« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

芽吹き

裏庭に出てみると、サクランボが芽吹き始めているのを発見。

003_640x480


高知県東部の町から「ひなまつり」のお誘いも届いた。

冬まっただ中ではあるけれど、春はそこまでやってきている。

 

 

いつも訪問して下さる皆様ありがとうございます。

3日ほどブログをお休みします。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

2012・ソーレまつり出展

久しぶりにポカポカ陽気の今日、高知市に活動拠点を置いている「男女参画センター・ソーレ」のまつりに参加していた。

毎年、この時季に開かれているもので、私たちのグループも5回目の出展だった。

昨年まではメンバーの活動発表の場であったが、今回は其々の地域での取り組みの展示と新聞エコバックの作り方体験教室を実践。
新聞バック作りは盛況で30人くらいの参加があった。

003_640x480

005_640x480

006_640x480_2

009_640x480

参加者には手作りカリントウのお土産つき。

準備に手間はかかるけれど、ブースに訪れる人たちに喜んでいただけるのが嬉しい。

毎年販売している廃油石けんを待って下さっているファンの方もいて沢山買っていただく。


こんな楽しい触れ合いがあるので片道2時間半の距離も大変だと思えない。

私のコーナーは忙しくて写真が写せなかったのが残念coldsweats02

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

手間をかけ、楽しむ暮らし

今週は、楽しみに見ていた「朝ドラ・カーネーション」も早朝、学校に行っていたのでほとんど見ていない。

録画するほどの情熱もないけれど、ストーリー展開が気にはなる。

多分、戦中、戦後の時代を運命に翻弄されることなく自分の力で前むきに生きていく女性の姿に惹かれるのかもしれない。

001_640x480

008_640x480

「ALWAYZ三丁目の夕日’64」など、昭和の時代を反映する映画も多い。

物は溢れていて欲しいものはお金を出せばすぐ手に入る現代。

政治も経済も、ここのところ不安になることばかり。

物はなくても心が豊かで助け合って暮らす、揺るぎない繋がりがあった「時代」への懐古なのではと・・・。

現代の便利さに慣れた自分にはあの時代には帰れないけれど、せめて「手間をかけ楽しむ」暮らしを楽しもうと思っている。

004_640x480

庭に椿が咲いていた。

この花は例年より少し遅めの開花だった。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

春の足音

今週は、市内の小中学校に行く機会が多かった。

風は冷たくても、久しぶりの青空が嬉しい。

心なしか日が長くなり夕方が明るくなった。

002_640x480

001_640x480

夕方、帰宅途中の道路わきに「菜の花」が咲いていた。

寒くても黄色の花を見ると、元気になれるから不思議だ。

千切り大根も、天日に数日干したら出来上がり、2回目挑戦した干し柿も後2日ほどで仕上がる。

出来上がったら冬野菜や加工品、文旦などの「ふるさと小包」を待ってくれている人たちに送ろうと思う。

          

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

宿毛のミニ歴史探訪

宿毛小学校への読み聞かせに今日も朝早く出かけた。

少しだけ道路がアイスバーンになっていて緊張した。

ところが30分早く着きすぎたので小学校周辺を散策する。

002_640x480

001_640x480

♪人恋は悲しきものぞ、ならやまに・・・・♪の平城山(ならやま)で有名な北見志保子の生家跡は校舎の裏手にある。

大原富枝の「婉という女」のモデルになった「野中兼山一族幽閉の地」の碑が校庭の片隅にひっそりと佇んていた。

006_640x480

萩などは武家屋敷、明倫館など観光地として有名だ。

宿毛の場合、欲がなくおおらかな気質なのだろうか。

004_640x480


この土地には、偉人たちが多く輩出されているが、生家など現存しているものがない。

少し残念な気がする。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

「無買週間」でストック減

雪の舞う1日。

ここのところ底冷えする日が続く。

暖かい土地に暮らしている私たちは「雪国」の生活を知らない。

雪が積もるだけで、いつもの生活に支障をきたす。

何気なく暮らしていることに感謝しなければと思う。

002_640x480

003_640x480

005_640x480

高知新聞14面「スッキリ片付く暮らし」というエッセイの連載が面白い。

暮らしをスッキリさせる方法として「無買週間」に挑戦することを勧めている。

物を買わずに数日~1週間を過ごすというもの。

家にあったストック品がみるみる減って物が少なくなった上、暮らしの知恵が身に付く。

お金は減らないのに、暮らしは豊かになる。

実際、「無買週間」に挑戦した人の多くが「面白かった」「またやりたい」と言っているという。

わが家の場合、野菜や米、小麦粉などは作っているので買わないし、買い物は1週間に1度くらい。

安売りのチラシなどは見ないから買い過ぎでストックしているということはない。

献立は冷蔵庫や今ある野菜を利用している。

夫の友人に漁師さんがいて結構魚のストックもある。

なので、意図的に無買週間など必要ないかも・・・・と思いながら記事を読んだ。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

寒い朝

昨夜から風が強く寒いと思っていたら、雪の朝になったsnow

今日は小学校へ「読み聞かせ」に行く。

チラチラと降っていた雪は市街地に行くにつれ少なくなった。

始めて訪れる小学校は市内で一番大きな学校で、図書室での「読み聞かせ」だった。

そんな学校でも学級が2~3クラスしかないのは、やはり少子化の影響か。

今週は金曜日まで学校訪問がある。

雪道走行は苦手なので、どうか明日の朝は道路が凍結していませんように・・・・。

001_640x480


今日の新聞のトップに、「50歳未婚」高知県高率という見出しが・・・。

男性全国4番目、女性6番目で特に男性は山間部を中心に生涯未婚率が高くなっているといるということだ。

そんなことも、少子化の大きな原因ではないかと思いながら新聞を読んだ。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

スローフード・ひがしやま

002_640x480


ぐずぐずしていたお天気も今日は快晴少し風が強い。

洗濯物がすっきり乾くのが嬉しい。

洗っていた大根をスライスし、ようやく“干し大根”づくりをした。

今日の高知新聞20面に大月町産「ひがしやま」の売れ行きが好調だと言う記事が載っていた。

「ひがしやま」というと同じ大月町、竜ガ迫産が有名。

が、やはり高知県内での需要が多い。

今回、大手企業の介入で都市圏で販売するというニュースだ。

「ひがしやま」はサツマイモ(ベニハヤト)を煮て冬の天日に繰り返し干す作業をして出来上がる干し芋菓子。

機械を使わず、すべて手作り。

手間をかけて作る・・・そんなスローフードの「ひがしやま」が都市で人気が出てきているという。

久しぶりに嬉しいニュースに気持ちが明るくなった。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

13回忌

父の13回忌に実家に行っていた。

13年経つのは本当に早いし何より母が元気でいてくれることがありがたい。

普段お互いが忙しく、余り会う機会もない姉弟ではあるけれど、健康で父の法要に集える幸せを感じた1日だった。

故郷は遠くにありて思うもの・・・・私の場合1時間少しで行ける距離。

最近、実家に余り行けてないが行くたびに母が小さくなっていく。

帰るときは、いつまでも手を振って見送ってくれる。

そんな母のいる故郷に、今年はもう少し多く行きたいと思っている。

7

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

ほっしゃん

朝ドラ・カーネーションが面白い。

今、ドラマの時代背景は女性がファッションに目覚めはじめた戦後復興の時期。

主人公糸子の婦人服の店は大繁盛。

そんな中、繊維組合長から新しい事業の手伝いを頼まれる。

それは婦人服をオーダーではなく大量生産する既製服の工場。

“ほっしゃん”扮する事業主、長崎出身の工場長との絡みが気になるところだ。

TV、特にバラエティーはほとんど見ないけれど何気なく見ていた番組の中で“ほっしゃん”の存在を知った。

愛きょうのある顔とそのトークが面白く、以来彼のファンである。

その彼が朝ドラの他に、TVCMにも出ている。

最近“小雪さん”から“菅野美穂さん”に変わっているウィスキーのCM。

お客さん役で出ているのを発見happy01


Images_2

その憎めない顔を見るのが楽しみの一つだ。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

理想の郷・大宮

今日の高知新聞朝刊・27面に四万十市西土佐の「大宮産業」のことが出ていた。

大宮は西土佐から、車で30分ほど入った小さな山間の集落。

5年ほど前、唯一地域にあったJAの店舗が廃止された後、事業を引き継ぐ形で住民が株主となり設立。

利用者アンケートの結果、商店も給油所も90%以上の利用率だという。

この5年間、黒字で経緯したことはすごいことだと思う。

以前、TVで高知在住の漫画家「くさか里樹」さんが、その大宮を視察していた。

大宮にあるグループホーム「いちいの郷」で若き経営者が利用者さんに寄り添うように活動している様子などが紹介されていた。

「とさ金」で取材した畠中智子さんは

そこで暮らしている人たちが自分たちの地域のことを本気で考え、自分たちの地域は自分たちで守るという自負、人任せにしないという誇りを持って生きているからなんじゃないでしょうか?

自分たちの暮らす地域にまずは自分たちが関心を持つ、そこから始めなければ、何も変わらない…そんな当たり前のようだけど、すごく大切なことを大宮地区のみなさんが教えてくれたような気がします。

住民はみな株主、小さな店の大きな奇跡。
またひとつ、高知で誇りに思えることが増えました。

・・・・と結んでいた。

自分たちの暮らす地域にまずは自分たちが関心を持つ・・・まさにその通りだと思う。

大宮地区は理想の郷。

昨年は道が細いので途中で断念した。

今年はメンバーたちと訪れたいと思っている。

002_640x480

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

スカイツリー

高知市にいる娘婿が出張で東京に行っている。

ケータイに送られてきた画像が、な・な~んと「スカイツリー」

120118_154714

私たちが高知の観光名所に行かないように、多分東京の人は「スカイツリー」には、わざわざ行かないと思う。

数年前、何年か振りに行った東京・・・渋谷は人が多すぎて疲れたが夜の東京タワーには感激した。

江國香織、リリー・フランキーの「東京タワー」を読んだ。

「東京タワー」が主人公の心象風景になっていて心打たれた。

もし自分が東京タワーの見える場所に住んでいたら、楽しい時も悲しい時もきっとタワーにむかって、こころの内側を呟いていただろうな・・・と妄想する。

東京の新名所「スカイツリー」、新たなドラマが生まれると思うだけでワクワクする。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

逞しく・庭の花

毎年行っている冬の手仕事の一つ“干し大根”を作るため畑の大根を抜き、洗う作業をした。

明日、大根をスライスする予定。

暖かい日は外の作業も気持ちがよい。

久しぶりの農作業は運動不足解消にもなるし何より爽やかな気分。

明日の天気が気になるところだ。

夕方庭を見ると冬の花たちが逞しく咲いている。

002_640x480

008_640x480

009_640x480

011_640x480

004_640x480

006_640x480

花たちに元気をもらって明日も楽しく頑張ろうhappy01

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

冬の祈り

暖かくおだやかな1日。

昨日から3学期のボランティア活動がはじまっている。

活動を通して子供たちから、またパワーをもらう。

今日は「阪神・淡路大震災」から17年目を迎える日。

今年は昨年の3・11東日本大震災で犠牲になった人々も含め祈りの日となった。

震災は、いつ、どこで発生してもおかしくない。

いつも心して過ごそうという確認の日かも知れない。

そして私の誕生日でもある。

誕生日は周りの人に「ありがとう」を伝える日。

今まで、元気に過ごせたことへの感謝の日でもある。

子供たちからもプレゼントが届く。

002_640x480


本当にありがたい。

明日からも、元気で前向きに過ごしていきたいと思っている。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

ワーキングメモリ

最近、家族を送り出した後、NHK朝ドラ「カーネーション」を見ている。

前回の「おひさま」も安曇野を舞台に戦中、戦後の物のない時代を近所の人や家族が助け合っていきたというドラマだった。

今回のドラマも同じ時代背景だけれど、女性が逆境にもめず、明るくたくましく生きていくドラマ。

モデルはデザイナーのコシノ姉妹のお母さんだということで職業を持った女性の生き方が面白い。

Roubai41

Roubai2

今日は、久しぶりの雨の朝。その後の「あさいち」を見ていた。

「ワーキングメモリ」・・・記憶の働きが低下すると物忘れが起こってくる。

40代から衰えてくるという。

私もバタバタしていると、今何をするために部屋に帰ってきたのかを忘れている時などもある。

ワーキングメモリが鍛えられると専門家が注目しているのが“料理”と“スロージョギング”だというのが、とても興味深かった。

私の場合、絶対忘れてはいけないのはスケジュール管理。

手帳とカレンダーとメモ帳に書いている。

3つを併用しないと不安になる。

文字を書くことも「認知症予防」にいいのかもしれないと続けていることの一つだ。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

麦の芽生え

すっきりしない日曜日。

久しぶりに夕方散歩をする。

いつも見慣れた景色も冬枯れている。

003_640x480


それでも木々は芽吹いていて春はもうすぐそこまでやってきている。

晩秋に蒔いた小麦が青々としてきた。

002_640x480


安曇野の「ユメアサヒ」という品種。

土佐の地に生えてくれるかどうか心配したけれど、少々不揃いではあるがちゃんと生えてくれた。

お天気になれば麦の世話もしなければ・・・・。

楽しい農作業が待っている。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

寒ブリの贈り物

もう何日も雨が降らない乾燥した天気が続く。

カラッとした天気ではないのでお布団などは干せない。

暖かいと畑に出て大根を引き“干し大根”作りも待っているが寒いので何だかイマイチやる気がしない。

・・・と思っていた矢先、夫の友人から寒ブリの贈り物があった。

8kgほどの大物fish

001_640x480

002_640x480_2

寒ブリを切り身にし、食べやすいように保存パックに入れ冷凍した。

勿論、刺身にも・・・・。

大根のアラ煮も食卓にrestaurant

新鮮で美味しい食事ができることに幸せを感じる冬の夜です。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

宋メール:年初の「平凡な日常」

amazonやyahooで買い物をすると後で必ずメルマガなどが届く。

ほとんどは配信停止の処置をしているが、1ヶ月に1度、宋文洲さんのメルマガが配信されていて、それがとても面白い。

タイトルのエッセイは宋社長が飛行機でのハプニングと家庭でも同じことが起こったことを、綴られていた。

飛行機ではお隣の席にいた人にコーヒーをこぼしてしまったこと。

ご家庭では、8歳のお嬢さんが間違えて足湯の機械を倒し派手にお湯が床にこぼれてしまった。

大量のお湯の処置をしている中、呆然としている娘を叱った。

「自分の責任なのだから早く始末しなさい」と・・・。

「私の責任だから全部やります」と言った彼女はベットの下にも入り最後までやり遂げた。

8歳の娘さんに尊敬の念をもった。

「パパわざとじゃないから許してね」と言った言葉に「娘に厳しすぎたのではないか」との反省の念に駆られ、そしてまた「自分はちゃんと責任をとっているだろうか」「ちゃんと行動をしているだろうか」を自問した。

・・・という内容だった。

ソフトブレーン創業者である宋さんの繊細でやさしい目線が感じられた。

033_640x480

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

甘くはない

今日の高知新聞、25面のコラム「土佐あちこち」が目にとまった。

農業振興セミナーを一緒に受講した、香美市物部町のグループが開発した「ゆずジャム」のことだった。

塩で引き出した甘みが、口いっぱいに広がる無農薬ユズのマーマレード。香美市物部町の高齢者グループが開発した地場産品が、15日まだ東京ドームで開かれる「ふるさと祭り東京」で全国の産品とともに売られている。

1日数万人が訪れる巨大イベント。2人の女性メンバーはてんてこ舞い、山の恵みは飛ぶようにーなんて甘く考えていたが、実際はご当地グルメなどに押されて苦戦中らしい。

柚子マーマレードの“全国デビュー”は甘酸っぱいものになりそうだが、2人は「めったにない機会。とにかく楽しんでPRを」とのどをからしている。

Bcf46ad60ce44060c7d7fb6003b5b163


C03b7185a8b60c5122ef7516a606d8fb

ーーーーー中略ーーーーー

高齢者たちを突き動かすのは「とにかく田舎を元気にしたい」の一念。だが、須崎市の「鍋焼きラーメン」などB級グルメとは違い、マーマレード目当てに、わざわざ物部地域に足を運ぶ人は多くないのでは。

平家伝説を巡るツアーなどと連携し、物部そのものを売り出す仕掛けがもっと必要ではないか。若い世代も加わり、知恵をだしていかなければ、「甘い未来」は来ないだろう。

・・・とかなり辛口な記事。

私自身の思いとダブっていて、少し重い気持になる。

事を起こすことの難しさは、肌で感じている。

批判はたやすいことだけれど、これしきで高齢者のパワーを侮ることなかれ。

長く生きてきた分、批判や挫折には負けない強さがある。

これから、これからと彼らにエールを送りたい。

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

室戸・白壁の町並み

ドルフィンセンターから道の駅「キラメッセ」で昼食をすませ帰路についた。

吉良川地区は前から興味があったので立ち寄った。

120109_133908

国道から入った街並みは強い風雨から壁面を守る土佐漆喰の美しい白壁の家が多く残っている。

歩いていたら「炭火焼コーヒーの店・蔵空間」の看板に惹かれ入ってみた。

蔵を改造した喫茶店。

048_640x480

この住居の主は10年前、早期退職し都会からUターンしたという。

047_640x480


家の外観とぴったりな庭の佇まいも素敵だった。

300坪あるお屋敷の管理は大変だろうなと思ってお聞きすると「保存するだけではなく活用することだ」・・・・との言葉が心に残った。

明治の面影を残している民家は、お遍路さんへの宿泊所としても開放しているという。

建築関係のお仕事をされていたということで庭も全部ご自分でデザインしたということだった。

奥さまは色白の新潟美人。

彼女が喫茶店を、夫さんが「備長炭」を焼き販売されていた。

フラッと入った古民家喫茶で楽しいひと時を過ごした。

046_640x480

昨年の農業振興セミナーでご一緒した芸西村の直販所「かっぱ市」、夜須道の駅「やすらぎ市」に立ち寄る。

どちらの直販所もメンバーさんとはお会いできなかったけれど、売り切れだった「かっぱ市」の生花ブルースターをお土産にいただき、「やすらぎ市」では「蝋梅」と「エメラルドメロンケーキ」を買った。

004_640x480

050_640x480

003_640x480

東部は西部と違い、道がなだらかで運転していると単調になりやすく、娘と交代しながらの長距離ドライブは少々疲れたものの楽しい旅だった。

  

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

室戸のときめきスポット

晴天に恵まれ室戸まで快適な車の旅だった。

マイナスイオンいっぱいの参道を通り24番札所「最御崎寺」に参拝する。

境内は静かで、年輪を重ねた伽藍も趣があった。

017_640x480

018_640x480

黄色の花が可憐に咲いていて、ボランティアの人にお聞きすると「キバナアマ」で原産地はインドだということだった。

019_640x480

020_640x480

牧野富太郎博士が発見した「ヤッコソウ」と言う名前の小さな苔のような花もひっそりと木陰に咲いていた。

022_640x480

023_640x480_2

お寺を降りて岬へいく。

030_640x480

024_640x480

足摺とはまた一味違う黒潮洗う荒々しさだった。026_640x480

032_640x480_2

奇岩も多くジオパーク認定以降、案内板もバッチリ!!ボランティアさんも常駐しているという。
散策を終えると汗ばむほどの陽気。

岬から車で5分程の港にある「室戸ドルフィンセンター」にいく。

042_640x480

2頭のイルカと触れあえ楽しいひと時を過ごす。

イルカの感触はゴムのように固くツルツルしていた。

043_640x480


いきあたりばったりの旅は結構面白かった。

(明日に続きます)


プチ旅・高知市~室戸へ

昨日はお茶の初釜に出席するため、高知市へ行っていた。

012_640x480


久しぶりに仲間とAM6:25分発のJRに乗る。

着物を着るため4時30分起床の昨日は1日中頭が重かった。

高知市で1泊し、今日は娘と室戸まで旅をした。

室戸は我が家からは片道5時間かかる。

同じ高知県でも西の端に住む私たちは東の室戸には、余り訪れることもない。

室戸は昨年世界ジオパークに認定された。

高知市から東側、興味のある場所を余り計画しないブラっと旅が楽しかった。

午後9時ようやく帰宅した。

冴えわたる冬空に満月が美しい夜。

プチ旅のことは、また明日からの掲載とします。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

七草の日

七草がゆを毎年作り食している。

我が家の場合、畑で採ってきた野菜を7種類入れた粥なので本当の七草ではない。

ネットで調べてみたら、せり、すずな、すずしろだけが当てはまっている。

Seri001

1.芹(せり)-------川辺・湿地に生える。

Nazuna2

2.薺(なずな)------ペンペン草。

Hahako2             
3.御形(ごぎょう)----母子草。

Hakobe3

4.繁縷(はこべら)----小さい白い花。「はこべ」。 

Tabira1
5.仏の座(ほとけのざ)--正しくは田平子(たびらこ)。

Suzuna


6.菘(すずな)------蕪(かぶ)。 

Suzusi2

7.蘿蔔(すずしろ)----大根。                     

今日の高知新聞「高知県こども詩集・やまもも」より

わが家の七草がゆ 

1月7日、七草がゆの日 うちでも七草がゆを炊く 堀内家風七草粥は 小松菜とかほうれんそうとか 畑で採ってきたばかりの野菜を いっぱい入れて炊く

せりもなずなも入ってないけど わたしはこの 土とか太陽とか朝の霜とか 春がいっぱいにおうおかゆの方が好きや

なんぼおいしい味付けしても スーパーのパックに入った七草で炊いたって できたとき春がにおわんかったら味けないと思う 

うちの七草がゆは わたしの家に 春と七草たちのいのちのにおいを運んできてくれる  (高知県立盲学校中学部2年 堀内佳美)

もうひとつ「七草の日」に想い出す百人一首

君がため 春の野にいで若菜摘む、わが衣手に雪は降りつつ

多分、男性が女性のために若菜を摘んでいるのだろう。

目の前に浮かぶ美しい情景が浮かび、好きな短歌である。

           

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

文旦の収穫

年明けに庭にある文旦を収穫した。


005_480x640_3

005_480x640_22本の木からコンテナに6箱あったので、まずまずだった。


003_640x480

少々器量は悪いけれど消毒をしていないので安心して食べられる。

1ヶ月ほど保存したら甘みが増し美味しくなる。

温州ミカンとはまた一味違うさっぱりした上品な味。

文旦を食べる頃は春が近くなる。

また「ふるさと小包」を送ろう。

006_640x480

「まつりの後」は布団の片づけが1日の大半を占める。

お天気がよかったので毛布やシーツを洗い布団を干す。

明日もやり残した仕事が待っている。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

四万十市・駅のアンテナショップ

「アンパンマン列車」に乗りたいという孫たちと娘を中村駅まで送って行った。

別れるのは悲しいけれどゴールデンウィークの帰省を楽しみに待とう。

昨秋、土佐FBCでご一緒したIさんが理事をされているという「アンテナショップ・LIGRI」が駅の構内にあると言うことを聞いていたので行ってみた。

120105_150820


駅正面から東に、そのお店があった。

120105_150456


幡多(四万十市、三原村、黒潮町、土佐清水市、大月町)の加工品が置かれていた。

120105_150504


若い人や旅行者に受け入れられやすい、お洒落なデザインが素敵だった。

120105_150527


農業創造セミナー参加グループが加工した「ゆず甘酢」も製品として店頭に並んでいてビックリ!

ネットワークの輪は広がっていることを実感した年の初めだった。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

2012年のお正月

あけましておめでとうございます

少し遅めの挨拶となりました。

皆様も、それぞれのお正月をお迎えのことと思います。

017_640x480


年末から大家族になり、このお正月は食事づくりや洗濯に明け暮れました。

もう数年前から紅白歌合戦など見ていない状態が続いています。

022_640x480


昨日に1家族を送り、残っているのは高知市に住む娘と子供2人、明日には元の生活に戻ります。

仕事始めの今日は雪が舞う生憎の天気となりましたが、お正月3が日は比較的穏やかな暖かい日でした。

026_640x480


いつものように大家族で迎えるお正月。

030_640x480


慌ただしくはあっても、全員が元気で揃うことの幸せを感じています。

しあわせとは「感じるもの」・・・・「幸せ」の中に住んでいると、そんなささやかなことも見過ごしてしまいがちです。

019_640x480


024_640x480

NHK朝ドラ「カーネーション」の後番組「あさイチ」の中で、ゲストの森公美子さんが年の初めに色々なことを思いつくまま「夢ノート」に書いていることを話していました。

夢は無限大。

楽しい1年の始まりです♪

私は、さしずめブログで夢への実現を書きつづりたいと思っています。

今年もよろしくお願いします。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ