« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

どんでん返しの人生ーソーレ・リレーエッセイより

今日で6月も終わり。

カレンダーも半分を過ぎた。

毎月末ソーレから届くメルマガ、リレーエッセイを楽しみにして読んでいる。

今月のエッセイは・・・

007_640x480


どんでん返し3回の人生 

 皆さん、10代のころの憧れの職業と今の仕事は同じでしょうか? 私は高校生のころから本か雑誌の編集者になりたいと思っていました。結婚願望は全くなく、友人たちからも「結婚しそうにないよね。ずっと1人で働いてそう」と言われていたものです。

 ところが、大学に進学すると間もなく、同級生の誰よりも早く結婚してしまいました。オメデタ婚などという言葉もなかった30年前、19歳で妊娠、結婚、出産、大学卒業と、人とは違う順番で人生を送ってきました。時間も体力もある学生が子育てするのは、働きながら子育てするよりもずっと楽。子どものいる生活はただただ楽しく、今考えても早く出産して本当によかったと思います。

 とはいえ、当然就職活動は困難を極めました。そうでなくても就職の厳しかった当時、誰が子持ちの新卒など採用するでしょう。正社員の就職口を見つけられないまま、近所の会社で事務のアルバイトを始めました。これが私の社会人の第一歩です。まだ多くの会社が終身雇用だった時代のこと、新卒でつまずいた私はもう希望の職にはつけないのだろうかと悩んだものです。

 転機は27歳のとき。子どもが小学生になっていた私は、家庭にポスティングされる生活情報紙の編集部の求人を見つけました。ダメでもともとと応募して面接を受けたところ運良く採用され、ついに正社員にして編集者としてのキャリアを踏み出すことができました。

 生活は一変しました。それまでの事務職と違い、原稿ができなければ持ち帰り、夜も週末も取材やおつきあいで出勤あり。すでに子どもがある程度大きかったとはいえ、夫の協力なしにはできない仕事でした。幸い公務員の夫は転職に賛成してくれて、家事や子どもの世話など何でも進んでやってくれました。まさに男女共同参画の鑑のような夫に恵まれて生活は安定、言うことなしの日々でした。

 19歳での結婚、あきらめかけていた編集職への転職と、意外な展開が続いた自分の人生に3度目のどんでん返しがあるとは思いもよりませんでした。編集者として経験を積み、上司からそろそろ編集長にと推された34歳のときのことです。ある日突然、夫が「もう、君とはやっていけない」「どうしてそんなに一生懸命働くのか」「もっと家にいる奥さんがよかった」と言い、間もなく家を出て行ってしまったのです。

 夫は、私が編集者としてめいっぱい働くことに賛同してくれているとばかり思っていたけれど、本心では納得のいかないことだらけだったようです。男女がお互いの希望を尊重しながら生活を営んで行くことの難しさを、身をもって知りました。
紙面ではもっともらしい記事を書きながら、当時の私はまだまだ人間として未熟だったと思います。「男女共同参画」は理想のかたちとして語られることが多いのですが、時には失敗もあることをあえて書いてみました。

 結局私は10代のとき友人に予言された通り「1人でずっと働く」になってしまいましたが、もしかしたら4回目のどんでん返し…と思わぬでもありません。同い年の松田聖子がまた結婚しましたから!

003_320x240


自分の人生は「どんでん返し」と言うほどでもない。

運命を受け入れようと思った時から、生き方が変わってきたように思っている。

計画性があったわけでもなく、今を生きている。

ただ、転換期には、いつも誰かに助けてもらった。

嫁いだ後、子育てに明け暮れていた時、公務員試験を受けるよう勧めてくれたのも当時支所に勤務されていた人からだった。

仕事をしながらの子育ては、やさしい「お守りさん」や近所の人たちにもお世話になった。

子供たちも、社会人になり、其々の人生を歩いている。

今は、色々な場面で助けてもらった人たちへの恩返しの気持ちを忘れないで生きていこうと思っている。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたclover

よろしければ応援のクリックお願いしますhappy01

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




防災・女性の視点

今日の高知新聞「閑人調」に共感した。

001_640x480

世界中のメディアが目を見張った日本人の我慢強さ。

女性もプライバシーのない避難生活に不平不満をこぼさない。同性として「さすが東北人」と感心した。

宮城県内の女性グループなどが、東日本大震災で被災した女性たちの声を拾い上げ支援の記録「女たちが動くー東日本大震災と男女共同参画視点の支援」を読んで、我慢強い東北女性の見方が変わった。

避難所のリーダーは男性が中心。女性が自由に意見を言えなかったり間仕切りを要望しても「一体感が損なわれる」の一声で、却下されるといった状況があったという。

 我慢強さの陰で埋もれていた要望を聞き出し、支援につなげたのが本をまとめた女性グループ。

ーーーー中略ーーーーー

防災や復興計画に女性の視点を反映させる仕組みがいかに必要か。実感できるエピソードだ。

都道府県の地方防災会議の女性委員の割合は4.5%。南海地震までにやるべきことはたくさんある

002_640x480

・・・とあった。

丁度旅行中に、「被災地からのメッセージ~なぜ防災・復興・減災に女性の視点が必要か~」の講演があった。

講演を聞けなかったことは残念だったが、私たちのグループの中に「女性の視点で防災を」をモットーに地域で頑張っているメンバーがいる。

彼女の活動を聞いて、防災意識が高まった。

意識する、その次には実践すること。

その一歩は大変だが、やはり誰かがやらなければならないこと、各地域に早急な計画が必要だと実感する。

やまない雨はない

青空ではないけれど、やっと晴れたcloud

洗濯物を外に干し、きれいに乾くのが嬉しい。

003_640x480

001_640x480


今日は所用で出かけていたので、4時から2時間ほど田圃で仕事をした。

猫がついてくる。田んぼの中なので土手の上から「早く帰ろうよ」のニャーニャーコール。

追っかけるように東へ西へ・・・・。

帰ると、ごはんのおねだり・・・・。

今はお気に入りの場所で仮眠中です。

大猫なので、頭としっぽが出ています。

「猫と暮らす」生活も悪くないものです。

006_640x480

007_640x480


止まない雨はない・・・・というのは雨を人生の負の部分にたとえ、すべての悩ましいことを指しているのだろう。

いつかきっと今日よりよくなる・・・という意味にも取れる。

[人間万事塞翁が馬]のたとえもある。

相田みつをの「雨の日には雨の中を」も好きな詩だ。

ようやく、この言葉の意味がわかる齢になった。

今日より明日がいいことありますように・・・・happy01

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたclover

よろしければ応援のクリックお願いしますhappy01

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




シネマの話

「やまない雨はない」・・・という言葉もあるけれど、雨ばかりの日が数日続いている。

梅雨だから仕方ないとしても晴れると庭や畑仕事が待っている。

草が半端なく生えていて恐ろしいほどだ。

旅行中、我が家は田植えをしていて、早苗が植え渡っていた。

7反(70a)の田んぼがあり、田植えは機械で植えている。

機械が入らない場所を手植えをするのは毎年私の仕事で、その手植えを昨日、今日と2日かかって植えた。

・・・といっても1日、2時間ほどだけ、それでも腰が痛い。

015_480x640


最近、映画を見ていない。

その映画を今回の旅行中、飛行機の中で見た。

座席の前に小型のパソコン程度のスクリーンがある。

何しろ、長い長いフライトなので、見ようと思ったら数本見られる。

結構、新しい映画も入っていて見逃した「麒麟の翼」や「はやぶさ 遥かなる帰還」もあったが、シリアスな展開のものは眠くなる。

そのなかで、面白かったのはケビン・コスナ―主演の「フィールド オブ ドリームス」と「ジョン・カーター」というSF映画だった。

見たいと思っていた「テルマエロマエ」も見逃してしまった。

多分、レンタルで見ても眠くなるだろう。

やはり映画はシネマズで観ることが私の中の至福の時間かも知れない。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたclover

よろしければ応援のクリックお願いしますhappy01

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




スペイン旅行記-3・ファイナル

コルドバを午後出発、目指すはマドリッドまで、最後の行程となる。

途中、ラ・マンチャ地方のコンスエグラに立ち寄る。

ドン・キホーテが泊まったと言われる宿屋は今は道の駅になっていて、風車のある場所から見る景色が雄大だった。

夕方、マドリッドに到着。

首都マドリッドは緑がいっぱいの大都会、街路樹は大きなプラタナスが茂っていて木陰が気持ち良い。

232_640x480

<王宮>

翌日は市内観光と午後からトレドへ・・・・。

日本に5年間住んでいたと言うイケメンのガイドさんは流暢な日本語でわかりやすかった。

アルカラ門、太陽の門広場、プラド美術館などを見学。

238_640x480_640x480

エル・グレコ、ゴヤ(名作・裸のマヤ)を見る。

トレドはキリスト、ユダヤ、イスラム教が混在する独自の文化が育まれてきた町。

エルグレコの傑作を鑑賞したり、美しいカテドラルも壮大だった。

ホテルについた後、街に出る。

白夜の都は、夜遅くまで賑わっていた。

百貨店は午後10時まで、専門店も遅くまで開いている。

英語はあまり通じず、百貨店でも英語が話せる人が少なかった。

1ユーロは100円で計算がしやすく、買い物が楽しかった。

南スペインでは、2時から4時までお休みのところが多く、シエスタの習慣も残っている。

経済不況の影は短い旅行中には感じられなかった。

街の人たちは明るく、子供たちは天使のように可愛い。

今回の旅はスペインの世界遺産がメインのツアーだったので、フリータイムが少なかったのが残念だった。

翌日はマドリッドから空路関空へ・・・。

バルセロナに降り立った時「ヨーロッパはもう終わりかも・・・」と思ったことは撤回することにしようhappy01

☆ハショリ、ハショリの旅行記を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

よろしければ応援のクリックお願いしますhappy01

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




スペイン旅行記ー2

降りやまない雨に少々憂鬱な1日。

久しぶりに放課後教室に行き、子供たちと遊んでいるうちに元気になった。

昨日のユーロ・2012サッカー・スペインーフランス戦はスペインが2-0で勝利。

10日ほど滞在しただけなのに、なぜかスペインに肩入れしたくなるのは我ながら面映ゆい。

115_640x480_2

バス移動でグラナダへ向かう。

南スペイン・アンダルシアの乾いた広い大地にはオリーブ畑がどこまでも続いている。

気が遠くなるような景色だ。

気温は35℃以上、人っ子一人見えない。

川らしいものがないので現地のガイドさんにお聞きしたら灌漑用水があるとのことだった。

138_640x480_2

141_640x480

アルハンブラ宮殿を見学する。

イスラムの香り高い宮殿の庭には夏の花たちが美しく咲いていた。

105_640x480109_640x480_2

夜は洞窟フラメンコを観賞する。

翌日はリゾート地のミハス→ロンダ→コルドバに。。。

南スペインは夜も暑かった。

スペインで一番好きな場所はと言われると私は「ミハス」だと答える。

白い家の立ち並ぶ町は晴れた日はモロッコも見えるという景観の良い場所。

160_640x480

165_640x480
<ジャカランダの紫の花が美しい>

食事も美味しく可愛いショップもあり、もう少し滞在したいと思った町だった。

翌日のコルドバでは、キリスト教のカテドラルが混在するイスラム寺院のメスキータ、花の小径など、歴史地区探訪。

194_640x480

201_640x480

そのメスキータの前でハイスクールの生徒さん達が大ぜいいた。

国籍は様々・・・なにしろ若い彼らを見ていると楽しくなる。

その中で、日本人らしき少年がこちらを見ている。

声を掛けると、やはり日本人で広島から1年間フランスの高校に留学しているとのこと。

ツアーの中に広島の方がいて、お互い家が近くらしく盛り上がっていた。

遠いスペインの地で偶然の出会いに、不思議なご縁を感じたコルドバの朝だった。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたclover

よろしければ応援のクリックお願いしますhappy01

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村







スペイン旅行記ー1

関空からドーハ経由でバルセロナまで17時間かかった。

ヨーロッパは、もしかしたらこれが最後かも知れないとバルセロナに降り立った時、つくづく感じた。

スペインは日本の約1.3倍の面積で人口は約4695万。

バルセロナの人口400万、マドリッドに400万の人口が集中していているという。

まぶしい太陽と光溢れる陽気なラテンの国スペイン。

風景、史跡、そして食とあらゆる面で旅人を飽きさせない魅力に満ちている。

・・・とパンフレットの見出しにあった。

Spain20map1

バルセロナは港町。

青い空、青い海、そしてガウディの作品群に会う。

グエル公園、サグラダファミリアを見学。

032_640x480

1826年、ガウディの死後も建設し続け2026年、200年後に完成の予定だという。

045_640x480

悠久の歴史のある建造物だが、スペイン人の気質ではそれも定かではないらしい。

長いフライトで疲れていてホテル到着後は、熟睡した。

今回のツアーは総勢27名。ご夫婦、友人や親子など幅広い年齢層の参加者だった。

和やかで楽しいツアーになった。

翌日はバルセロナ郊外、タラゴナの遺跡を見学。

047_640x480

049_640x480

<ラスファラレス水道橋>

バレンシアの長い長い海岸線をバス移動の旅が始まる。

058_640x480

<バレンシア地方のリゾート地>

068_640x480_2


<アカシアの木が多かった>

075_640x480076_640x480_2

     <バレンシアの世界遺産>

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたclover

よろしければ応援のクリックお願いしますhappy01

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




スペインから

今日、スペインから無事帰ってきました。

出発から数えて10日間、留守をしている間梅雨前線が活発化していて、家の方は雨ばかりだったとか。。。

畑を見ると草が延びていて、これからの作業が思いやられます。

スペインでは、連日35度以上の暑い日でしたが、木陰に入れば涼しく地中海地方独特のカラッとしたお天気に恵まれた旅でした。

モバイルからの更新にもかかわらず、コメントをいただきありがとうございました。

帰宅後、色々溜まった家事をしていたら、もう1日が終わろうとしています。

明日から、また徐々にアップするつもりです。

まずはご報告まで。。。

012_640x480

023_640x480

<バルセロナ グエル公園>

トレドより

トレドより

トレドより

マドリッドの郊外・トレドに来ています。
スペイン旅行の最後の日になりました。
明日は帰国の途につきます。

ラマンチャの風車

ラマンチャの風車

南スペインからマドリッドまでのバスの旅。移動には1日がかり。途中、ドンキホーテゆかりの地を訪ねる。
今まで見たアンダルシアの景色と違った広大な大地です。
少し曇ってきて涼しいです。

ロンダより

ロンダより

グラナダから南スペインをバス移動。
連日の猛暑で少々疲れ気味です。
白夜なので午後10時、ようやく暗くなった。
コルドバの夜は暑い。サッカー、スペインークロアチア戦をテレビ観戦中です。
(1対0でスペインの勝ちでした)

※ここまで書いて送信しようと思ったら送信不可でした。

アルハンブラ宮殿から

アルハンブラ宮殿から

バレンシアから海岸線を通りバス移動の旅です。今日も抜けるような青空のもとアンダルシア地方の乾いた壮大な大地を車窓から眺めながらグラナダに到着。
アルハンブラ宮殿に来ています。
気温35度、とても暑いです。

スペイン旅行

スペイン旅行

関空から17時間、バルセロナに無事到着しています。ガウディのサグラダファミリアを見学、今日はバレンシア地方に移動中です。
抜けるような青空と地中海の青い海が美しいです。

赤ちゃん・つばめ

雨が上がってもスッキリしない梅雨の一日cloud

006_640x480

明日から10日ほど家を空ける。

その準備と、いない間の色々な家事をしていたらアッという間に1日が終わる。

昨日、昼過ぎ東京、兵庫、愛媛に送った小包が着いたという電話があった。

東京までも1日で着いたという、その早さに驚く。

久しぶりに聞く、懐かしい声。 喜んでくれるから、また送りたくなる。

001_640x480

車庫のツバメも子育てに忙しい。

燕の雛が少し大きくなって母鳥に餌をせがむ。

大きな口を空ける様子が微笑ましい。

車は巣立つまで車庫には入れない。

帰ってきたら巣立っているだろうか・・・・。

004_640x480

<猫がついてくる>

※いつもありがとうございます。

10日ほどスペインに行きます。

ケータイから時々、アップするかも知れませんが、ご訪問はできませんのでご了承ください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




ふるさと小包

梅雨らしい雨の1日。

この間、収穫したジャガイモ、玉ねぎ今、採れ始めたキュウリ、夏大根、さや豆、キャベツに加え、つい最近漬けたラッキョウ、昨年末仕込んだ味噌、ミショウカンなどを県外の親戚や娘に小包を送る。

001_640x480

私の送るものは、どこにもあるもので、けっして高価なものではない。

ふるさと小包は心を届けるものだと思っている。

小包が着いたと必ずお礼の電話が来る。

大切な人たちの嬉しそうな声を聞くと、送って良かったと思う。

梅干しは土用の丑の日前後に3日ほど干し、紫蘇を入れる。

出来上がれば、また夏野菜とともに送ろう。

自給率を高めるために実践している野菜作り。

まだ、その魅力に取りつかれているというほどでもないが、その野菜たちが人に喜ばれるとしたら、これほど嬉しいことはない。

002_640x480

005_640x480

FIFFA・ワールドカップ予選、オーストリア戦は1-1の引き分けに終わった。

アウェーでの戦いは、幾度となく悔しい場面があった。

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




ときめく心・中学生の相聞歌

今日の高知新聞・14面、週刊中学生のコラム「ときめく心」が面白い。

今も昔も等身大の恋心

“会いたいとせかす気持ちがチャリをこぐ今どうしている約束の場所で”(中3・男子)

“君待つと我が恋ひ居れば我が宿戸のすだれ動かし秋風吹く”(万葉集・額田王)

なんと、現代のチャリの君と万葉歌人の「額田王」が、見事にひびき合っているじゃないですか。

万葉集は中学生には遠い彼方のガラスケースに入ったお宝。でも、そこに現代の相聞歌を投入すると、等身大の恋する心が浮かび上がってくるのです。

ーーーー中略ーーーーー

何の説明もなしに歌の意味をくみ採るのは至難のワザのはずですが、授業でチャリの君の作品を取り上げ、「チャリに乗ってる男子の気持ちにぴったり合う歌を探して」と言ったとたん事情は一変しました。

「これ、これしかない」「絶対来るって信じているから風が吹いても来たっておもっちゃう」「どちらもラブラブだし」

ーーーー後略ーーーー

002_640x480

004_640x480

万葉集と今の中学生の短歌を相対して授業する先生もすばらしい。

私は「額田王」の歌が好き。

このような授業であれば、古典がむつかしいなどと思わず、楽しく授業できる。

私も、中学生への読み聞かせで、自分が中学生だった時代を思い浮かべながら本を選ぶようにしている。

 

 

後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




高知県防災訓練In宿毛

梅雨の晴れ間は真夏より暑い。

今日は、大規模な防災訓練が観光港で開催され、見学に行っていた。

消防、県、各市町村、陸海空・自衛隊、自主防災組織など県下から関係団体が集合しての訓練だった。

018_640x480

いつもは静かな湾港が今日ばかりは人・人・人で溢れていた。

海上自衛隊の輸送船「くにさき」八千トンも着岸していた。

001_640x480

005_640x480

防災ヘリで知事が登場。

021_640x480

ジェット戦闘機2機での災害地視察、水上艇から救助犬が降り、被災地へに入るという想定の訓練。

自主防災組織による、地震発生後の避難誘導、倒壊家屋からの救出等々、盛りだくさんな内容だった。

東日本大災害の後、南海地震に対するハザードマップも新たに策定され、高知県全域が津波による被害が甚大だと予想された。

その関係か、市民の関心も高く見学の人も多かった。

私もその一人。

災害は来ないに越したことはないが、来ることを想定して危機意識を高めたい。

自分でできること、家族との確認方法など、具体的に取り決めておくことが大切だと改めて感じて帰宅した。

016_640x480

017_640x480

<地場産品、お弁当等も人気だった>

 

 

後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




達成感

今日は、よいお天気sun

雨の後は気温が急に上昇して暑い1日だった。

梅干し4瓶、梅酒3瓶、梅シロップ1瓶が今年の梅の成果。

ほとんど、半日を費やしたが、手仕事後の達成感はある。

002_640x480


1ヶ月に一度、ソフトブレーン社長・宋文洲さんのメルマガが届く。

今月は「リーダーという職人」というテーマのエッセイを読んだ。

ベンチャー企業を起業するノウハウをご自身の経験を踏まえ書かれてた。

(1)プライドを持たず他人様のやらないことをやる。

(2)儲かることよりも自立することをまず目指す。

(3)夢を追うよりもまず手頃の目標を確実に実現させる。

そして、自分に対しての唯一のご褒美は結果を出す時の達成感なのです。

・・・とあった。本音トークの「宋メール」を毎回楽しみに読んでいる。

梅の作業を通じて感じたことと共通しているんだなと変に納得した午後だった。

001_640x480


<畑で採れた野菜たちを使って夕食づくり>

梅雨入り

今日、四国地方は例年より5日ほど遅れて梅雨に入ったという。

028_640x480

036_640x480

昨日の梅を欲しいと言う人の家まで「レシピつき」で届ける。

「梅をもらってくれる感謝の気持ち」をこめて・・・。

それでも、結構な量の梅を1昼夜水に浸しアクをとる。

明日は色々なバリエーションで梅を加工する。

梅干しは、昨年のがまだ1瓶ある。

リクエストは梅酒だ。私はお酒が余り飲めないので、1瓶は梅シロップを作ろう。

暑い夏、シロップをソーダ―で割り氷を入れて飲むのが私流、夏バテ予防。

お天気だと外の仕事がメインになる。今日は家の中、押し入れの整理をする。

ジメジメの梅雨の時期、いかに快適に過ごすかを考えるのも楽しい。

034_640x480

夜、サッカーW杯アジア最終予選で日本が6―0でヨルダンを下した。

昨日の男子バレーといい、嬉しい話題。

今、スポーツから目が離せない。

 

 

後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




梅日和

今日は曇天cloud

虫に刺され腫れあがっていた手も、ようやく治ったので今日は梅を採った。

005_640x480

004_640x480

手入れしていないので、木が高く鬱蒼としていた。

梯子をかけて木に登る。

007_640x480

近所の人に手伝いをしてもらい採れたのはバケツ大もり3杯。

今年は梅が不作だったというが我が家は結構豊作だった。

手伝ってくれた女性におすそ分け、それでも沢山なので、あちこち電話をかけてもらってもらう。

003_640x480

明日は、塩漬け、梅酒、梅シロップを作ろうと思う。

初夏の手仕事は、まだまだ続く。

今日は男子バレー・オーストラリア戦に快勝だったので嬉しい。

 

 

後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




南海地震とはつ恋

夕方、NHK「まるごと高知」を見る・・・というか聞きながら、食事の準備をする。

今日の一押しの話題と高知県のホットなニュースを発信している。

最近、よく耳にするのが「南海地震対策」のこと。

010_640x480

65年前の南海地震では、中村市(現四万十市)四万十川にかかる鉄橋が崩れ落ちたこと、家屋が倒壊し多数の死者が出たことなど被害が大きかったと聞く。

1昨年まで勤めていた組合の理事の一人が、中学生のとき、南海地震に会った話を、よくしていた。

その彼が地震の後、はつ恋の女学生の家にすぐ駆けつけた。

幸い、彼女も無事だった・・・・というお話。

その彼女が私に良く似ているということで、もしかしたら?・・・という。

私は、その時生まれていないから南海地震のことは知らないと言ったら彼は笑った。

もう、かれこれ75歳ぐらいと思われる。

はつ恋の思い出は、長い年月を経ても想い出すものなのだろう。

彼の中の彼女は、いつまでもピュアな女学生のまま。

そんな彼女が羨ましくもある。

島崎藤村の

まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき 前にさしたる花櫛の花ある君と思ひけり やさしく白き手をのべて 林檎をわれにあたへしは 薄紅の秋の実に人こひ初めしはじめなり

を久しぶりに思い出した初夏の夜です。

 

 

後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




あじさいの季節

久しぶりの雨の1日。

梅雨入りも例年より遅れていると言う。

梅雨に似合う紫陽花の花も、美しく咲いている。

002_640x480

005_640x480

中学校への読み聞かせ、午後からは放課後教室と学校へのボランティアの合間は家の中でゆっくり過ごす。

読みかけて、そのままにしていた本を読んでいるうちに、ウトウトと眠くなる。

先週は畑仕事が忙しく、いささか疲れていた。

晴れたら梅を採る作業が待っている。

006_640x480_2008_640x480_3

夕食後、オリンピックバレーボール男子最終予選・韓国戦をハラハラしながら見ていた。

フルセットで韓国に勝利。

TVは、見ないと言いながら、先のサッカー・オマーン戦といい、五輪出場権をかけての戦いは面白いし今、スポーツから目が離せない。

 

 

後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




緑深く

今日は所用で高知市へ。

同じく泊で出張する夫の車に同乗させてもらった。

自分が運転していると見えない景色も楽しむことができる。

山々は緑が濃くなり、田んぼの早苗に風が渡っている。

2時間半というドライブも家にいるときには交わさない会話もできる。

少しの時間だったが、友人にも会えた。

004_640x480

030_640x480

帰りは久しぶりにJRに乗る。

本も持って行っていたけれど、1ページ読んだだけで寝てしまった。

緑の中にいると街の喧騒に疲れる。

高知市あたりが住環境はよいし友人たちも多くいる。

でも今の自分は、やはり利便性が悪くても、住んでいるこの地域、この場所が落ち着く。

雨になったので、帰り際に見た川には蛍は出ていなかた。

 

 

後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




迷惑掛け合い「共立」を

6月最初の日曜日は朝から一斉清掃の日。

久しぶりに会う人たちと和やかに歓談しながら花壇の草ひきに参加した。

積極的に参加することでコミュニケーションの輪が広がる。

作業が終わった後、ジャガイモを掘り、麦を刈った。

今日はよく働いた1日だった。

001_640x480

002_640x480

高知新聞に連載されているコラムおいしい子育てが面白い。


迷惑掛け合い「共立」を

今春、保育士になった学生が言った。「いかに迷惑を掛けないかより、いかに皆で迷惑をかけ合うか、と考える社会の方がレベルが高いですよね」

 働く親は、子供との時間がほしいと焦る。でも余裕のない職場で自分だけ休めない。早く帰れない。そう考え始めると、子育てと仕事の両立は無理かな、やっぱり仕事辞めた方がいいかな・・・と考えてしまいがち。

ところが、子育て専業にもリスクがつきまとう。子供も親も生身の人間。向き合うばかりだと疲れる。

ーーーーー中略ーーーーーー

安心できる絆が、親子の間に一本欲しい。それは終始一緒に過ごさなくてもできるから。

そこで、子育てと趣味や仕事との「共立」のおススメをしたい。子育て中だからこそ、子育て以外の何かによって、逆に子育てが新鮮になる。あるいは仕事に向けるエネルギーが案外気持ちのバランスを保ってくれているかもと思いをめぐらしてほしい。

親も誰かに子供を預けたり、迷惑を掛けたりすることを経験して大人になる。人に迷惑を掛けないよう育てられた親世代、つながることが難しく孤立、なんて避けたい。子育てとは「子育ち」に親が伴走させてもらう時期。その時期を、皆で迷惑掛け合いながら、質のいい社会を作りましょう。

・・・とあった。

自分の子育ての時を思い出す。

子供と一対一で向き合うと精神的にもゆとりがなくなる時があった。

仕事を続けれこられたのは、我が家は核家族ではなかったこと。

舅が優しい人で、大変なときに、いつも助けてくれた。

色々な人に迷惑を掛けながらの子育てであったと思う。

これからは、その迷惑をかけられる側に回ってサポートをと思い、ボランティアに励んでいる。

 

 

後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




初夏の四万十川

曇天の今日、久しぶりに四万十川の上流、岩間に行っていた。

昨年、農業セミナーでご一緒したメンバーが「道の駅・四万十茶屋」をオープンした。

オープニングセレモニーは丁度、徳之島参拝と重なり、参加できなかった。

少し遅くなったけれど、アレンジメントしたお花を持って伺った。

セミナーに参加した昨年9月には建設地だけ決まっていて、その後のことはこれから・・・と話されていた。

10月、グループで積極的に活動されていたリーダーの男性が亡くなられ、その後もう一人の女性が、グループをまとめオープンの運びとなった。

短期間でここまで、よく頑張られたと思う。

その情熱に敬意を表したい。

003_640x480

岩間沈下橋を眼下に眺められる立地のよい場所に「四万十茶屋」はあった。

004_640x480

006_640x480

ネーミングに岩間沈下橋に臨む日本一小さい道の駅「四万十茶屋とある。

アットホームな店内も手作りの軽食やお土産が置いてあった。

001_640x480

彼女の頑張りに、私自身元気をもらい帰路についた。

途中から雨に・・・。

どうも四万十川に行くと雨と相性がよいらしい。

 

 

道の駅「四万十茶屋」

 〒787-1321

 高知県四万十市西土佐岩間383

 営業時間 AM8:00~PM4:00(金、土、日、祝日)

 

後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




備え

今日から6月。

2012年もターニングポイント。

もう長い間、雨が降らない。

四国の梅雨入りも間近なのだろうか・・・。

夏になると、お呼びでない台風もやってくるし、今年は南海地震対策の備えについても関心がある。

001_640x480_2

002_640x480

新聞やTVで大飯原発再稼働にむけて政府、設置県、周辺県等と話し合いを続けていて、あれだけ反対していてた大阪、橋下市長も一転稼働を受けいれる声明を発表した。

006_480x640


原発稼働について政府のコメントには、釈然としない。

確かに、電力不足は生産ラインや働く人の職場にダメージを与える。

家庭でも、暑い夏をどう過ごすのか、節電対策等、具体的に取り組む必要があると思う。

原発稼働を手放しで喜べない。

政府も、もう少し国民に納得できる形で説明してほしいし、私たちも批判するだけではなく、生活の中で節電に心がけたい。

我が家では今年も西側の窓にゴーヤカーテン、クーラーより扇風機、打ち水、簾、風鈴と夏を演出する予定。

・・・とここまで書いたら夫が「夜更けてのパソコンは不用意に電力を消費している。早寝、早起きが一番」と言われ、返す言葉もなかった。

ホントはそうなんだけど「昼間、仕事以外でパソコンに向かうのは時間がもったいない」と貧乏性ゆえに悩むところでもある。

 

 

後まで読んでいただきありがとうございましたnotes

↓ブログランキングに参加しています↓ 

 よろしければ応援お願いしますclover       

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ