« 夏の元気・ゴーヤジュース | トップページ | だってだってのおばあさん・その後 »

フェルメールの名画

フェルメール展が東京で開かれていて、行列ができるほどの人気だと新聞で読んだ。

17世紀の画家、フェルメールの現存している作品は37点。

その中で「真珠の耳飾りの少女」の絵が人気だと言う。

数日前「青いターバンを巻いた少女」をTVで見た。

夫がつけっぱなしにしていたTVが面白く途中から見てしまった。

小間使いの少女をモデルにして絵を書くことを決心した画家とその家族と少女の静かでそれぞれの心の葛藤をストーリーにした物語だった。

黒の背景に振り向いた少女の清らかで憂いに満ちた顔が印象的。

少し開いた口元が謎めいている。

Mono130121_pho01_3

マドリッド・プラド美術館でゴヤの「裸のマヤ」を見た。「着衣のマヤ」は貸し出し中だった。

その「裸のマヤ」の解説を現地添乗員さんがしてくれた。

あの時代、貴族の女性は裸体画を書くことは許されず、首から下が違うモデルさんという説もあるという。

そう言われると首から上と下がバランスが悪いようにも思う。

絵画に物語があるとしたら、また感じ方が変わる。

ベストタイミングで映画を見たこともあり、近ければ観に訪れたいが東京は遠いcoldsweats02

 

 

ブログランキングに参加しています。

よろしければ応援のクリックお願いしますhappy01

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




« 夏の元気・ゴーヤジュース | トップページ | だってだってのおばあさん・その後 »

コメント

>michixxxさん、今日も暑かったですね。。
この絵は、誰もが知っているほど有名ですね。
奥さま、油絵を描かれているんですね。
絵のお上手な人にあこがれます。
お兄様もきっと、この美術展に行かれたのでは・・・・。
行列ができるほどの人気だとか・・・。
東京も近ければ出かけるのですけど(;一_一)
いつもありがとうございます

>kiwattiさんは関西圏だから京都とかで見る機会があるんですね^^
フェルメールの絵は少ないからよけいミスティリアスなんでしょうね。
実物、見てみたいですね。。。
いつもありがとうございます

フェルメールは作品が少なく、どれも有名ですね。
そしてそれぞれに物語がありそうな気がします。
京都へ来た時はフェルメールの手紙を集めて展示してました。美術館の学芸員の女性が現地に飛んで手紙の蒐集と展覧会の企画についてをTVで負い掛けてました。
ドラマをTVでやってたのですか?見たかったですね。
大塚美術館では何度も見ているのですが…。

こんばんは。

良く見る絵ですね。
本物を見て見たいです。

妻が油絵をやっているので、絵画にも興味が出て来ました。

先日実の兄が東京に見に行ったけど混雑していて見れなかったいっていました。。このフェルメール展だったのかな・・。

いつもありがとう。

>ponsunさん、こんばんは
今日も猛暑日でした。
人もほめられると自信ができ、100%以上の力が発揮できるので絵画もそうなんでしょうね^^
見られて感動して、絵画もエネルギーがでるような気がします。
いつもありがとうございます

>junchanさん、こんばんは
本物のパワーはすばらしいと思います。
この絵は、とても有名で、誰でも知っている絵ですものね^^
でも、少女の憂いのある顔の雰囲気に惹かれます。
いつもありがとうございます

>toriさん、こんばんは
東京も暑いでしょうね^^’
フットワークは軽いほうだけれど、東京には夏は避けたいですね^^ 
ネット検索してみたら9月まであるそうですよ^^
いつもありがとうございます

>fumiminaさん、こんばんは
「青いターバンを巻いた少女」の映画見られたんですね^^
とても面白かったです。
フェルメール展は女性のファンが多いそうです。
わかるような気がします。
本当に長い時間を経て、見られることは幸せですね^^
描かれた後の歴史にも興味があります。

ゴーヤジュース、是非作ってみてください。
夏が苦手な私も、元気です^^

>としあきさん、こんばんは
ヨーロッパにいくと宗教画が多く、有名な画家の絵をみることができました。
私たちの馴染みの有名な画家の絵は、見ているとくらくらします。
やはり、本物のエネルギーが伝わってくる感じです。
いつもありがとうございます

>ポルタさん、こんばんは
まさにおっしゃる通りです^^
長い歴史のある絵はロマンを感じます。
時空を超えて・・・ですね^^
いつもありがとうございます

yumeさんこそ、フットワーク軽そうだし
来てしまったらどうですか?東京

暑っいですけどね^^;

フェルメール展か〜
やってるのは知ってましたが
いつまでなんだろう??

こんにちは

「真珠の耳飾りの少女」本物は見た事無いです~
でも何年か前に
大塚美術館でタイル画の「真珠の首飾りの少女」をみました。
複製画でも印象に残っていますので・・
本物は素晴らしいのでしょうね
たまには本物を見てみたいです♪( ´▽`)

一枚の絵が・・
描かれる過程に様々なドラマ・経緯がある。

描かれた絵は・・
完成と同時に一人歩きをはじめる。

見る人ごとの気持ちがそこに映し出されます。
時空を超えて

名画の名画たる所以(*^_^*)。

おはようございます。yumeさん、

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、一度見たら忘れられない大好きな絵です。オランダの画家ですよね。
ゴッホやレンブラントなどすごい画家が輩出された国です。
絵を見に行きたくなりました。

裸のマヤ、そういうことが有ったのですか。
初めて知りました。


青いターバンを巻いた少女

とても有名な絵ですね
いろんなところで見かけるので、
目に焼き付いてしまいました

ありがとうございます

こんばんわ♪
私も、その映画観ました。
やっぱり・・・何気なく・・・
面白かったです。
。。。で最後にこの画を描いた人の映画であることを
知りました。
私でさえ、見たことがある有名な画ですよね。

ゴーヤジュース。。。試してみようかな。
体によさそう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/46462090

この記事へのトラックバック一覧です: フェルメールの名画:

« 夏の元気・ゴーヤジュース | トップページ | だってだってのおばあさん・その後 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ