« 室戸のときめきスポット | トップページ | 甘くはない »

室戸・白壁の町並み

ドルフィンセンターから道の駅「キラメッセ」で昼食をすませ帰路についた。

吉良川地区は前から興味があったので立ち寄った。

120109_133908

国道から入った街並みは強い風雨から壁面を守る土佐漆喰の美しい白壁の家が多く残っている。

歩いていたら「炭火焼コーヒーの店・蔵空間」の看板に惹かれ入ってみた。

蔵を改造した喫茶店。

048_640x480

この住居の主は10年前、早期退職し都会からUターンしたという。

047_640x480


家の外観とぴったりな庭の佇まいも素敵だった。

300坪あるお屋敷の管理は大変だろうなと思ってお聞きすると「保存するだけではなく活用することだ」・・・・との言葉が心に残った。

明治の面影を残している民家は、お遍路さんへの宿泊所としても開放しているという。

建築関係のお仕事をされていたということで庭も全部ご自分でデザインしたということだった。

奥さまは色白の新潟美人。

彼女が喫茶店を、夫さんが「備長炭」を焼き販売されていた。

フラッと入った古民家喫茶で楽しいひと時を過ごした。

046_640x480

昨年の農業振興セミナーでご一緒した芸西村の直販所「かっぱ市」、夜須道の駅「やすらぎ市」に立ち寄る。

どちらの直販所もメンバーさんとはお会いできなかったけれど、売り切れだった「かっぱ市」の生花ブルースターをお土産にいただき、「やすらぎ市」では「蝋梅」と「エメラルドメロンケーキ」を買った。

004_640x480

050_640x480

003_640x480

東部は西部と違い、道がなだらかで運転していると単調になりやすく、娘と交代しながらの長距離ドライブは少々疲れたものの楽しい旅だった。

  

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

« 室戸のときめきスポット | トップページ | 甘くはない »

コメント

>mitikoさん、こんばんは
 いつもありがとうございます。
  吉良川の諸事情はわかりませんが、文化財を保存する  のは大変だと思いました。

>michixxxさん、こんばんは
 いつもありがとうございます。
 ゆったりと時が流れる素敵なところでした。
 伝統を守るだけでなく開放しているところが心打たれま した。
 ブルースターは高知県の花き栽培農家が開発した花で  す。評判の花で午後からは売り切れになるそうです。

>toriさん、コメありがとう^^
 高知は東西に長いので結構端から端まで行くのは時間がかかります。
 本当によいドライブ旅行になります。

 イルカ可愛かったですよ^^

こんにちわ、yumeさん。

車で旅に出られてたんですね^^
土佐内でもめったに行かれない場所へというのは
同じ県内でも新鮮なのでしょうね。

土佐の漆喰の美しい白壁
見てみたいです。
イルカにも触れたんですね!
いいな〜〜〜〜〜^^

おはようございます。
古民家の喫茶店・・趣がありますね。
こんなお店でのんびりとコーヒーでも飲みたいものです。
奥さまは新潟出身ですか。。。

ブルースターはきれいな色の花ですね。

有意義な旅行でしたね。

いつもありがとう。

吉良が困っているところはあの家を守るために専門職を生かしている方をお嫁にもらわねばならないのですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/43710359

この記事へのトラックバック一覧です: 室戸・白壁の町並み:

« 室戸のときめきスポット | トップページ | 甘くはない »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ