« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

韓国コスメ

今日はよいお天気sun

雨の日に押し入れの掃除をし始めると限りなく整理したくなり断捨離の精神で今日は環境センターにゴミを持って行った。

一人で大きな荷物を運んだので少し体が痛い。

お天気ならば明日も挑戦しようcoldsweats01

雨の日には気がつかなかったけれど、菜の花や梅が咲き春の訪れを感じる。

青空が気持ちよかった。

001_640x480

娘が2泊3日で韓国へ職場旅行に行っていた。

お土産は「韓国コスメ」

友人も使っていて中々評判がよい。

BBクリームは以前から使っていて問題ないが、開けてみると上品な香りでボトルの形もお洒落。

これだけで、5000円位という。

1個が800円くらい・・・・安くて使った感じがよかったら愛用したい。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

春色のエプロン

2月も終わりになって、よく雨が降る。

今日も雨rain

断捨離とまではいかなくても、季節の変わり目は押し入れの中を整理したりする。

今回は布を発見!!

ずいぶん前、ソーイングをよくしていた時、買ったまま忘れていたものだ。

春色の生地だったので、エプロンを縫おうと思い立った。

大好きな音楽を聞きながら半日で出来上がったhappy01

残り布で三角巾も縫った。

001_480x640


雨の日も又楽しい。

春になったら、このエプロンでお料理をしようnotes

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

パスポート

今年7月でパスポートを更新する。

10年は、あっという間だ。

001_640x480


ブログをしていると、写真が多くなり、重くなったので整理していた。

10年前の写真が出てきた。

当然のことなのだけれど、パスポートの写真もしかりで、今と比べるとずいぶん若い。

「全然変わられませんね」とか「今の方が若くなった」・・・のお世辞を言われると、満更でもない。

昔から童顔だと言われてきたし、自分でもそう思っていた。

しかし・・・・やはり10年の年月に嘘はない。

あ~やっぱり・・・・・写真は歴然とその足跡を残している。

アンチエイジングの努力もしないし気がつけば、そこかしこに生きてきた歴史が残っている。

でも、まぁ・・・・意地悪な顔ではない事は確か。

それでも、お顔の手入れなどしようと思わないのは我ながら可笑しい。

004_640x480

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

日々是好日

2月最後の日曜日は寒かった。

春はもうすぐなのに中々やって来ない。

今日は、長い間お休みしていたお茶のお稽古に行っていた。

002_640x480


床の白椿が清楚でハッとするほど美しかった。

120226_144915


庭の花たちも春を待っている。

006_640x480


弥生3月ももうすぐ

春になるといいことがいっぱいあるような気がする。

日々是好日。

今はドラマ「早海さんと呼ばれる日」を観ている。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

巨大直売所が地域農業を変える

昨日は暖かかったのに、今日は少し肌寒く夕方から雨になった。

四万十市に行った帰り道、道路わきにある紅梅が三分咲きだった。

春はそこまで来ている。

001_640x480

005_640x480

007_640x480

昨夜、NHK「四国羅針盤」を観た。


今回の舞台は、全国有数の売り上げを誇る愛媛県今治市の巨大直売所「さいさいきて屋」

地産地消に徹底的にこだわり、野菜・魚・肉・加工品などのほとんどが今治産、客の8割が今治市民だという。

安心安全な食材を提供する一方、地元農家の所得向上にも力を入れている。

直売所の職員が出荷する野菜が少ない時でも、直接農家に出向く。

売れる野菜の仕組み作りや、データに基づく栽培指導も行う。

売れ残りを減らすため食堂やカフェを併設等々売れるための努力を怠らない。

私も何度か「さいさいきて屋」に出向いたことがある。

いつ行っても駐車場がいっぱいだった。

お客様目線を大切にしながら地元農家さんへの心配りと工夫が、集客を多くしている理由なのだと感心しながらTVを観た。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

自分らしく生きる

昨日の新聞のコラム「今日の言葉」は落合恵子さんのエッセイ「命の感受性」より・・・

解説として

小さな子供は人の目などを気にしない。したいことを自分勝手にしようとする。

しかし、ある年齢になると、人の目や評判を気にするようになるし、自分を飾るようにもなっていく。

それは、人間として、それだけ成長したということでもあろう。

しかし、年齢や社会的経験とともに、自分の中で、世間体などというものは二の次、三の次となることもある。

それは、自分が自分で自分らしく生きていこうとすると、“人の目”を超えた価値観が必要になることを実感したり体験したりするからだ

自らの中の老いと付き合うこともまた、新しい景色への、もうひとつの成長と言えるのではないだろうか

つまり、成長とは自分で納得できる“世界観”を生み出すことだとも言えるのだ。

008_640x480


・・・とあった。

そうだ!!・・・「自分らしく生きる」ことが向かいゆく老いに対して自然体で受け入れられるようになれる・・・・と思ったら気持ちが軽くなった。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

 

春雷

早朝、雷がなったthunder

朝起きると急に春がやってきたように暖かい。

昼から、お天気になったsun

  
002_640x480_4

005_640x480_3

昔、実家の祖父が「雷がなると季節が変わる」と言っていたことを思い出した。

子供のころ、お天気がよくても学校に行く時「午後から雨になるから傘を持って行くように」と彼がいうと必ず雨になった。

高台にある実家から南に見える山に雲があるときは必ず雨が降るというジンクスがあった。

朝ドラ「カーネーションの主人公のお父さん」のような祖父だった。

昭和のにおいのする登場人物が自分の幼いころの記憶とリンクしていて懐しい。

家にいるときは必ず見ている。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

 

アレ、アレ、アレ・・・・

昨日から高知に行っていた。

会議続きの2日間ではあったけれど昨夜は友人と会い「北海道の写真」を見ながらお茶をし、見たかった映画「ドラゴンタトゥーの女」も観た。

短い時間を有効に使い楽しんだ。

高知までは車で片道2時間半かかる。

ドライブの間は好きな音楽や英会話を聞いたりしている。

昨日はFMを聞いていた。

思わず噴き出してしまった歌は森山良子さんの「アレ、アレ、アレ」だった。

私たち世代の会話そのもの。

タンゴ調の曲も素敵だが、歌詞が面白い。

昨日の会話も「アレ誰だっけ?ホイットニーヒューストンのボディーガードで共演した男優さん」

ホラホラ「ダンスウィズウルブス」に出ていた渋い~~何だかタバコの名前のような・・・」

しばらくして友人・・・・「ケビンコスナ―?だった」

とこんな感じcoldsweats01

後から二人で大笑い・・・。

今は笑っていられるけど、そのうち笑えないときが来るから・・・・と二人して又笑った。

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

 

ネコのはなし

今日もポカポカよいお天気sun

このまま春が来てくれたら嬉しいのにhappy01

畑に出ると、雑草も延び始めた。

お天気が良い日に少しの時間でも、畑仕事をしようと前向きに考えられるから不思議clover

005_640x480_2

数日前から高知新聞に掲載されているコラム「ネコのはなし」が面白い。

今日で4回目、我が家の猫たちとダブるところが多々ありで毎回ニヤリと笑ってしまう。

今日の話にはホント、ホントと頷くことばかり。

筆者の家にも猫が2匹いる。

それぞれ個性的だが、オス猫は奥さんになついていてトイレまで入る。

究極は、寝るときシッポ以外60cm、長い手足の巨体を奥さんの頸動脈まで伸ばして寝る。

こんやも「重い・・・」と唸りながらオス猫に乗っかられて眠っている。

その命を賭したかのような仲の良さは、まるでバカの失楽園!!

ワタシはただ見守るだけである。

・・・・とあった。

003_640x480


我が家にもオス、メス2匹の猫がいる。

メス猫は15歳の三毛猫。

おばあさんになった。でも性格はおとなしい。

娘が名古屋から連れて帰ったオス猫は7歳?くらい。

何しろやんちゃで、食い意地が張っていて、メス猫の餌まで食べてしまうので彼女には嫌われる。

ブロッコリー、キュウリが大好きで調理しようと出しておくと、盗られてしまう。

体重は5・7kg・・・・やんちゃで人が大好き。

寝るときは頭の横にくるし寒い時は重たくて目が覚めるときがある。

布団に入れるのがいやなので今は娘のところで寝ていると思う。

彼らとの日々の生活は、ハプニングだらけで飽きることがない。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

 

里山に春の兆し

やっと晴れたsun

少し風は冷たいが、晴れた日は洗濯物がよく乾くのが嬉しい。

003_320x240

家の周辺には、椿や梅の花が咲き始めていた。

009_640x480

011_640x480

今年は、ことのほか寒く春の訪れはまだまだ先だと思っていた。

それでも花たちは季節を忘れない。

けなげに咲く花たちからちょっぴり元気をもらう。

春はそこまでやってきている。

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

 

エコクッキングIn放課後教室

朝起きると一面の銀世界snow

それでも、道路は凍結していないのは春が近いからか。

今日は、いつも行っている放課後教室の「おやつ作り」の日。

009_640x480

昨日から準備をしていて、朝早くから小学校へ。

寒さもなんのその・・・・大勢の子供が登校していた。

017_640x480

今日のメニューは「さくら餅」と「ドーナツ」づくり。

小麦粉、もち米、小豆などの食材は自分の田んぼや畑で育てたもの。

こだわりは、地元の食材を使っておやつ作りをする。

018_640x480

調理の途中(ドーナツの生地をねかす・餅米を炊く)に新聞エコバックづくりにも挑戦。

あっという間に子供たちとの楽しい時間が過ぎていった。

019_640x480

家でも、おやつ作りを楽しんでほしいとレシピとお土産を渡した。

気の早い子供から、次回のリクエストもあった。

いつも、放課後教室のメンバーさんたちの協力もあり、ありがたい。

おやつ作りを通じて、子供たちとのコミュニケーションが深まった寒い週末の1日だった。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

 

 

聞き上手になるには

エッセイストの阿川 佐和子さんが「聞き上手になるには」を今日の高知新聞のコラムに掲載していた。

千人近い対談経験を生かし「聞く力」を刊行した。

もともとインタビューが苦手だったという阿川さん。

成功と失敗を繰り返した長年の経験を基に「話が脱線したときの戻し方」「相手のテンポを大事にする」など“聞く心得”を紹介。

「基本は誠意を持って一生懸命聞くこと」だそうだ。

003_640x480

006_480x640_4

私は女性どおしのおしゃべりの時など、「今の話聞いてなかったでしょ?」とよく言われる。

基本、あまり興味がないと他のことを考えている。

話の輪に入ることこそ、コミュニケーションの第一歩なのだとは思う。

苦手意識の克服のため阿川さんの本を読んでみよう。

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

韓国からの留学生

今週、連続して学校への「読み聞かせ」に行っている。

明日も中学校へ。

今読んでいる絵本は「せかいいち うつくしい ぼくの村」

001_640x480

今日、行ったのは近くの中学校。

とてもよい環境の学校なのに生徒数が少ないのが気になる。

前月伺った時、2年生の教室に韓国からの留学生が2人来ていた。

私の担当は1年生だったので終わった後、2年生の教室を覗いてみた。

先生に言われるまで、どの生徒が留学生かわからなかった。

すっかり、学校生活に溶け込んでいるようだった。

1ヶ月ほど、ホームスティをして先週帰国したという。

002_640x480

003_640x480

今日、彼女たちの感想文を見せていただいた。

思った通り、最後はこちらにもっと居たかったと生徒たちとの学校生活、ホームスティ先のことを楽しく書いていた。

田舎の学校でも国際交流ができる。

子供たちにとっても大きな財産になったことだろう。

来年、また留学生の受け入れがあるならば、ホームスティの協力を約束して学校を後にした。

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

 

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

豊かさの指標

今日の高知新聞1面に「県民所得 本県初の最下位」という見出しがあった。

2009年度各都道府県経済計算が出揃い、本県の一人当たりの県民所得201万7千円は全国最下位となったという。

トップの東京が384万7千円だが、一人当たりの県民所得という囲みの欄に「賃金や俸給など個人の報酬だけだなく企業などの所得も合算した、赤ちゃんや高齢者を合算した総人口で割って計算。個人の所得水準ではなく、県民経済全体の水準を表し、高齢化率が高い地域などは、低くなる傾向がある」とあった。

徳島は19位と善戦。

高知県は温暖な気候に恵まれ食べ物が美味しい、人がやさしい等に加え物価水準も低いので暮らしやすい。

去年ブータンの国王夫妻が来日したとき、ブータンは国民幸せ度では世界一の国だと語っていた。

私たちの目指す豊かさとは、物質の豊かさから心の豊かさへ・・・・変わっていくことなのではないだろうか。

Images_2

裏面の「話題」というコラムにも同じ内容だった。

1946年の高知県の人口は79万人で今は76万人、敗戦翌年のほうが人が多い。もう一つ目を引いたのが高知市の人口。当時は12万人。今は34万人だから、昔は高知市に集中することなく、県土全域に人が住んでいた。それぞれの地域で自立して生活していた県民の姿が浮かんだ。ーーー中略ーーー

まだ先の話だが、2060年に日本の人口は860万人まで減るという試算が出た。国よりも15年も前から人口減を経験している高知。これから大きな企業や工場を次々誘致したりV字回復で人口が増えることはないだろう。よそより人が少ない、収入がない、それを残念がることはない。今までのように、都会を見て、それに追いつこうとあくせくする必要は何もない。

高知は日本の桃源郷。それでいい。ゆっくりと時間が流れ、互いに支え合って自然と共に過ごす。生きる知恵だけはどこにも負けない。そうあってほしい。高知は日本の将来像そのもの。必ずや国の手本になるはずだ。

・・・と結んでいた。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

 

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

手紙

自筆の手紙を書くことが余りなくなった。

ほとんどメールが主流で、時々ワードで文章を書いてプリントアウトして出していることもある。

以前、新聞に「手紙を書く」ことの効用についてのエッセイがあった。

まず起承転結。

文章の組み立て。

漢字を書く。

ことが脳の活性化によく、認知症予防になる・・・・等々。

003_640x480

そう言えば、いざ漢字を書こうと思っても文字が浮かばない時もある。

ワードならば変換機能(変換ミスには気をつける)があるので、余り考えることもないのも怖い現象だ。

文章を切り取ったり、前後につなげたりと利便性に富む。

なので、中々一度に切り替えれない。

005_640x480

由紀さおり&ピンク・マルティーニーのコラボアルバム「1969」が世界20ヶ国以上でCD発売されヒットしているという。

「夜明けのスキャット」も彼女の透き通る声に魅了されるけれど、私は「手紙」が好き。

何度聞いても良い歌だ。

004_640x480

自筆で思いの丈を伝えることができたら、とても素敵なことだろう。

そう言えば、昔はよく手紙を書いたものだ。

最近、文字を覚えたので嬉しいからか、孫たちからよく手紙が来る。

彼らに、さっそく自筆の手紙を書こうmail

002_640x480

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

 

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

消えた街並み

今日は終日雨の月曜日だった。

昨日の日曜日、うららかな良いお天気に誘われて久しぶりに大洲方面に出かけた。

3月、宇和島まで高速道路が繋がる。その下調べも兼ねての外出だった。

01_2

大洲インターを降りたところにシネマズがあり、その周辺に石畳のミニテーマパークのような一画があった。

04

お気に入りは「石焼きパン」の店で、松山から帰るとき必ず、そのお店のフランスパンを買っていた。

04_2

もう数年前のことで、今回行ってみると、その周辺は大型店舗が立ち並びすっかり雰囲気が変わっていた。

ケータイで探索すると「エルンテ大洲」とあって石焼きパンの店もあった。

情報が古いのだろうか・・・・。

お隣にあるJA大洲の直産市は日曜日だったので大勢の買い物客でにぎわっていて、私たちも野菜やミニバラを買った。

帰ってパソコンで見てみると、やはり「エルンテ大洲」がヒットした。

なんだかキツネに抓まれたような不思議な日曜日だった。

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

 

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

ドラマ・早海さんと呼ばれる日

日曜日夜9時からのドラマ「早海さんと呼ばれる日」を観ている。

早海家の4人兄弟の長男に嫁いだヒロインが、家族間の諸々の問題を乗り越えていく話。

母親が長男の結婚を機に出ていた後、個性がバラバラな家族の中で、価値観や生活環境の違いに戸惑いながらも奮闘する優梨子の成長をリアルに描いた心温まるホームドラマ。

015_640x480

今回は3男・馨の就活の話。

今どきの就職事情を反映した内容で、学業成績もよく真面目な馨が色々な企業に就活するが内定がとれない。

そんな中、父親と喧嘩し家を出る。心配した主人公・優梨子は実家に頼んで馨を置いてもらう。

優梨子は馨にマニュアルどおりではなく、自分らしい履歴書を書くようにアドバイスするが・・・。

真面目な長男役は「あさイチ」でファンになった井ノ原快彦、ヒロインはゲゲゲの女房の松下奈緒さん。

014_640x480

核家族が当たり前の昨今、嫁という立場で大家族の絆を作っていく。

家族とは・・・・の原点を問う展開が面白く、毎回楽しみに見ている。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

 

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

黒潮本陣へ

昨日は仕事を通じて仲良くなった友人たちとの懇親会に中土佐町にある黒潮本陣に行っていた。

最近は、退職する友人へのお祝いの会として1年に1度開いている。

013_640x480

009_640x480

014_640x480

016_640x480

今年は南国市の女性で、彼女が希望するお泊り会になった。

我が家から1時間半、高知市から1時間、高台から久礼の町を一望できる見晴らしの良い場
所にある宿泊施設。

露天風呂(潮風呂)からの夜景がきれいだった。

夕食も、新鮮なお魚が美味しかった。

003_640x480

004_640x480

008_640x480

今回はロッジでの宿泊で、1年ぶりにあった友人たちとワイワイガヤガヤ。

楽しい時間はあっという間、気がつけばAM3時過ぎになっていた。

017_640x480

次回の会と幹事を決め、朝食後お別れした。

気心の合う友人との再会を楽しみに、それぞれの地域で元気に過ごそうup

 

Map_s

Map_k


〒789-1301 高知県高岡郡中土佐町久礼8009-11

TEL  0889-52-3500




 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

 

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

朝ドラ・ヒロインの素顔

朝ドラ・カーネーションのヒロインが今朝の「あさイチ」にゲスト出演していた。

001_640x480

その素顔はヒロインを地でいっているような女優さん。

奈良県出身ということで関西弁がお上手なのも頷ける。

仕事をしていた関係上、この時間帯にドラマを見ることができなかったが、やっと昨年の「おひさま」から観ている。

カーネーションはデザイナー、コシノ3姉妹のお母さんをモデルにしているという。

戦中、戦後の混乱期に洋裁という仕事に誇りを持ちながら子育てした、その前向きで明るい生き方に共感する。

彼女の目力が魅力的だ。

朝ドラのヒロインは、女優さんの登竜門のようなもので、ここから女優として活躍している人も多いという。

今までにも、映画やドラマに出演していたという、その遅咲きの女優、尾野真千子さんの今後に期待したい。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

 

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

小鳥のこない冬

朝、窓を開けると雪が積もっていた。

最近は高知でも西部が雪がよく降る。

2月の雪は道路が凍結することはないけれど家族は少し早めに家を出る。

002_640x480


003_640x480

午後から海辺の小学校に「読み聞かせボランティア」に行く。

子供たちに聞くと、それほど雪は降らなかったということだった。

我が家は北に位置しているので15km程離れると気象条件が違うのだろう。

夕方の「情報いちばん」で、今年は小鳥が来ないことを取り上げていた。

お山に食べ物が豊富にあるためか、渡り鳥が来るシベリアの環境が何らかの形で影響しているというコメントだった。

両方の影響もあるらしい。

007_640x480


新聞の「声ひろば」や「閑人調」にも、小鳥のこないことへの投稿があった。

我が家の金柑もピラカンサにも、そう言えば小鳥の姿が見えない。

お山に沢山の食べ物があって、この冬小鳥たちが来ないのだと思おう。

もうすぐサクランボの花が咲く。

サクランボの実は熟するとツグミがやってきて2日ほどでなくなってしまうけれど、5月には元気な姿を見せてほしいものだ。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

 

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

ワンコインで被災地支援

朝から雪が舞う寒い1日。

朝ドラ「カーネーション」もその時間家にいないときがあり、連続して見ていない。

今日は久しぶりに見ることができた。

その後の「あさイチ」を家事をしながら見ていた。

番組で取り上げていたのは被災地支援のあり方。

001_640x480

002_640x480

夢を実現するため、全く新しい形でお金を集める方法が始まっている。

ある企画に共感した人がワンコイン(500円)から参加でき、目標金額に達すると企画が実行されるというもので、自分のお金が何に使われるかわからない寄付や募金と違い、使途が具体的でその後もつながりっていることが特徴。

この仕組みを使って被災地支援を行っているのが、俳優の伊勢谷友介さんたち。
ネット上に被災地を応援する場を立ち上げたところ、いくつもの企画が実現した。
中でも注目は、伊勢谷さん自ら仲間とともに呼びかけた「福島県飯舘村の子供たちに、すてきな卒業式をプレゼントしよう」というもの。原発事故の影響で故郷からの避難を余儀なくされ、卒業式を行えなかった112人の子供たち。

9か月遅れの卒業式とその後に行われた卒業記念コンサートにはシンガーソングライターの岡本真夜さんたちも駆けつけた。また、伊勢谷たちは子供たちに未来の自分に向けた手紙を書いてもらい、タイムカプセルに入れることを提案。

子供たちは“二十歳の自分”へどんな言葉をつづった。伊勢谷さんをスタジオに招き、被災地支援の新たな取り組みについて考えました。

☆新たな支援の仕組みとは?

例えば、被災地で「ラーメン屋台を始めたい」と思った人は、インターネット上に企画を立ち上げる。その際、趣旨やお金の使い道を明記し、目標金額を設定するのがポイント。

インターネットで見た人はその企画に賛同した場合、500円や1000円から参加できる。
目標金額に到達すると、はじめてお金が企画者へ渡り、企画は動き出すという方法。

☆これまでの被災地支援と違う点

【企画を立てた人】
融資ではないため、返済も利子を払うことはない。

【支援者】

1.募金とは違い、お金の使われ方がとても明確。
2.進捗(しんちょく)状況をホームページなどで見ることができ、感動を分かち合える。

☆目標金額に到達しなかった場合は・・・

目標金額には詳細な内訳がある。その金額に達しないということは、企画を実行に移せないことになるので、企画者にはお金が渡らない。

☆新しい被災地支援に参加したい場合は・・・

支援の仕組みは「クラウドファンディング」や「マイクロパトロン」と呼ばれているので、キーワードで検索。被災地支援以外のものや投資をするタイプのものもあり、内容をよく読んでください。伊勢谷さんたちの被災地支援は『元気玉プロジェクト』というもの

(NHK・あさイチホームページより)

私も震災後、すぐ義援金を送った。

それも自分の中では結構な金額。けれど、使い道が不明で義援金や物資も行きわたってないことも報道されていた。

HP上で掲載されるのであれば、自分の支援が生かされていると納得できる。

今一度、このプロジェクトに、こころばかりの支援を行いたいと思った朝だった。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

 

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

究極のおせったい

PM6時から「情報いちばん」を見ながら夕食の準備をしている。

今日は徳島県日和佐、四国88カ所「薬王寺」の近くにある「おせったい所」の話題。

お遍路さんの休憩所として以前からあった建物が古くなり、リニューアルに立ちあがったのが80歳の二人の女性。

庭に季節の花や木を植え、室内もお遍路さんだけでなく地域の高齢者が集い楽しむための場所にしたいと改築に奔走している姿が放映されていた。

壁に漆喰を塗っている姿に驚いた。

高齢者が高齢者のためにできることをする・・・・家族も温かく見守っている。

地域を元気にする取り組みを、生き生きと楽しくやっている姿に心打たれた。

自分の中で停滞していて前に向かっていないことを、少しずつ進めていきたい・・・・と番組を見て思いを新たにした。

120207_173224


 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

 

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

こんにゃく作りに挑戦!

日曜日から雨が降っている。

土曜日に柿の木の根元に生えていたこんにゃく玉を夫に掘ってもらった。

003_640x480

2個のこんにゃく玉があった。

その1個をネットの作り方を参照したり、昔義母がやっていたことを思い出しながら挑戦した。

Dcp02739sDcp02742s_2

Dcp02747s

少し、柔らかい仕上がりになったが20個くらい作れた。

002_640x480

それでも「こんにゃく」ができて嬉しい。

今日の献立は煮物と、菜の花の酢味噌和えと散らしずし、青さの澄し汁。

献立の時はいつも写真を撮るのを忘れてしまうdown

次回は上手に作ろうhappy01

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

 

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

北海道旅行・写真追記

ヘタな写真ばかりですが、コメントを下さった方にありがとうの意味を込めてアップしてみました。

062_640x480_4

層雲峡・氷曝まつり

038_640x480_4

網走流氷・・・波打ち際まで海が凍っていた

007_640x480_2
道産子の馬は足が丈夫で逞しい

012_640x480

019_640x480_3

凍りついた阿寒湖・・・ワカサギ漁の人たちのテントが見えた

070_640x480_3

6日から行われる「さっぽろ雪まつり」の制作に励んでいる人たち・・・ミッキーマウスのような?

見渡す限り、雪、雪、雪・・・・の北海道でした。





最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

 

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

春立つ日に

北海道から帰った昨日は、雪が降る寒い1日だったsnow

節分だったので夕方「豆まき」をする。

穏やかな、よいお天気の今日は昼まで掃除や洗濯などに専念sun

グループの活動発表や旅行などで家を開けていたから仕事が山積みになっていた。

久しぶりに友人たちとランチを楽しむrestaurant

少しだけ北海道土産をおすそ分けpresent

楽しくおしゃべりしているとアッという間に夕暮れになった。

畑に出るとふきのとうが・・・・。

002_640x480


ひと足先に春を感じた「立春の1日」だった。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

冬の北海道へ

001_640x480

2泊3日の北海道ツアーに友人と行っていた。

010_640x480

夏は道東、道南と2度訪れているけれど冬は初めて。

日本列島は寒波に覆われていたが、お天気には恵まれた3日間だった。

新千歳空港に降り立った時から一面の銀世界。

夏とは一味違う、北海道の自然を体験した。

1日目の宿泊地は以前訪れた阿寒湖畔の宿。

阿寒湖も凍結していた。

056_640x480

朝夕はマイナス15℃前後の寒さは冷たいと言うより露出している顔や手は痛い。

027_640x480

<トーフツ湖の白鳥たち>
034_640x480

戸外が寒いのに比べ、室内は暖房がきいていて温かい。

2泊した阿寒湖、層雲峡の温泉と美味しいお料理にリラックスできた。

旅のメインはオホーツク流氷。

041_640x480

自然の織りなす氷の芸術は天候により見られない時もあるというが、今回の旅は流氷とも出会えた。

冬の北海道ツアーでの印象は、外国の旅行者が多かったこと。

温泉や観光砕氷船の中で、お隣にいた若い女性に話しかけると台湾からの旅行者だった。

タブレット携帯の使い方を教えてもらったり、10月に台湾観光に行っていたことなど片言の英語でコミュニケーションができ楽しかった。

024_640x480

夏の旅では一度も観ることができなかった摩周湖も見ることができラッキーだった。

071_640x480

073_640x480

<さっぽろプレ雪まつり>

075_640x480

3日間、緊張して歩いた雪道、手袋なしではいられない北海道から雪のない高知空港に降り立った時、普通に過ごしている暮らしが、いかにありがたいものかが、少しだけわかった今回の旅だった。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント