騒がれています。
早く原因の究明と対策を立ててもらいたいよね。

いつもありがとう。

私は死後はあちらの世界があると思います^^

虚無という時が好きだった書道家がなくなってその書は妹さんにさしあげました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/42782027

この記事へのトラックバック一覧です: 無・・・の意味:

« 秋の四万十川流域 | トップページ | 四万十を遡って »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ