« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

緒方貞子さんのこと

冬に逆戻りしたような寒い1日。

006_640x480


昼過ぎまで雨rain昼からは風がすごかった。

春一番は、この間吹いたので今日は「春の嵐」というところかtyphoon

満開に近い桜の花も寒そう・・・down

001_640x480

昨日の高知新聞3面に「緒方貞子さん」が今期末でJICA(国際協力機構)理事長を退くというニュースが載っていた。

前任の国連難民高等弁務官、アフガン復興支援日本代表などを歴任。

その後、8年半の在任中、現場主義を貫き、特にアフガニスタンや南スーダンの平和構築支援に本格的に取り組んでこられたことは記憶に新しい。

緒方貞子さんは世界が認める素晴らしい女性。

年齢を感じさせないアクティブさには心から敬意を表したい。

日本が誇る女性。

以前から緒方さんのファンである私は、彼女の生き方や、今後についても興味深々でもある。

004_640x480

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

10万アクセス

毎日、夜更けにブログを更新している。

10万アクセスを超えていることを今日、気がついた。

ブログを始めて2・8年になった。

ずいぶん後からアクセスカウンターを設置したように思う。

日記のようなもので、その日、一番興味のあったことをアップしている。

それでも来てくださる方がいて、10万アクセス達成clover

心より感謝の気持ちをこめて、ありがとうございます。

これからもよろしくおねがいします。

*10万アクセスおめでとう・・・のメールを下さったのも、ブロガーさんからだった。

  それまで私は気がついていませんでしたhappy01

 

023_640x480

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

2012・桜開花In宿毛

今年、待ちに待った桜が一気に咲いたcherryblossom

桜、桜、桜・・・・見なれた景色がピンク色に染まる。

暗い雰囲気の中、気持ちが明るくなった。

桜の季節は短い。

今年の桜を思いっきり楽しもうと思う春の夜です。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

悲喜交々の日

今日は、入院していた近所の男性が亡くなり、その通夜に行っていた。

享年58歳。

一人暮らしの彼には、県外に妹さんや、伯父さんたちがいる。

田舎はまだまだ、「結い」の精神が残っていて、近所中で協力しながら葬儀に臨む。

伯父さんご夫婦には、またまた我が家に泊まっていただく予定。

009_640x480


お通夜に行く途中、カナダの友人から明日、こちらに来るという連絡があった。

丁度、葬儀の日になっていて、楽しみにしていた20年ぶりの再会も出来なくなってしまった。

本当に残念だけれど、彼女にはまた近いうちに会う約束をする。

9時過ぎ電話で話した。

何十年前にタイムスリップしたような楽しい話だった。

001_640x480


桜が急に咲いた。

悲しさと嬉しさ半分の春の1日だった。

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

春の渓谷

県道津島線は宿毛市を松田川沿いに北上し、愛媛・津島町に抜ける。

「花へんろマラソン」の42.195kmのコースでもある。

高知県側はダム湖を抜け、途中から道が狭く対向車が来ると、50mほど下がる場合もあるが、海沿いを通る国道56号線より15分ほど時間短縮される。

なので宇和島、松山に行くには、この道路を通ることが多い。

愛媛との境界線にあるのが「出井渓谷」

019_640x480

渓谷には藪椿も美しく咲いていた。

026_640x480

山と空の稜線も、くっきりfuji

021_640x480

雨が多かったせいで、渓谷が美しかった。

愛媛県側に入ると、道幅が広くなりドライブも快適car

この渓谷に降り立つと空気が美味しく感じられ大きく深呼吸する。

もう少し、道がよかったら隠れた「観光スポット」になるのに・・・と思いながらいつも通っている。

夕方、近所に住む男性の訃報があった。

惜別の春は、肌寒い・・・。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

長寿の秘訣

晴れた今日の午後、管理機で畑を耕す。

明日は色々な野菜を蒔こう。

日没も遅くなり、熱中していたらPM6時過ぎ。

西の空を見上げると☆ーmoon3ー☆が一直線に・・・。

そう言えば、毎日が日曜日で徒然に さんのブログに、月を挟んで金星、木星が一直線に並ぶと書いていたのを思い出した。

夕方は忙しく、夕食後外に出てみると、すでに木星はどこか遠くにいって金星と月が美しく輝やいていた。

きれいに撮ることができず残念down

002_480x640_3

朝ドラ「カーネーション」も最終章。

病院でのファッションショーを成功させた91歳の糸子は、いまだ現役のデザイナー。

ドラマの中で糸子がいう一言がなるほど・・・と思う。

よく笑い、三食きちんと食べ、よく寝ること。

そして、ストレスを溜めず、社会とのかかわりをもち、ある程度わがままであること。

・・・が長寿の秘訣だと何かの本で読んだ気がする。

まさに糸子そのものの生き方のようだ。

024_640x480

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

宇和島⇔松山・高速道路

松山に昨日から行っていた。

宇和島まで高速が延び、我が家から松山インターまで、2時間を切るようになった。

途中、三間インターで降り、新しくオープンした「道の駅」に寄った。001_640x480

006_640x480

愛媛県は「直販所」が充実していて、今治の「さいさいきて屋」や宇和島「きさいや広場」など規模も大きく、集客も多い。

003_640x480

この三間の直販所も大にぎわいだった。

007_640x480

他と差別化していると思われたのは、美術展示館と併用していることで、今回は常設展に加え、棟方志功展もあった。

最近の道の駅は商品のインテリアもお洒落で、思わず手に取ってみたくなる。

西土佐からの出展もあった。

005_640x480

地理的にも愛媛県に近く、経済的効果も期待したい。

翌日、娘たち一家と伊予鉄高島屋に・・・・。

曇り空ではあったが、松山城や市内が一望できた。

011_640x480

風が強く、肌寒い今日は、桜には少し早い春の一日だった。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

さようなら:閑人調より

よいお天気も長くは続かない。

今日は雨rain

そうこうしているうちに爛漫の春になるのだろう。

001_640x480


昨日の高知新聞の「閑人調」より

さようなら

高知に赴任して丸4年。この3月で東京に戻ることとなった。あっという間の4年間だった。

4歳だった息子は幼稚園を卒業し、小学生となり、バリバリの高知弁を使っている。幼いころにこれだけの自然に囲まれて生活したことは、息子の一生の思い出になるに違いない。自分が都会のコンクリートジャングルの中で育っただけに、うらやましい限りだ。高知県に心から感謝したい。

これまで、いくつかの県に赴任して仕事をしてきたが、高知というところは、他と違ってとてもユニークだ。酒を介せば誰とでも一夜にして仲間になれる。議論は、自由闊達。維新の志士たちのDNAが脈々と受け継がれているように思う。

それは何といってもはちきんパワー。女性の心の強さ、存在感に圧倒されたこともしばしばあった。

高知県は中山間地を抱え、人口減少、高齢化など多くの課題に直面しているが、県人のパワーを終結すれば、きっと乗り越えられる。中山間地は、都会にはない資源の宝庫だ。平成維新は高知から。課題解決先進県として期待をしたい。

高知の4年間で東京にいた時の10年分のお酒を嗜んだ気がする。さよなら、ありがとう、高知。(枝)

・・・とあった。

(枝)さんが高知に住む私たちに、頑張れのエールを送ってくれたのだと思う。

贈る言葉に励まされた。

しっかり胸に受け止めたい。こちらこそ、ありがとう♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

さよならの季節

春は人事異動の季節でもある。

昨日は教員異動の発令、今日は県職員の異動が新聞に載っていた。

異動とは無縁になった今、心から桜の季節を楽める。

春は別れの季節でもある。

夕方、畑に出ていると、県外の大学に行く近所の高校生がお別れにやってきた。

故郷を離れ、違った視点から故郷の良さを発見してほしい。

若い力が高知で発揮出来る場があればの話ではあるが・・・。

004_640x480

008_640x480

007_640x480

003_640x480_2

<色とりどりの水仙がいっぱいの庭になった>


最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

晴れた日に

ガラス戸越しに、庭を見ていたら、サクランボの木にメジロのツガイが来ていた。

そーと戸を開けカメラを向けた途端、飛んでいってしまった。

この冬、小鳥が来ないことを心配していたが、小鳥たちが帰ってきてくれたのが嬉しい。

昨日は、冬に逆戻りしたように寒かったけれど、今日は暖かい1日だった。

午前中は、本年度最後の「読み聞かせ」に中学校に行った。

帰り、動かなくなった時計の電池を替えるため、時計やさんに・・・。

道路を挟んだ家の庭に白木蓮が咲いていた。

120321_112618

この家は西本願寺執行長「後藤環爾」の生家。

大正時代、東京大震災後、数々の社会福祉事業を起こした人だとウィキペディアにあった。

ひっそりと、その旧家は佇んでいた。

昼からは、畑に出て、ジャガイモを植える。

晴れた日は、畑仕事が忙しい。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

春の別れ

その人はダム湖の上流、愛媛県との境界近くの集落に住んでいた。

県道から雑木林を抜けると開けた台地があった。

そこに立つと空気が美味しく感じられ大きく深呼吸した。

青々とした早苗に風が渡り、家の横に湧水があった。

にこやかに彼女は出迎えてくれた。

あれは何年前だっただろうか。

季節は5月、若葉に囲まれた家のまわりには花がいっぱい咲いていた。

「花の苗」をいただきにいったことを鮮明に覚えている。

017_640x480

004_640x480

彼女は亡くなった義母の友人で、とても穏やかな女性だった。

一人暮らしだった彼女は、よく我が家にも泊まったり、母も行ったりして仲がよく、味噌作りでもわからないところは教えていただいた。

体調が悪くなり、入院したということを最近聞き、少し落ち着いたらお見舞いに行こうと思っていた矢先の訃報だった。

春のお彼岸の今日、旅立った。

001_640x480

「ぼたもち」を作り、お墓にお参りする。

いつもと変わらない、いつもの彼岸の1日。

でも彼女は、永遠にいない。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

宴の後&桜咲く

道路わきに、はためいていた花へんろマラソンのピンクの旗、テントの撤収、応援していた大勢の人たちの声援は今日はもうない。・・・景色は昨日と変わらないのに大きなイベントの後は、何かしらの寂寥感がある。

このマラソンの初回から徳島より参加していた「こやじさん、はなちゃんたち」ピンク軍団さんたちとの出会いがあり毎回、再会を楽しみにしていた。

今年、ご夫婦で参加されていた「はなちゃん」はこの大会の後、東京へ転勤になったということを「こやじさん」から聞いた。

1年間のブランクに出会いあり別れありの大会になった。

002_640x480

今日は日帰りで高知市へ・・・。

途中、ヒカン桜がきれいに咲いていた。

008_640x480


往路は時間が気になるので帰るとき、道路から少し上ったところのサクラを写した。

夕方の撮影で、暗めになってしまった。

1昨年のマラソンでは山桜が咲いていたのに今年は花のない大会だった。

今年は例年より、開花が1週間ほど遅い。

後少しで桜の季節到来だ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

花へんろマラソン・2012

予報は当たらずマラソン当日の今日はあいにくの雨の開催となった。

朝から合羽を着て給水所で待機。

ボランティアは市内の中学生7名と引率の教師1名、市職員2名、地域代表3名。

ランナーさんたちが42.195kmを完走する力になれたらと思って毎回参加している。

003_640x480

寒さと雨のコンディションの悪い中、最初のランナーさんが見えた。

私たちの給水所はスタートから20km地点、丁度真ん中に当たる場所。

006_640x480

1200人前後の参加で、最初に駆け抜ける人たちは記録との戦い。

なので、給水する私たちも邪魔にならないように神経を使う。

声援も走る人たちに大きな励みになるらしく「ありがとう」と言う人や手を振ってくれたりする。

011_640x480

こやじさんの仲間のはなちゃんが元気よく駆け抜けていった。

彼を見た時、思わず駆け寄ってしまった。

013_640x480

彼もこのマラソンがご縁で結婚し、お二人で参加しているらしい。

横浜在住の幼友達もエントリーしていて、彼女とも久しぶりに再会した。

・・・と今年も新たな感動や出会いがあった。

来年の開催に、もう思いを馳せている。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

春一番

春一番が吹いたという今日は雨の1日だったrain

明日は「花へんろマラソン」の日。

このマラソンは4年前から開催している。

開催年は雨、1昨年は風が強かった。昨年は東北大震災の後だったので中止。

ランナーさんに快適に走ってもらうには、まずはお天気が気になるところ。

天気予報では曇り、気温は20℃まで上がるという。

私は復路の中間点で給水のボランティアをする。

013_640x480

開催年に徳島から参加していたグループの一人で「こやじさん」という男性と給水所でひと時話が弾んだ。

「東京マラソン」の選に漏れ、このマラソンに応募したこと。宿毛は遠かったこと。ブログをしていること・・・・等々。

以来、メールや年賀状のやりとりをしている。

遠かったメリットもあったようで、メンバーさんの中で意中の女性と結婚もしたという嬉しい報告もあった。

003_640x480


今年は2月に参加していたレースで膝を痛め、残念ながら不参加とのメールが来た。

本当に残念とは思うけれど、来年の再会を待っていよう。

明日はまた沿道で色々なサプライズを楽しみ、新たな感動を期待したい。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

かげろうの羽

NHK・ドラマ「かげろうの羽」を見た。

透明度が美しい、沈下橋のある仁淀川流域がドラマの舞台。

Kawa005

イワガラスというあだ名の地味な服装のヒロインは、近くの小学校で栄養職員として働く42歳の女性。

和紙職人の父親と二人暮らし。

003_640x480


彼女には沈下橋を渡れない深い心の傷があった。

そんな時、子連れの医師とのお見合い話が・・・・。

お見合いの途中、急患のため席を立った彼の子供を連れて帰る。

しばらく暮らす間に、男の子との距離が縮まり心が通い合う。

寡黙な父親が作り出す「かげろうの羽」という美しい和紙をもって、渡れなかった沈下橋を渡ってお嫁にいく・・・というストーリーだった。

004_640x480

仁淀川の美しい風景がおりなす心模様。

静かな感動があった。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

お気に入りの風景

トンネルを抜けると雪国ならず、コバルトブルーの海だった。

故郷の海は、どこまでも青く、美しい。

003_640x480

005_640x480

昨日「お彼岸」のお墓参りとお掃除に実家に行っていた。

日曜日は「花へんろマラソン」のボランティアがあるため、例年より早めの墓参である。

一人暮らしている母と、ひととき、ゆっくりとした」時間を過ごす。

会うたびに小さくなっていく母ではあるが、元気でいてくれるのが何より嬉しい。

今年は寒かったのか、いつもは満開のお寺の「もくれんの花」もまだ固い蕾だった。

小さい頃は、このお寺の境内で遊んだ。

あのときの友たちも元気でいるのだろうか?

故郷の春はいつも懐かしい思い出に包まれる。

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

生涯現役

「カーネーション」も終盤になった。

主人公が夏木マリさんになり設定は72歳の小原糸子になっている。

デザイナーの草分け的存在の彼女は「糸子ブランド」を立ち上げてほしいと若い男性たちから相談を受けていた。

娘たちからは「歳だから・・・」と言われ、それなりに身体的には老いを感じている彼女だが今、自分だからできることを考え、企画を引き受ける。

仕事に「いきがい」を感じている糸子の生涯は、まさに生涯現役。

ドラマ上の彼女を見ていると義母を思い出す。

89歳で亡くなった彼女も生涯現役だった。

008_640x480

007_640x480

高知県内の労働力人口は、戦後初めて40万人を割って最も少なくなり、半数以上の市町村が10%以上の減少率で少子高齢化が進んでいる実態が明らかになったとTVで報道していた。

高知の今からが、日本の未来のお手本になる。

糸子のような生涯現役の高齢者が増えることが、これからの日本経済を救えるキーワードかもしれない。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村

花は恋人・鳥は友達

昨日の新聞に「花は恋人・鳥は友達」というカメラリポートが載っていた。

016_640x480

定年を機に土佐山に造園を始め、自宅から毎日通って、1ヘクタールの山の斜面に山野草を植え、ガーデニングを楽しんでいるという。

森の仙人の風貌を持つ吉森さんは、山小屋で野鳥を共に花に囲まれた生活に理解をし、協力してくれる「妻が一番大切な人」だと・・・・。

その人らしい生き方をしている人は魅力的で生き生きしている。

定年後のライフスタイルは個々で自在であってよいのだと思う。

私も花や動物は好き。

田舎なので、庭には雑多な植物がある。

004_640x480

もう少し手入れして素敵なガーデンにしたいとも思うけれど、反面「牧野植物園」のように「自然のまま、ひそやかに咲いているような」庭にもあこがれる。

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

カナダから

朝9時、電話が鳴った。

なんだか少し遠い声「お久しぶり、わかる?私Kよ・・・」

しばらく考えて、やっとわかった。

昔、大阪・淀屋橋の会社で勤務していた時、仲良くしていた友人だった。

私の方が少し早く結婚し、3年後彼女も結婚してカナダ・バンクーバーに行った。

001_640x480

002_640x480

一度、帰国した時再会したのは20年前。

お互い、子育てや仕事に忙しい時期だったので、Xmasカードのやりとりのみの関係がしばらく続き、その後は自然消滅していた。

それ以来会っていない。

007_640x480

彼女は香川出身、高松に行く途中やカナダの映像をみているときフッと思いだしたりする。

その彼女が3月末、帰国するという。

四万十川や足摺岬の見物をしたいというので、ご案内することにした。

幾歳月過ぎても、友は友。

彼女と過ごした青春の日々を語ろう。

それぞれ違う環境で過ごした年月を越え再会できる喜びは何物にも代えがたい。

その日を楽しみに待っていようhappy01

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

鎮魂の日に

朝、裏庭に回ってみるとサクランボの花が満開になっていた。

フッーと吹くとハラハラと花びらが散りそうな趣。

002_640x480

023_640x480

005_640x480

006_640x480

013_640x480

012_640x480

サンシュもミツマタも水仙も、気がつかないうちに咲いていて庭は急に春の装い。

三寒四温の春は今日は風が強かったが、久しぶりに畑仕事をした。

自然の中で土に触れる時間が好き。

雨が降ったので雑草がいっぱい生えていた。

畑で過ごす時間はあっという間に過ぎてしまう。

018_640x480

東日本大震災から1年経った。

1年前も、今日のような春の1日だった。

TVをみて驚いた。

SF映画のような映像が飛び込んできて、これは本当のことなのだろうか・・と。

夢ではなく本当の出来ごとにショックを受けた。

あれから1年、東北は瓦礫処理も100%ではない地域もあるという。

被災した人々はまだ仮設住宅での生活も余儀なくされている。

家族を失った人や、被災者それぞれが心に大きな傷を負っていると思う。

それでも彼らの明るく元気な姿から「生きる」ことの意味と人とのつながりの大切さを改めて感じている。

課題も多いけれど、今こそ日本が1つになって復興に取り組んでいくことだと思う。

いつ、どこで起こっても、おかしくない地震。

鎮魂の日の今日、防災に対してしっかりとした意識づけをする日でもありたい。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

美しき集落

ようやく雨が上がる。

庭の花たちが一斉に咲いていた。

これから美しい花の季節の到来だ。

今日も日帰りで高知へ・・・。

帰宅すると、日がトップリと暮れていて花たちを撮ることができないのが残念down

005_640x480


昨夜、NHK・四国8「美しき集落・祖谷は桃源郷」という番組を見た。

祖谷は平家落人伝説のある山深い集落で独自の文化と暮らしが残っている。

ここの暮らしに注目しているのが、東洋文化研究家のアレックス・カ―さん。

古民家に“かや”をふき、再生させる取り組みをしている。

昔ながらの外観で家の中は昔の良さを残しながら、現代風なアレンジで暮らしやすさを重視した家に仕上がっていた。

途中から見たのでよくわからないが、どうやら古民家を民宿にする取り組みをアレックスさんは考えているようだった。

ご多聞にもれず、過疎・高齢化の集落で一番の心配事は「食事の提供」

アレックスさんは、そんな女性たちに“普段の食事”が一番お客様に喜ばれることを話していた。

「豪華な食事はホテルでとれる。ここのお客様は祖谷の素朴な食事を望んでいる」と・・・。

番組の終わりごろ、この古民家に行く途中にある家の女性が雪をかき分けて通りやすくしていた。

「私にできることはこんなこと」・・・だと。

最近、少し行き詰っていたけど、この一言に救われた気がした。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

こだわり

こだわりを持って生きる。

それは、自分自身に対してのこだわりであって、決して人に対して強要してはいけないことだと思っている。

講演会や会議の中で「~すべき」というフレーズに抵抗感があり、強要されることで、やる気が急になくなることもよくある。

002_640x480

私のこだわりは、畑で採れた安全で安心な野菜を使っての調理と地域が少しでも元気になってほしいという思いだ。

昨日の料理講習会では、今流行りの「塩麹」を使って食材そのものの旨さを引き出すという方法は、とても勉強になった。

反面、調味料に関しては反省すべきことがいっぱいあった。

先生は、調味料にも純正への「こだわり」があり、主婦の私たちが買い求めた調味料にクレームがあった。

たしかに、プロの料理研究家としたら当然のことだと思う。

けれども買ってしまった調味料をもう一度買い直した時は、あまり良い気分ではなかった。

臨機応変の対応で切り抜けることも大切なことではないだろうかとも・・・。

私たちは旬の野菜を使う料理を目指している。

けれど旬ではないズッキーニ―やハーブなど高価な食材のレシピもあった。

それはそれで旬の季節に対応したらよいと思って納得した。

相方の連絡不足も否めない。

調味料についても、もう少し詳しく書くというような「相手の立場」を尊重したレシピであったらよかったのにと、昨日を振り返っている。

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

農業創造セミナーフォローアップ研修・In夜須

昨日~今日とフォローアップ研修に参加していた。

昨年7月から受講していた県主催・農業創造セミナー参加グループへの底上げの企画の1つ。

地元食材を用いて新たな加工商品・メニュー開発のヒントを得ることを目的としている。

昨日はAM6:30に出発し、目的の場所についたのはギリギリ10時だった。

私たちの食材は「いのしし・シカ肉」をメインとしたもの。

005_640x480

006_640x480

011_640x480

いのしし・シカ肉は、よくいただく。

しかもその量は半端ではない。

家族3人では食べきれず、冷凍している。014_640x480

レシピも数少なく、イノシシは臭いが気になるし、シカ肉は加熱すると固くなる。

016_640x480


魔法のレシピはその欠点も消え、柔らかく美味しかった。

グループでの連絡不足と段取りの悪さもあり、下準備に時間がかかり、疲れはしたものの、今日の試食ではグループで7品目の料理ができ、大満足。

さっそく地域のランチバイキングにレシピを使用してみたいと思っている。

片道3時間半は結構遠かったけれど、それぞれの地域で生き生きと活動されている、メンバーさんたちと久しぶりに再会できたことが嬉しかった。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

春の来客

晴れた日は忙しい。

洗濯物を干し、ふと空を見る。

日差しは暖かで、青空が広がる。

裏庭の8分咲きの「さくらんぼの花」にツグミとジョウビタキがやってきている。

小鳥が来ないことを心配していたが、彼らをみて安心した。

春はいつともなくやって来る。

何となく気分もよくなる。

002_640x480

明日、明後日と香南市で郷土料理のセミナーに行くので午後から食材の用意をする。

外出していて、帰宅したらお客様が・・・。

近所に空き家がある。

家主は亡くなっていて、その弟さんご夫婦が大阪から帰省されていた。

甥に当たる人が脳梗塞で緊急手術のため帰ってきたということで、挨拶に見えられていた。

お話ししていたら遅くなったので、急きょ我が家に泊まってもらっている。

故郷に帰っても家がないのは寂しい事だと思う。

久しぶりに田舎の様子や昔話に花がさき、休まれた。

明日、大阪に帰ると言う。

ひと時故郷で寛いでいただければ嬉しい。

・・・というわけで更新が遅くなってしまった。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

話し相手

今日の新聞のコラム「おじさん図鑑・おばさん事典」が面白い。

灰色の空を見上げていると電話が鳴った。

「あの・・・Aです。お元気ですか?ええ、私も何とか。あの、私の口調おかしくないかしら? そうお。私ね、一日中誰とも口をきかない日が多いので言葉が出にくくて・・・」

まもなく80歳になるAさんは息子さんと2人暮らし。息子さんは職場が遠いので朝早く家を出て夜遅く帰る。言葉を交わす間がないという。

突然電話をくれたAさんの気持ちがわかった。暗い空、しんとした家の中でずっと一人。たまらなくだれかと話したくなったのだろう。

「私ね、こんなに毎日黙っていたらぼけそうで・・・。え、公民館の講座?催し?そうねえ・・・」いろいろ勧めてみたが、Aさんは興味を示さない。歯がゆい。

ーーーー中略ーーーー

人生の先輩にこんなことを申し上げるものなんですが、出来るだけ外出して話す場を探してくださいませ。外に出てAさんの豊富な語彙を活用してくださいーーと葉書を書いた。私の思いは伝わるだろうか。

004_640x480

005_640x480

私も仕事を離れた1年前から昼間は一人でいる時間が長い。

晴れた日は、家にいるときは畑にいる。

ボランティアも多いので誰とも口を聞かないということはない。

先週から離れを片づけているので一人なのだが必ず2匹の猫が傍にいる。

寂しいと思えば寂しいのだろうけれど、一人の時間を楽しむことも必要だとも思える。

貧乏性なのでボーとできない。

ラジオを聞きながら何かしらしている今の生活も悪くない。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

わきまえて話す

雨の日が続くrain

夕食に使うニンジンや葉野菜を採りに小雨の中、畑に出ると「ケキョケキョケキョ」と鶯の初鳴きを聞いた。

まだ下手なのは若い鶯なのだろうか・・・。

雨ばかりだけど、確実に春はやってきている。

梅の花が満開になっていた。

今日は久しぶりに、ゆっくりと過ごした。

007_640x480


今日の高知新聞「声ひろば」より

母親ほど年の離れた友人から「わきまえて話すことが大事」という彼女の言葉が心の中に入ってきた。

いつも言葉の力を大切にしたいと思っているが、言葉というものは難しい。

相手を傷つけることもあれば、逆に大きな力をもらうこともある。

日々他人と交わる生活で自分がどういう立ち位置や状況にいるのか判断できる余裕があれば、彼女の言うわきまえた言動をとることができる。

でも、ついムキになってわきまえのない言動を発することがあり、反省する。

人とコミュニケーションをとる時「話さなければ伝わらない」を大事にして話すようにしている。

理想は「話さなくても伝わる」だが、これは親子や夫婦でも中々できることではない。

やはり「話さなければ伝わらない」関係が圧倒的に多いから、伝えようとする努力が大切だと思う。しかもわきまえた言葉を使って。

人を理解し、また理解してもらえるよう、謙虚に伝える姿勢を持ちたいと思っている。

ーーー文中省略している部分がありますーーーー


言葉の力は、人を幸せにしたり傷つけたり、傷ついたりする。

今日の新聞投稿のように「わきまえる」・・・・謙虚な心遣いがあれば、人と人との関係性もよくなると思う。

特に近しい人に対して、遠慮がない分、シビアなもの言いになったりしている。

寄り添うような夫婦でありたいのだけれど、まだまだ未熟な自分に反省することしきりだ。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

人生の楽園

テレビ朝日PC6:00~6:30の「人生の楽園」を時々観ている。

セカンドライフをUターン、Iターンして地方で自分の生き方を満喫している人たちを紹介する番組。

1_1_2

ナレーションは西田敏行、菊池桃子さん。

今回の舞台は高知県四万十市、名鹿(なしし)でペンション経営をしているご夫婦のお話。

早期退職した夫さんと終の棲家にしたのは美しい海辺の名鹿。

1_2


美しい砂浜の海岸線はサーファーのメッカでもある。

海辺を見下ろす丘の上に「ペンションBEE」をオープンしたのが5年前。

1日1客のペンションの1日を紹介していた。

1_3


美味しいお魚は近くの漁師さんから、米、野菜も同じく地域の農家さんから分けてもらっている。

すっかり、地域に密着している。

お風呂には庭で摘んだハーブをいれ、お料理も新鮮な魚中心のメニューに、お客様も大満足の様子。

それは、丁寧な「こころのこもったおせったい」

リピーターも多いというのも頷ける。

セカンドライフを自分らしく生きられたら、これほど幸せなことはないだろうと思いながらTVを観た。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

日本アカデミー賞

雨続きで少しうんざりの1日。

幡多クリーンセンターにも軽トラックで連続3日通う。

やっと1部屋すっきり片付いた。

ひとまずこれで、一区切りとしよう。

晴れたら畑が待っている。

TVでは「日本アカデミー賞」受賞を放映している。

助演女優賞に「八日目の蝉」の永作博美さんが受賞した。

005_640x480_2

映画は好きで時々観ているが永作博美さん演じる「誘拐した女」の母性愛に感動し涙した。

まだまだ授賞式は続いている。

「最後の忠臣蔵」もよかったので、どちらかが受賞してほしい。

最近、日本映画が面白い。

先に行われた「アカデミー賞」で主演女優賞の「メリルストリーブ」は大ファンだったので嬉しかった。

彼女のように年齢を重ねて美しく輝いている女優さんが沢山出てきてほしいと思いながらTVを見ている。

※主演女優賞は「八日目の蝉」の井上真央さんだったhappy01

006_640x480

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

かりんとうまんじゅう

弥生3月の始まりは雨の1日だったrain

裏庭の梅も椿も雨の中で美しく咲いていた。

安曇野の小麦も青々と成長している。

003_640x480

004_640x480_2

002_640x480

義母が使っていた離れの片づけをする。

亡くなって5年、外側はまず片付いていて、子供たちが帰ると使っているが押し入れの中は手つかずだった。

やり始めるとエスカレートするのは県民性のせいかも知れない。

小雨の中をクリーンセンターに・・・・。少々疲れた。

明日からは余り無理せずボチボチやっていこうと思う。

高知市にいる婿がヒョコっと帰ってきた。

出張があるときは必ず泊まる。

お土産は須崎の「かりんとうまんじゅう」と「シュークリーム」

009_640x480

とても美味しいcake

ダイエットを頑張ろうと思っても美味しいものの誘惑には勝てない。

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援ポチお願いしますclover       

人気ブログランキングへ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント