« 大人のおとぎ話・ラストシンデレラ | トップページ | 高知市周辺での1日 »

男性の介護力

今日で5月も終わる。

毎月末、届く「ソーレ」メールマガジンのリレーエッセーが面白い。

011_640x480_2


青山クリニック院長 青山裕一さんの「在宅医療から学んだ事」

 私は岡山大学を卒業後、しばらく大学病院のICUで勤務しました。その後、高知市の救急病院に出向し、それが高知とのご縁の始まりです。

 救急病院に約二年間勤務、ちょうど暴力団抗争の真っ只中だったためピストルで射たれた人や、はては酔っ払いのオンチャンまで、様々な救急患者さんを治療して来ました。

 その後、郡部にある無医村の医師が急に不在となり、次の医師が見つかるまでのつなぎを頼まれ赴任しました。その診療所での仕事と高知の田舎の生活が私の身の丈にあっていたので、一年ほどの予定が15年もの長きに渡り無医村の診療所で働くことになりました。

 現在は、出身地神戸に帰り、在宅医療専門の診療所を開業して14年になります。

 さて、無医村時代は、介護保険制度はありませんでしたが、通院が困難な患者さん達に定期的な往診(今で言う在宅医療)を行っていました。そのため、私の在宅医療の経験は30年間に及びます。そこから学んだ事をお話ししましょう。

 郡部の村では高知市のような都会と違って、地域の方々が親密な関係を保ちながら暮らしておられました。近所の人が病気になったら、みんなで介護して支えあうのです。誰かが入院したら、その地区の人々はお宮さんにお百度参りをするほどです。そこでは孤独死という言葉は存在しません。

 しかし、都会では近隣の関係が疎遠となり、また核家族化も進んでおり、家族の誰かが倒れたら、家族だけで介護しなければなりません。男性が倒れた場合、介護役は妻や嫁、娘が担うことが大半です。

 女性が倒れた場合、大抵は施設入所となります。 

なぜ男性は介護役を勤められないのでしょう? 男女平等となって70年近くなりますが、男性の介護に対する意識は低いままです。 ひとつには教育の問題があります。現在、介護する方々は80歳前後の人が多く、戦後教育をあまり受けていないのです。かつては、「男子厨房に入らず」などという意識が強く、いざ介護しようと思っても、男性には料理、家事がまったく出来ません。今は、介護保険制度ができ、ヘルパーさんの助けを借りることも可能になりましたが、やはり家族が支えなければならない家事は多くあります。

 では、戦後教育を受けた世代の男性はどうでしょう。確かに、家庭科教育がはじまり、料理、裁縫も習いましたが、なかなか実際の介護力になるには程遠いものです。 

一方、今後ますます老人人口の割合が増え、男性の介護力を高める必要性があります。そこで提案ですが、年退職して比較的時間に余裕が出来たころから、家庭内で男性に家事分担をしてもらい、家事能力を高めることはいかがでしょう。夫婦が一緒に家事をすることで新たな絆も生まれます

退職後ぐうたら亭主となり、果ては粗大ゴミ扱いされるより、よほど楽しい老後ではありませんか。65歳前後だと、連れ合いを介護する実感が湧かない方も多いでしょうが、備えは早いほど良いものです。土佐のいごっそを決め込まないで、明日からでもキッチンに立ってみてはいかがですか?

001_640x640

我が家は、勿論戦後教育組ではある。

最近、良く家事を手伝ってくれる。

土佐の「いごっそう」は褒めすぎてもいかず、さじ加減が大切である。

料理は余りしないけれど、掃除、洗濯も上手。

何より、季節ごとの衣服の収納は自分でしている。

決め言葉は「私が先に逝った場合、後に残る可能性もあるよ、自立が大切」だった。

一人っ子にしては、まずまずだと言ったところだ。

点数をつけるとしたら80点ぐらいかなと思っている。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

« 大人のおとぎ話・ラストシンデレラ | トップページ | 高知市周辺での1日 »

コメント

>kiwattiさん、ciscokidさん、ponsunさん、ポルタさん、せぴあんさん、toshio1950さん、bikoさん・・・コメントありがとうございます。
今、高知市にお泊りしていて、pcも借り物です^^; なので家に帰って改めてコメントします。
ありがとうございました。

我が家の夫は昔も現在もワーカホリックの傾向があります。だから家事も子育ても私一人で担ってきました。難聴で外で働くことの難しい私には、これが好都合な面もあったのです。が、これからお互い高齢になってくると、家事も手伝ってもらわないとと思います。yumeさんのところは理想的ですね。

あっはぁ~私は大丈夫なんですよ、
仕事の無い時は主夫をやってるんですからエッヘッヘ (゚σc_,゚o)+゜・♪
料理洗濯掃除家事全般なんでも出来るんですよ、
年上のカミさんに、何でも出来る様仕込まれましたアセアセヽ(;´Д`A・゚・。

入れ替えも勿論自分でやります(;´^ω^) ウ、ウン

うちの旦那さんも、手伝ってくれるつもりはあるようですが
なんせ不器用で・・・うふふ。
もう一度子どもを育てるつもりでやらないと駄目ですね~。
でも私の方にも、そんなゆとりがないこともあります^^
お料理のできる男性ってかっこいいですよね。
芸能人を見ていても、それだけで私の中で
ポイントが上がります♪

こんこんと諭されて・・
狐になってしまいました:汗。

私の友人や親戚の皆さんは・・全員料理をします
その中で私だけ・・できないのです。
今日のブログ・・
背中を押された感じもします(*^_^*)。


料理、家事できる男性が、
徐々にではあるものの、増えているのでは
ないでしょうか

一方で、バスやタクシーやトラックの運転をされる
女性も増えています

自然の流れとして、男女ともに同じことに向き合う世の中に
向かっているような気がいたします


ありがとうございます

我が家は昔から日本とアメリカにばらばらに住んでいました。家族5人そろって住んだのは多分3-4年しかありません。ですから自分の事は自分でする様に自然となり、大学を卒業してからは自宅には戻らず自立しましたのでお蔭様で殆どの事は出来るようになりました。料理のレパートリーはそれ程ではありませんが飢えるような事はありません。色々自分でやっといて良かったな~ぁって感じです。

いやあ、良いご主人ですし、『私が先に逝った場合、…』とは良い亭主教育法ですね。wink
私は単身赴任時代に一応「自分のことは自分で」やってたのですが、現在は粗大ゴミ予備軍の恐れが大ですね。coldsweats01
実はカミさんが先に逝ってしまうことは想定外なんです。 もしそうなったら…、困ります。
ウーン、カミさんの介護ですか、考えておかないといけないことなんでしょうね。
困った、コマッタ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/51858049

この記事へのトラックバック一覧です: 男性の介護力:

« 大人のおとぎ話・ラストシンデレラ | トップページ | 高知市周辺での1日 »

ランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ