« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

宮崎にて

古仁屋での慰霊祭を済ませ、今日は帰路の旅。

奄美空港まで1時間半かかる。

空港の近くに前から行きたかった「田中一村」美術館があり、時間があったので行っていた。

Img_2013063046798

<一村美術館内部>

Img_2013063020801

Img_2013063036571


以前、NHKの日曜美術館で一村の画と放浪の末、奄美に行き着いた、その生き方が紹介されていて、興味があった。

彼の死後、その才能が見出された。

奄美の自然、植物、魚や鳥など彼独特の手法で力強い画に惹かれた。

Img_2013063012101

<奄美空港の空>

飛行機は鹿児島上空が悪天候のため、1時間以上遅れ、ようやく乗ったJRも宮崎から先が大雨のため遅れていて、フェリーに間に合わなくなり、やむなく宮崎に一泊しています。

川のほとりにある宮崎国際観光ホテルです。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

島をあげての

鹿児島からの船旅は揺れも少なく快適だった。

徳之島への着岸地点3キロ沖合いは富山丸が沈没した場所。

その海域近くでは8千トンの波の上丸が汽笛を鳴らし大きく旋回する。

海に向かって「お父さん~会いにきたよ」と呼びかける場面に、いつもの事ながら胸がいっぱいになり涙があふれる。

Img_0308_640x480

今年は富山丸参拝50周年の節目の年。Img_0311_640x480_2_4

Img_0323_640x480

300人の参拝団の多くは高齢化していて、今回が遺族会として最後の参拝となる。

その中に孫と見られる若い人たちの参加が多かったのは嬉しい。


Img_0324_640x480

慰霊塔のある「なごみの丘」で参拝し、その後のスケジュールをこなしてホテルに着いたのは午後9時過ぎ。

湿度が高く蒸し暑さに少々疲れ気味で、徳之島の1日目が終わる。

島を挙げての歓待を受ける。

それにしても、小学生の島歌は見事であった。

Img_0337_640x480

Img_0341_640x480

2日目、瀬戸内町にフェリーでわたり、ここでも慰霊祭の行事、懇親会があり早めのホテルにチェックインしています。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

 

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

桜島

今、沖縄行きフェリーの中です。

宿毛→佐伯 佐伯から日豊線で鹿児島へ。

のんびりゆっくりの旅の始まり。

日ごろ時間に追われた生活をしているので、フェリーの中、JRの中ではほとんど眠っていました

鹿児島の象徴、桜島は雲に覆われていましたが、錦江湾からはっきり、その姿を見ることができ感激!!

Img_0288_640x480

Img_0285_640x480

Img_0290_640x480

フェリーはリニューアルされていて参拝団260名がそれぞれの部屋に入ってくつろいでいま
す。

ここはロビー。

すぐそばに、鹿児島弁の若い男性たちが談笑しています。

その土地の方言っていいなぁ・・・と思いながらブログを更新しています。

明日、早朝、船上慰霊祭があります。

ゆれないことを祈りつつ・・・。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

 

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

向きあう

夕方、やっと晴れた。

1週間ぶりの青空、ふく風が涼しい。

001_640x640


振り返ると、1年の半分が終わる。

この半年、いつもよりもバタバタと日々を暮らした感じで、活動が多岐にわたっていて達成感は余りない。

点から線につながることを、いつか夢見て、頼まれごとをクリアーしていこうと思っている。

明日から奄美大島に行ってきます。

昭和19年6月29日、奄美大島・徳之島沖で、沖縄戦線へ向かう四国・九州の混成部隊を乗せた富山丸が魚雷で撃沈され、沈没。

積んでいたガソリンに引火、3704人が敢え無く戦死した。

その場所に遺族らが毎年・慰霊の旅を続けていて、私も今年で5回目の参拝になる。

お互い忙しく夫とも向き合う時間がなかった。

長い時間を共にする旅で、穴埋めしようと思っている。

002_640x640


※明日から4日間、留守をします。

いつも、拙いブログにご訪問いただきありがとうございます。

ケータイから投稿するかもしれませんが、帰ってからまたご報告します。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

 

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

ときめく心・中学生の相聞歌

久しぶりに近くの中学校への読み聞かせにいっていた。

今日は、2年生のクラスを担当。小学校の時から放課後教室で過ごした、あの頃より身長も高くなり、心なしかみんな大人しくなっている。

そろそろお年頃なのかな?・・・と思った。

002_640x480


昨日の高知新聞「週刊中学生」読もっかより

ときめく心・中学生の相聞歌

“憧れのあなたに言われた「好きでした」意味もないのに走って帰る”(中3・女子)

片思いが一番かも

遠い憧れの人から「好きでした」なんて。

あまりの驚きに走らずにいれれなかった。そんな作品だとずっと思っていました。

「意味もないのに」と書いているけど、多くの「大人」はきっと同じ解釈をすると思います。

映画でも、恋する男女はよく走ります。私の好きなロバート・デニーロも、「恋に落ちて」で走っていました。

ところが、中学生の受け止め方は、違うのです。

恋バナ(恋愛の話をこう言います)で盛り上がる中1女子の輪の中にこの短歌を投入したら・・

「これ、ショックだったんだよ」

「うん、わかる。彼のかっこ悪いところ見ちゃったもん」

そう、こくる(告白する)ときって赤くなったり、もじもじしたり、カッコ悪いじゃん」

えっ、そうなの?そういえば、ロバート・デニーロも駅の雑踏で人にぶつかったりして、ちょっとぶざまだったかも。でも、好きだった人に告白されたらうれしいんじゃないの?

答えはこうです。

「憧れの人は憧れのままがいいんだよ」

「うちのお母さんも、付き合うとがっかりするだけだから、片思いが一番好きなままでいられるって言ってるよ」

中1女子にこんこんと諭されました。

004_640x480


なるほど・・・、今どきの中学生はそういう風に思うのかな。」

自分の遠い昔の思い出は、はるかかなたに、かすんでいる。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

 

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

パパママスクールへ

雨の日曜日。

今日は朝から「パパママスクール」のお手伝いに行く。

宿毛市では年間3回、妊産婦とその夫を対象とした講習がある。

今日は6組の若いパパママの参加があった。

パパに妊産婦の疑似体験、赤ちゃんの沐浴、先輩パパママとの対談、そしてお料理教室など盛り沢山な内容になっている。

私はお料理教室のお手伝い。

002_640x480

003_640x480

メニューは豚肉のピカタ、ごぼうサラダ、揚げ豆腐の酢味噌かけ、フルーツ等。

005_640x480

パパ達にピカタを焼いてもらう。

みなさん、中々手際がよい。

今の若い男性は料理を作るのに抵抗がないようだ。

性差による役割分担はなく家事が自然体で出来ていることが、嬉しい。

時代は変わりつつある。

子供を産み育てやすい環境を整えること、そのお手伝いと思いささやかなボランティアをしている。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

 

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

防災・大人の姿勢

やっとお天気になった。

最近、色々なことが重なって過密スケジュールぎみwobbly

8月に研修会で発表する資料も27日締め切りなのに、まだ取りかかってもいない。

昨日は7ヶ月の赤ちゃんへの読み聞かせ「ブックスタート」に行っていたし、明日は「パパママスクール」のボランティアへ・・・。

家にいるときは、田圃の稲の植え直しもあるし・・・と超多忙で、ちょっと焦り気味ではある。

003_640x480


今日の高知新聞の防災大人の姿勢手本という記事が目についた。

黒潮町の職員が東日本大震災で被災地の救援活動に当たった自らの体験を小学校で講演したニュースだ。

「避難を面倒がる大人と、何度でも避難する大人を見た子供がどう育つかを考えてほしい」と保護者ら約60人に語りかけた。

防災教育については「重い話だけでは防災に取り組む気持ちが続かない。子供たちが楽しく取り組める内容にしてほしい」・・・と。

参加した一人の母親は「災害に備えることが大切。身近なところから防災に取り組めるよう考えたい」と表情を引き締めていた。

私自身も防災の講座を担当して以降、防災意識を地域でどう構築していったらいいかを思い巡らせている。

まずは身近なところからの一歩と、楽しく取り組める内容が必要なのだということを、改めて気付くことができた。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

 

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

フェルメール展

台風も消滅し、やっと明日からお天気になるらしい。

004_640x480

新聞のPR欄をみていると7月6日から9月1日まで高知県立美術館で17世紀のオランダの画家「フェルメール 光の王国展」が開催される。

福岡伸一氏監修のもと最近のデジタル技術によって描かれた当時の色調と質感を再現、所蔵美術館と同じ額装を施し、全37作品を展示するという。

「真珠の耳飾りの少女」は是非見てみたい作品だ。

Photo


高知市に行く予定が来月も入っている。

上手に時間をとって、美術館を訪れたいと思っている。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

 

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

王子さまは?

台風4号が接近中ということでザワザワしている。

最近は適度の湿りという感じではなく、時として豪雨になる可能性が多い。

008_640x480

明日がピークというので心配だ。

楽しみにしていた「ラストシンデレラ」が最終回だった。

24640544_220x165 24654273_220x123


二人の男性の中で揺れ動く主人公・桜であったが、最後に選んだのは若い男性だった。

ドラマの中で、色々なトークが面白かった。

立ち上がる時、よっこらしょういちっていう場面

いつもそばにいて疲れない人が結婚の条件

一人では寂しいから友達が必要・・・等々

結婚を決めるのも、やはり一人より二人で築きあう関係を求めるから・・・。

ハッピーな終わり方にホッとできたドラマだった。

 

 

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

嬉しいニュース

所用の為、日帰りで高知市に行っていた。

高速道路延伸で、最近は2時間少しで着くようになった。

それでも往復4時間超かかる。

1ヶ月に2~3回行っているので、それほど億劫ではないが、会議などで「宿毛からです」とあいさつすると「遠いところご苦労さま」との労いの言葉が返ってくる。

6月は田植えや野菜、果実類の収穫・加工と何かと慌ただしかった。

そんな中での長距離運転に疲れを感じるときがある。

今日の高知新聞に、高速道路が2018年に土佐佐賀まで延伸するという嬉しいニュースがあった。

002_640x640

003_640x640

<ねこの居場所>


昨年12月に高速道路が四万十町まで延びて高知市まで15分ほど時間短縮できた。

ドライバーにとってストレスフリーだ。 

後5年が待ち遠しい。 それまで車を運転しているかどうかは定かではないhappy01

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

今どきの父親像

1昨日の日曜日は「父の日」だった。

夫も娘たちからプレゼントをもらった。

彼の場合、サプライズがいやだと宣言したので彼女たちからの、さり気ないプレゼントである。

Img_201306182734


プレゼントを開いたときの顔はまんざらでもないようだった。

ブログを更新している夜更け、父の日の「現代の父親と娘」を取材していた。

驚いたのは、父親に対する好感度が20年前より20%以上アップしていることだ。

どちらも20代前半の娘と父親との関係性は友達関係、そしてお風呂も一緒に入るという仲良し父娘でビックリした。

一昔前までは妻や娘が、父親の下着を別に洗濯している・・・・とバラエティー番組などで取り上げていたのが印象に残っていた。

時代を経て、父親と娘の距離が縮まっているのは嬉しいことだ。

父親の置かれている立ち位置は母親の影響力が大きいと実感する。

家族がお互いに尊敬、感謝し合える関係性が一番大切なのだろう。

ちなみに我が家も3人姉妹である。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

東北へのあこがれ

「ラッキョウ」を漬けこんだ。

この季節、1週間ほど前後はするけれど、毎年変わらない初夏の手仕事。

忙しくはあるが、すべて終わると、豊かな気持ちになるから不思議だ。

001_640x640

003_640x640

7月末、梅を干し、紫蘇に漬けこんだら出来上がり!!

1年間の加工食品を「ふるさと小包便」で送るのも恒例の行事でもある。

001_640x640_2

日曜日の夜は「八重の桜」を見る。

会津に向けて攻め上がる新政府軍の攻勢に東北連合軍は崩れ始める。

八重に鉄砲の打ち方を習っていた13歳~17歳の少年白虎隊も二本松城で壮絶な戦いに巻き込まれる。

会津の陥落まで、その足跡がせまる。

いつの時代も、幼い命までが犠牲になる戦争。

この時代、情報がなかったがゆえの悲しい歴史がある。

「八重の桜」が面白くなってきた。002_640x640

私は東北が好き。

3年前、行った三春の桜、会津・鶴ヶ城の桜が美しかった。

今年は弘前、角館と・・・。、寒い季節を経て咲く東北の桜は、はっとするほど美しい。

雪を頂いた山々と桜と・・・・北国へのあこがれは、まだまだ続きそうだ。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

種を蒔く

恵みの雨が降った。

息苦しいほどの昨日の暑さは和らぎ、庭の木々や花や野菜たちも生き々している。

暑さにバテ気味だった私にも嬉しい雨だった。

お隣、愛媛県松山市では水不足だという。梅雨には、ほどよい雨がほしいものだ。

ようやく、らっきょうを掘った。

ラッキョウ漬するまでには、数々の手作業がある。

掘ったラッキョウを洗い根っこと茎を切り離し、もう一度洗って、薄塩にして1昼夜置く。

その後甘酢に漬けこむ。

今日は薄塩までの過程を終了した。

自給自足を目標にしているけれど結構、手間がかかる。

006_640x640

今日の新聞のエッセイ「土佐あちこち」に共感する内容があった。

経営塾

梅雨の晴れ間。ユリを栽培するハウス内の温度は40度。土佐市で出荷を迎えたユリのつぼみがぷっくりと膨らんでいた。

朝の摘み取りに汗を流す農家の男性は、土佐市などが開講している「土佐経営塾」の受講生だ。昨年1年間、自らの事業内容について講師から助言を受け改善策を探っていた。

「利益が上がらない理由を考えて」。そんな実践的な指導を受け、それまで栽培していた30品種から、主に3品種に絞り込んだ。

継続出荷することで、市場の評価がわかるようになった」。売上は受講前の1・2倍に伸びたという。

塾の担当者も「市の経済が活性化するように種をまけば」と意気込む。今は、その種から芽が出始めているのかもしれない。2年間で8人が受講し、それぞれ業績の改善につながっている。

講師の教えをひた向きに実践しようとする受講生の真剣な姿勢が結果に結び付いている。「一番良かったのは地域で頑張る仲間がいることが分かったこと」。

ユリ農家の男性が実感を込めるように、受講生らの横の繋がりも生んでいる。

花を咲かせ、その根を地域に広げたい。

009_640x640


・・・2年前県主催の農業セミナーを受講した。

高知県下の12グループがそれぞれの地域活性化に向け、そのノウハウを学んだ。

セミナーでの学びは其々の地域で花開いていると思う。

私はというと、まだ種から芽が出た段階。

いつか花開くことを夢見ている。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

2つのドラマ

台風が過ぎた後、湿度が高く蒸し暑い。

日中、外に出るとクラクラとめまいがしそうになる程だった。

008_640x640 003_640x640


夜、録画していた「ラストシンデレラ」を見た。

現代版のシンデレラは39歳。

結婚できるギリギリの年齢がラストだということで、このネーミングにつながったのだろうか。

2人のイケメン男性から求愛され、戸惑っている主人公・さくら。

現代版シンデレラはワーキングウーマンで自立している。

さくらは自主的に自分の生き方を選択するのだろう。

次回が楽しみなドラマで視聴率が回を重ねるほど上がっているというのも頷ける。

あと大河ドラマ「八重の桜」も見ていて、主人公・八重には大好きな女優「綾瀬はるか」さんが扮している。

「篤姫」ほどの視聴率が上がらず、下降気味だという。

視聴率ですべてを判断するのはおかしい気もするが、わかるような気がする。

戊辰戦争など歴史的背景も不可欠ではあるけれど、一番の原因はドラマに女性の視点が感じられないからかwobbly

・・・などと思いながら2つのドラマを見るのも楽しい。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

高知家

今日の高知新聞に「高知家」のことが出ていた。

高知県全体を大家族に見立て、県がキャッチコピー「高知家(こうちけ)」を大々的に売り出して1週間余り。

高知のクリエーターたちの反応は、良好だそうだ。

003_640x480_2

高知ロケの映画やドラマが多くなった。

先日見た「県庁おもてなし課」、ドラマ「遅咲きのひまわり」、ロードショーが決まっている黒潮町が舞台の「月の下まで」等々

個人所得高は全国46位、下から2番目、少子高齢化率が高い・・・などマイナーな部分はあるとしても、県民アンケートでの住みやすさは70%台だったように記憶している。

幸せの国、ブータンのように物はなくても豊かに暮らしている国もある。

食べ物が美味しく、自然豊かで、そして何より人が温かい。

官民一つになっての「おもてなし」のこころで高知県をアピール!!

「高知家」のキャッチコピーが生きてくる。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

梅雨の合間に

やっと晴れた。

青空だと、仕事がいっぱいはかどる。

ビワや李をとって、ご近所さんに配る。

004_640x640

006_640x640

今年は初夏の果物が豊作だ。

ビワはコンポートにしようと思っている。

日中は蒸し暑く、外での仕事ができない。

明日はラッキョウを掘って、保存食にする。

・・・・と梅雨の合間の手仕事はまだまだ終わらない。

003_640x640

昨日の新聞のコラム「持たない暮らし」の中で

エアコンより工夫を・・・で、緑のカーテンで日光を遮断、見た目からも夏を涼しく暮らす工夫を書いていた。

昨年も西日が当たる窓にゴーヤを植えていた。

今年も手仕事が一段落したらゴーヤを植えようと思っている。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

お先にどうぞ

連続の雨に少しウンザリ、台風3号も逸れたので、明日は、よいお天気かもしれない。

我が家から20分ほどの距離の小学校へ絵本の読み聞かせに行く。

6年生が担当で持ち時間20分。

3冊の本を読む。

009_640x640


その中の1冊相田みつをの「雨の日には・・・」の中から

お先にどうぞ

「お先へどうぞ・・・・」やさしくうつくしい日本語ですね

ある仏典のあることばに「自未得度先度他」というのがあります

棒読みにすると「じみとくどせんどた」

和文になおすと「おのれ未だわたらざる先に他をわたす」と読みます。

いいことは他人さまを先に・・・・ 自分のことはあとまわし という意味だそうです

わたしは、宗教家でも学者でもありませんので、このことばの出どころや出典をしりません 

しかし、「お先にどうぞ・・・」という暖かい日本語は、この「自未得度・・・」がもとになってできたのではないか・・と、素人判断で思っております

おそらくまちがっているでしょう まちがっていてもいいんです わたしはそう信じたいんです

遠い遠い、先祖の日本人が、こんな美しい、暖かい言葉を残してくれたんです

他人のことなんかそっちのけ 自分さえよければ・・・・ 我先に、我先に・・・とみんな夢中で突っぱしる 

物はいっぱいありながら殺伐としてみたされない心の涸れきった世の中

もう一度「お先へどうぞ・・・」という、うるおいのある美しい日本語でお互いに呼びかけ合える世の中になって欲しいなあ・・・

梅雨にぬれて、一段と色鮮やかなあじさいの花が、ある日の午後しみじみとわたしに語りかけてくれました

008_640x640


梅雨の季節にぴったりの詩集だけれど、意味がよみとれただろうか・・・

静かに聞いてくれていた。

 

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

夢の扉・福島の農地が蘇る

台風の影響で朝から雨rain

採り残っていた梅を今回は梅酒や梅シロップにと保存食作りに忙しかった。

今年はビワやプラムも鳥獣にやられてなく、私たちも食べることができる。

雨の合間に麦も刈り倉庫に保管した。晴れたら夫にコンバインでこなしてもらう。

午後から放課後教室に学校へ。

・・・と、いつもより少し忙しかった梅雨の1日だった。

001_640x480 006_480x640

昨日、見逃していた「夢の扉」を見る。

愛媛大学農学部、逸見教授の取り組み。

世界初の除染技術、廃棄物+磁力で放射線物質を除去する方法で、福島県の農地を蘇させる。

それは1600ベクレルの汚染された土地を人工ゼオライトで除染。

除染した土をはがすのではなく、放射線物質を磁石を使って人工ゼオライトを収拾、結果は121ベクレルに減った。

長い長い研究の取り組みが実を結んだ。

この方法で福島の農地が蘇るとしたら、素晴らしい発見だ。

原発事故の処理に対してメディアなどは批判的な評論が多い中、このようにコツコツと地味な研究が実を結ぶ。

正に「夢の扉」、扉を開くと明日への希望がわいてくる。

 

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

今でしょ!!

久しぶりの雨に花も木も野菜たちも喜んでいる。

アジサイも生き生きして色が鮮やかになった。

005_640x640


畑仕事が続いていたので、ちょっとだけのんびりできた。

夕方、サツマイモの苗をさしていると夫の友人が来ていた。

ビワやプラムを自分で採って、お土産にもってかえってもらった。

004_640x640

「八重の桜」を見た後、民放のTVを何気なく見ていたら、「今でしょ!」でブレイクした某学習塾の先生が、特別授業をしていた。

面白おかしく編集をしているものの、彼の人生訓に“なるほど”と思って聞いていた。

歴史に学べ

情報不足 慢心 思い込みの3つが敗因がある。

本を読むこと。

「解決する、創造する 」・・・考える力を高めるため勉強は必要。

誰にも負けない長所を見つけて勝負する。

やりたいことと仕事は別、お金もらうと責任を果たすのが仕事。

・・・・等々

残念ながら周囲に、よき指導者に恵まれなかった彼らに、「今でしょ」の林先生の言葉がどれだけ浸透したのかは、分からない。

それにしても、TVによく登場している。

 

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

シンプルライフ

「地域防災と女性の視点」を2月に企画して以来、身近な防災グッズにも関心が高くなった。

昨日訪れた四万十川ギャラリーのお宅でも、箪笥の上や棚の上などに、枠を入れて防災対策をしていた。

027_640x480


我が家はつっぱり棒で対応しているだけなので、新鮮な驚きだった。

029_640x480


ガラス製品を扱っているからかもしれないが随所に、家具に対する心配りが施されている。

017_640x480


キッチンには、2代遡った箪笥たちが、今も現役で活躍していた。

断捨離とは反対の「物を大切」にした生活。

物で溢れているという感じではなく、シンプルな暮らしぶりに心が落ちついた。

重厚な椅子は座り勝手がよかった。

暮らしの中での、さりげない工夫が、訪れる人を温かく包み込んでくれる家。

我が家も無駄なものを省き、シンプルライフを目指そうと決心して帰った。

 

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

夢職さんのナチュラルガーデン

人とのつながりは不思議なものだ。

先週末、訪れた高知市・長浜にある「茶房・ボヌール」のオーナーさんから紹介があった、四万十市佐岡にある四万十川ギャラリーを友人たちと訪れた。

002_640x480

001_640x480

イングリッシュガーデン風のお庭には初夏の花々が咲いていた。

008_640x480

てらいのない、お庭が私たちをやさしく招いてくれた。

015_640x480

013_640x480

お庭を眺めていると、ギャラリーの女主人・夢職さんが現れた。

にこやかに、お庭を案内していただいた。

夢職さんの人となりのようなナチュラルなお庭に、それぞれのお花が居心地よさそうに咲いていた。

019_640x480

023_640x480

自宅をギャラリーにされていて風通る居間に、ガラス陶芸家の息子さんの作品が展示されていた。

特に目を引いたのは、宇宙を感じさせるブルーを基調にした作品群。

しばし、作品の前に佇んでいた。

025_640x480

さりげない、おもてなしと、夢職さんのトークで豊かで楽しい時間を過ごすことが出来た。

ボヌールさんとの出会いがなければ、四万十ギャラリーの彼女とも出会わなかった。

宇宙を感じる作品に、ときめきをも感じなかっただろう。

ご主人に「はちく」をお土産にいただいた。

温かいおもてなし。また行きたくなる場所。

030_640x480


出会いに感謝!! 素敵な時間をありがとう♪

 

毎月第一木曜日 午前10時~日が沈むまで

場所…四万十川ギャラリー

住所…四万十市佐岡568

電話…0880-35-5737

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

今どきの結婚観

久しぶりに小学校へ読み聞かせに行く。

子供たちの真剣な顔を見ていると元気がでてくる。

午後も雑々としているうちに1日が終わった。

最近、TVを1日中見ない日が続いている。

010_640x480


そんな中、木曜日のドラマ「ラストシンデレラ」はお気に入りで、楽しみに見ている番組。

結婚願望がある、なしにかかわらず39歳は女性として揺れ動く年齢。

あるとき偶然彼女の前に現れた年下の青年に恋し、物語は進展する。

青年も、彼女の真っすぐな純粋さに、だんだん惹かれていく。

彼女の上司もまた、彼女を好きだということに気がつく・・・・・。

ときめく心は、見ているこちらにも伝わってくるから不思議だ。

恋する気持ちと結婚感は、また微妙に違っているのかな・・・・と現代版、ラストシンデレラを興味深く見ている。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

コミュニケーション能力

車庫を覗いたら、4羽いたツバメの雛が巣立っていた。

つい最近まで親鳥がいたりきたり、忙しそうにしていたのに、いつの間にかいなくなった。

来年もまた元気で帰ってきてほしい。

今日は曇り空だったので畑仕事もはかどった。

時間管理が上手くできたら何とか終わるだろうと楽観的に考えている。

体力を使ったときと人との間で過ごした時の疲れ方は全然違う。

どちらかというと畑で無心に過ごす時間が好きだ。

003_640x480

001_640x480

004_640x480


苦手意識を持つ人と付き合う方法として一番大切なのは、自信を持ちつづけること。

以下はライフハッカーの苦手な人との付き合い方から

そもそもなぜ気まずくなるかというと、あなたが気まずいと思ってしまうからです。

ピンときませんか? あなたは「このよくわからない状況は気まずいんだ」と決めつけてしまっているのです。

よくわからない、はっきりしない状況にいる自分をおかしく思ったり、笑ったり、楽しんだりして、先へ進めばいいのです。

周りの人が言ったりしたりすることに、あなたが影響される必要はありません。気まずさはその場に対する恐怖感からきているのですが、たいていの場合、感じる必要のないものです。

大切なのは、健全なレベルの自信を持ち続けていれば、慣れない環境に置かれたとしても、そこから抜け出そうとする勇気を持てるということです

自分に自信を持つことでクリアできるのであれば、すぐ実践したいと思う。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

初夏の手仕事

梅雨の合間、久しぶりに青空が見えた。

洗濯ものが、すっきり乾くのが嬉しい。

昼間は暑くて農作業ができないので夕食を早めに作り、3時過ぎから、梅を採る。

今年は梅が不作と聞いていたけれど、採ってみるとバケツ4杯分あった。

003_640x640

少し高い枝を脚立に登って採っていると夫の友人が手伝ってくれ、助かった。

その彼と、何かとお世話になるお隣さんにも、おすそわけ。

これから、塩漬けにして梅干し作りをする。

ラッキョウもまだ掘っていないし、ジャガイモ掘り、こや豆や小麦の収穫も待っている。

初夏の手作業が忙しい時期、少しだけお天気が続くことを祈っている。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

おせったいの心

1昨日、最終スケジュールで、前から興味のあった映画「県庁おもてなし課」を見た。

高知県が舞台の映画で、しかも土曜日の夜だったので、結構人が多かった。

Images 377_200


県庁おもてなし課」の若い職員が、高知県の豊かな自然を生かし、県全体を観光で売り込むための数々の提案をしていく。

挫折を繰り返した中で、見出したものは・・・・

彼を取り巻く人間模様に心がほっこりする映画だった。

セリフの中でハッとする色々な提起がある。

「高知まるごと観光リゾート」にする企画は最終的には、企画者が全面に出ないことで上司からのOKが出た。

彼とペアで仕事する臨時職員の多紀ちゃんが・・・「企画がなくなると、私は次の仕事を探さなくては・・・」

企画が没になったとき自転車で帰宅中、主人公が海に向かって「仕事したい~~」と叫ぶ場面。

ハングライダーや四万十川での自然を生かしたアウトドアー体験はすばらしい。女性の視点で「トイレの整備」や「美味しい食事」など工夫して「また来たい」と思ってもらえること。

おもてなしとは、家でお客様を接待する時と同じ気持ちだということ。

・・・等々、高知県がかかえる問題も提起していた。

04_movie_location

<県庁内に実際セットで使った場所を公開>

原作者・有川浩さんの故郷を温かく見守る目線と、こんなにエールを送ってくれていることが嬉しかった。

一度外から眺めると高知県って、こんなに素敵なのだと改めて感じた映画だった。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

エンパワー

昨日行った紅茶専門店・ボヌール・オーナーさんとの出会いは、ソーレでの講座だった。

「地域を元気にしたい」という共通のキーワードで彼女とは数々の講座で出会った。

ご縁とは不思議なものだと思う。

その後、彼女は愛媛大学で地域再生マネージャの勉強をしているとメールで報告があり、私は高知大学「土佐FBC」を受講した。

020_640x480

011_640x480

013_640x480

そんな時、彼女がご自宅で「紅茶専門店」を開店したことをお聞きした。

溢れるパワーの持ち主で、その行動力には頭が下がった。

エンパワー満載の彼女の開いた「茶房ボヌール」にいつか行きたいと思っていたが中々実現できなかった。

やっと実現でき、彼女と積もる話に花が咲いた。

開店までの、ご苦労は言うまでもない。

彼女の人生を変えたフランス紅茶との出会いは、お店を訪れる多くの人たちに“ボヌール(幸せ)”なひとときを与えてくれる

一歩踏み出した彼女にエールを送りたい。

 

 

茶房ボヌール

〒781-0270 高知市長浜4635-7

℡: 0880-841-3611

url:  http://www-tea.bonheur.com

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

高知市周辺での1日

高知で充実した1日を過ごしています。

小雨降る中、春野の「あじさい街道」のあじさいを見学。

Img_0217_640x480

Img_0215_640x480

見ごろには少し早かったけれど、1kmくらいを、ゆっくり歩いて見学した。

その後、前から行きたかった長浜にある「茶房・ボヌール」さんを訊ねる。

ソーレでの講座で出会った女性,Nさんは、フランス紅茶専門店を自宅で開いた。

おいしい紅茶をいただき、ゆっくりと流れる時間を楽しんだ。

その後、「有川浩さん原作の県庁おもてなし課」を見た。

評判どおりのよい映画だった。

・・・と夜更けまで高知での時間をフル活用しました。

詳しくはまた帰ってからご報告します。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント