« ストーリーテリング | トップページ | つながるアレンジメント »

「フリーランス1年生」・リレーエッセイより

  
                        
               
 晴れているものの湿気が多く、蒸し暑い。

8月も今日で終わり。今年の夏は雨ばかりだった。

東日本ではカラカラお天気だと言うし、最近地球環境がおかしくなっている。

9月も暑い日が続くと言う。

夜、外に出ると月がきれいだった。

004_640x480


毎月末来るメルマガのリレーエッセイを楽しみに読んでいる。

今月のエッセイは

「いま、働いてないんだっけ?」
 「専業主婦生活か。いいね」


 昨年秋、私は、生活情報紙の記者の仕事をやめて、フリーライターになった。
その後、それを知らせたはずの友人知人からこう言われ、戸惑ったことがあった。

 あれれ、なぜ「働いてない」なんだろう? 確かに、正社員時代の労働時間には及ばないかもしれないが、私は仕事なら、ほぼ毎日している。取材に行く日もあれば、自宅で原稿を書いたり、アポ取りをしたり、校正したり。もしかして、フリーライターの「フリー」という語が、暇そうな印象を与えるのだろうか? ライター業ほど「貧乏暇なし」という言葉が似合う稼業はそうないというのに!

 などと最初は思ったものだが、最近、ようやく事情がわかってきた。冒頭の言葉を発したのは、大学卒業後、ずっと企業の正社員として働いてきた人たちだった。
彼・彼女にとって、「働く」という言葉には、「職場に足を運ぶ」イメージがしっかりと刷り込まれているのだなと発見した。教師は学校へ、警察官は警察へ、レジ打ちのパート職員はスーパーへ。こんなふうに「職場」があれば、わかりやすい。
自宅にいる私は、確かに「わかりにくい」働き方をしていると思う。

 そんな働き方を選んだ理由の1つは、結婚したことだった。たまたまなのだが、当時の職場で、私の結婚前後にスタッフの異動や退職が相次いだ。その結果、かつては10人近くでやっていた編集業務をその半数以下の人数で回す日々が、新婚生活とほぼ同じくして始まった。家事の半分は夫がしてくれているとはいえ、毎日私のほうが帰宅が遅く、休日出勤もあって、食事が作れるのはせいぜい週2日。しかも、そこまでやっても私の方が収入は少なく、肩身が狭い。おまけに体調も崩していた。

 この時点で私は30代半ば。この生活を続けていたら、出産という選択肢ははなからない気がする。もし仮に出産できても、この職場に幼子を育てながら働く余裕はあるだろうか? ないという結果も見据えて、今から別の働き方を確立しておこうか。フリーになれば取引先が増やせる分、仕事の幅も広げられる。健康に気を付けて、できることを増やしていく努力さえ惜しまなければ、定年もなく、大好きな書く仕事がずっとできるかもしれない! 長い目でワークライフバランスを考えると、今が決め時ではないかと感じた。自分の思いつきにワクワクしながら、決心を固めた。

 過去に非正社員時代も経験しているので、フリーに転向すれば、収入面での不安定さは避けられないことはわかっていたつもりだった。夫と、そして自分の貯金とも相談した。しかし私は、もう一つの不安定さについては無頓着だったなぁと思う。
「職場がない」ということは、たとえば「新聞社で情報紙の記者をしている」といった、自分の仕事を一言で説明できる楽ちんさを失うということで、その結果、時には「働く女」だと承認してもらえないこともあるということ、そして、それは思いのほか心細いということだった。

 ワークスタイルが多様化している現代、「一言では説明しづらい」仕事や働き方は増えていると言われている。これは結婚や子育て、親や配偶者の介護をしながら働いていく男女にとって、より各々にフィットした選択肢が増えるということだろうから、チャンスだと思う。女性の社会進出、男性の家事・育児参加といった「男女共同参画」的視点から見ても、多様な働き方があるというのは大切なことじゃないだろうか。

 しかしながら、イクメン・カジダンという言葉が世間に浸透し、「結婚・出産後も正職を辞めない女性を増やそう」といった世論を後押ししているのに比べると、働き方の多様性に関しては、まだ先は長いような気がする。周りの受け止め方も、そういった働き方をしている人(もちろん私を含め)の伝え方も……。それがフリー生活1年目の実感だ。

 しかし、だからこそ、この働き方を手放さず、機嫌よく仕事をしていこうと思っている。一言で説明できないのなら、何度でも伝えていけばいい。最近では、ある意味、それも自分の仕事のような気がしている。ちょっと気負いすぎかもしれないけれど。

一流企業に就職したとしても、その企業そのものが危うい場合もある。

その場所に行って、労働し、報酬をもらうというシステムから、これからの働き方は多様性が求められる。

フリーランス1年生の彼女の生き方が社会に認められる日が早く来ればいいと心から思う。

 

 

ブログランキングに参加しています。

よろしければ応援のクリックお願いしますhappy01

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知 その他の街情報へ
にほんブログ村




« ストーリーテリング | トップページ | つながるアレンジメント »

コメント

yumeさん、おはよう。

フリーランス、僕の友達にもいますよ。
僕なんか何の才もなくぐうたらですから組織勤め。
会社員なんてそんな感じかしらねぇ。
企業ってやっている事は違っても利益の追求ですから。
そう言う点では夢がないのかな。グローバル化以降。

大企業ほど福利厚生は完備されていますよね。
でも実際大手と言えども5年先は見えない感じかな。
経済成長だけがって時代は終焉かもしれませんものね。
売って売って利益を確保しても株主の為ですしね。
実経済より投機マネーの方が8倍以上の世界だから。

人が働く目的が生活の為だけって言うのも寂しい。
されどそれが現実かしら。スローライフっていい言葉。
出来る人は企業家、フリーでやっていく方が良いかな。
どちらにせよ自己責任って事なんですけどね。

ではでは、

junchanさん、以心伝心ですね^^
ブロともさんとの心のきづなって本当に大切です。
嬉しくなってきます。
月と思えば月を見る・・・まるで万葉人のようで^^
これからもよろしくお願いします。
認められるまでが大変なんですよね。
いろいろな人生がありますしいろいろなお仕事の形もあっていいんだと前向きに受け止めます。
いつもありがとう♫

>カモミールさん、こんばんは
いろいろな人が居ていろいろなものの見方があるんでしょうね^^
私はフリーランスの仕事はこれからの仕事のありようだと前向きに受け止めています。
ただ、言葉で傷つくこともあります。
言った人は何気な言葉だと思うのですが・・・・。
カモミールさんみたいな人がたくさんいらっしゃったら世の中いいんだけれど・・・。
いつもありがとうございます

>michixxxさん、こんばんは
同じように同じ月を見る。
しかも距離は遠いところで・・・。
不思議ですね^^
ご縁としか考えられません。
これからの仕事のありようなんでしょうね^^
いろいろな働き方もOKですが、認められるまでが大変でしょうね・・・いつもありがとうございます

>fumiminaさん、こんばんは
昨夜がブルームーンだったのですね^^
月に祈らなかったけど、しばし見とれました。
今日はまた雨です☂
フリーライターも才能しだい。
売れるまでが大変でしょうね。

>としあきさん、こんばんは
9月始めはまた雨です。
それでもエアコンなしに過ごせます。
無理しなくても暑くない♫
虫の声も賑やかです
少しずつ秋になっていますね^^
いつもありがとうございます

>ポルタさん、こんばんは
本当に?・・・って思いますね^^
仕事の有り様も今から変わって来ると思います。
これかは自分流が大切かも・・・^^
いつもありがとうございます

こんばんは。

昨夜、同じ月を見たのですね・・・。
こちらも本当に蒸し暑いです。何時になったらカラッとした天気になるのかな。。。

最近良く聞くフリーランス。仕事も多様化され、彼女みたいにフリーで働くことは素晴らしいね。
才能と努力があればこそなんでも出来ますね。
これからもそんなスタイルも増えてくると思うよ。

いつもありがとう。

こんばんは。

いつもありがとうございます。
このエッセイのような会話はよくありますね。
価値観の問題だと思います。
私は働いていますけど、お家にいらっしゃる立場の
方に何も思いません。それぞれ家庭の事情もあると
思いますからね。フリーランスでお家でお仕事されている人も
知り合いにはいます。たくさんお仕事が増えれば
会社に行くより収入は増えますし、時間の拘束もないのがいいですね。
それに定年がないからずっと出来ていいなと思います。

(*^_^*)

こんにちは

昨日雨戸を閉める時に・・
奇麗な月を見てyumeさんも見ているだろうなぁ~と思ったので 今日のお月さまの写真は嬉しかったです(^_-)-☆

エッセイの記事興味深く読ませてもらいました。
認められる事を私も願ってます(*^^)v

ブルームーン
願い事は叶うのでしょうか:汗。

お仕事をされているだけでも素敵です(*^_^*)。

おはようございます。9月最初の朝を迎えました。

丸い月が綺麗に出ています。
少しずつ空気が澄んできてるようです。
秋の足音が少しずつ近づいているようで、
嬉しくなって来ました(^-^)。

こんばんわ♪
yumeさん、今日はブルームーンですよ。
拝んだ人は、幸せになれるそうですよ。

フリーライター。。。
一番うらやましいお仕事ではないですか。。。
もちろん、才能が第一ですけれど・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/46904128

この記事へのトラックバック一覧です: 「フリーランス1年生」・リレーエッセイより:

« ストーリーテリング | トップページ | つながるアレンジメント »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

サイドパーツ