« 誇れるもの | トップページ | 寄り添う »

オヤジ弁当

   
                            
               
いつも行っている高知市の「ソーレ」から毎月届くメールマガジンが面白い。

その中のリレーエッセイより

002_640x480


オヤジ弁当

妻が「外で働きたい」と言い出した。長男が中学1年、長女は4年生の時のことだ。子育てにも金がかかり始めた頃である。私には何の異存もない。もとよりしがないサラリーマン。

バブルはとうに弾け、給料が下がることはあっても上る見込みは無い。「ひとつ、お願いがある・・・」と彼女は切り出した。当時の私は会社では中堅どころ(だったと思う)。確かに仕事は忙しかったし、もともと嫌いじゃない(むしろ酒好き)から夜の付き合いも多い。午前様もしょっちゅうだし、休日は天気が許す限り、趣味の釣り三昧。子どもとの接点も段々少なくなっていることには気づいていた。
 

働き始めると妻が一番早く家を出るらしい。「ついては、あなたに、家族の朝食と息子の弁当を頼みたい」とのこと。これまで、家の事は全部押しつけて、好き放題にやってたんだから、NOとは言わせないわよ!妻の目はそう言っていた。

「念のために言っとくけど、ただ作ればいいんじゃなくて、私が帰った時に気持ち良く家事ができるような状態にしとかなきゃダメよ」。妻はかなりの潔癖症だった。使った食器は当然食器棚に戻し、排水ネットは取り替えておかなければならないそうだ。 
 

そうして私の朝食・弁当担当の日々は始まった。 6時半起床。とりあえず定番の卵焼きからスタートだ。息子の弁当のついでに妻と私の分も作ることにした。娘が中学に上がると、日に四つの弁当づくりが日課となった。この頃の炊飯量は一日8合だった!
 

帰宅後の冷蔵庫チェックが日課になった。買い物は妻任せだから、チェックしておくと弁当作りの効率がぐっと上がるのだ。時間が有れば簡単な下ごしらえを行い、3日分くらいはあらかたの内容を決めておいた。ほとんど冷凍食品の類は使わなかったが、残り物を二次加工してオリジナル!と称したものを入れて、私以外から大ブーイングが有ったのも今となっては良い思い出だ。

娘からはマジ顔で、「絶対、焼いた鯖とか入れんといて!」と釘をさされたし、息子からは「弁当から汁が出て教科書がぐちゃぐちゃになってしもたあ!」と責任を転嫁された。もしかしら、やたら茶色っぽいおかずばかりで、彼らは学校で肩身の狭い思いをしていたのかもしれない。一度くらいは蛸さんウィンナーでも入れてやれば良かったか…。
 

弁当作りは娘が高校を卒業するまで、のべ9年間続いた。弁当を作り、朝食を共にするうちに、友だちや学校の話もちらほら出ることもあった。

子供たちの抱えている悩みやストレス解決の役には立たなかったと思うが、弁当・朝食作りは、私にとっては子どもたちとの貴重な接点でもあった。よく、不満も言わず(言ってたかもしれないが)オヤジ弁当を持って行き続けたもんだ。
 

子供たちは社会人となり、私も妻も働き続けている。弁当を作ることは無くなったが、相変わらず朝食の担当は私だ。大学を卒業し、この4月から社会人となった娘は自宅から出勤している。「また弁当作ろうか」って半分冗談で言ったら「うん」と言う。早速新しい弁当箱を買ってきた。きっとお昼代を浮かしてデート代にでもするのだろう。「ま、いいか…」。私の弁当作りが再開された。

003_640x480


※近年、仕事も子育ても楽しみ充実させたいという男性が増え、注目されています。その一方で、6歳未満の子どものいる日本の男性が1日あたり家事関連に費やす時間は、合計で1時間、うち育児は33分というデータがあります。(内閣府「平成24年度男女共同参画白書」より)

ブログを巡っていると「男の料理」を目にすることがある。

「イクメン」という言葉も馴染みになったが、実際、こんなお父さんが身近にいると素敵ですねhappy01

 

 

ブログランキングに参加しています。

よろしければ応援のクリックお願いしますhappy01

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




« 誇れるもの | トップページ | 寄り添う »

コメント

>michixxxさん、こんばんは
コメントありがとうございます
michixxxさんもお料理がお好きなんですね^^
でも継続することは大変ですよね。
私も作るのは苦になりませんが、たまに嫌なときもありますよ。
料理は無から有にする作業で冷蔵庫にある、または食材を組み合わせてレシピを考えるのも頭の活性化にいいのでは・・・と思います。

こんばんは。

オヤジ弁当なかなか出来るものではありませんね。
9年間とは・・もう感心するばかり。

たまには作ったことがありますが、急きょ作らなければならない時だったよ。

料理は楽しいし、作るのも好きです。普段から厨房に入る事は大事かも。

いつもありがとう。

>fumiminaさん、今日もまた楽しみな試合がありますね^^
なでしこが勝てたので、男子も応援しましょう。
今年はオリンピック番組から目が離せません。
オヤジ弁当のような夫さんは余りいないと思いますが、実際いらっしゃるんですね。
驚きとともに敬意を表したいです。
いつもありがとうございます

>ponsunさん、いつもありがとうございます
なかなか出来るものではありませんよね・・・。
継続することは難しいですが、彼はそれで家族とのコミュニケーションづくりが出来たのでしょうね^^
素敵なお話です。

>ポルタさん、こんばんは
持続することは難しいのに、9年間も続けてこられたのは、妻にやらされている→楽しんでやる→コミュニケーションづくり・・・が必然的にできたのでしょうね。
素敵なお話です。

>jnchanさん、子供が中学生ころになると夫はそれなりに会社や社会で中堅どころとなり、家庭にいる時間が少なくなります。
問題が起きてからとやかく言うのではなく、その前の対処が出来たお話ですね。
奥さまも勇気がいる行動です。
素敵なご家族ですね^^

おはようございます。

朝から良いお話ですね~。
仲の良い家族なんでしょうね(^_-)-☆

娘のお弁当を作ってた頃を
懐かしく思いだしました!(^^)!

お呼でしょうか・・
ただし前半部分のみ・・オヤジ:汗。

偉い方です。
料理がいくら好きでも中々出来ません。

勲章を上げたいくらいです(*^_^*)。


9年間のオヤジ弁当

お話を伺っているうちに、
なぜか目頭が熱くなってきてしまいました


ありがとうございます

こんばんわ♪
オヤジ弁当の記事・・・途中までは
我が家と似ていたんですけど・・・
とても、弁当・朝食は・・・
この記事書いた方、すごいですね。

イクメンの元祖ですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/46569782

この記事へのトラックバック一覧です: オヤジ弁当:

« 誇れるもの | トップページ | 寄り添う »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

サイドパーツ