« イクメン | トップページ | 久しぶりに »

方言

八重の桜を見ていると東北の言葉が何ともいえない味わいがある。

今日の新聞に掲載している「ざまに幡多弁」が面白い。

高知県は東西に長い。

土佐弁は、いわゆる高知県中央部の言葉で「龍馬伝」などで有名だ。

私が住む西部は幡多弁を使う。

004_640x480


土佐弁とイントネーションは大きく違っていて、どちらかというと伊予弁に近い。

特に語尾を伸ばす。

「~しちょう」「~やけん」「~したや」等々。

幡多を訪れた人たちが「幡多の人たちは優しい」との印象を受けるのも、この辺に由来しているのかも。そんな言葉に接するだけで、気持ちが和みそう。

・・・と記者さんは好意的に記事を書いてくれている。

言葉は優しいかもしれないけど、土佐の気質だと思う。

言葉で少しだけ得しているのかもしれない。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

« イクメン | トップページ | 久しぶりに »

コメント

>toshioさん、こんばんは
毎日暑い日が続きますね。
少し、雨がほしいところです。
旗弁が語尾が下がるのでやさしく聞こえるのかもしれませんが気質が土佐そのもの
ですよ^^
方言は文化です。
土地言葉は温かいです。
大切にしたいですね^^

>fumiminaさん、こんばんは
転勤族はその土地になじんだかと思うとすく変わってしまう。
でもその土地で暮らしたことで素敵な出会いや土地言葉もあります。

私も父が転勤族だったので、それってよくわかります^^
私自身も大阪などにもいましたけど大阪弁にはなりませんでした。

>ponsunさん、こんばんは
そうですね!!方言って最近温かいなって思うことがおおくなりました。
東京の言葉はきれいだけど、やはり旅などにいって、その土地の言葉に出会うと
ほっこりします。
状況に応じて方言など使っていきたいです。
いつもありがとうございます。

>ポルタさん、こんばんは
方言も一時期、使われなくなっていましたが、その土地の暖かさが伝わってくるので、ある意味、いいのかなぁと思っています。
コメントありがとうございます。

>せぴあんさん、こんばんは
すっかりコメントがおそくなりごめんなさい。
そういえば、大分弁、似ています。愛媛、大分は地理的には近いので昔は交流があったのかもしれませんね^^
なんだか距離がちかくなりうれしいです。
ありがとうございます

こんばんは♪
方言は、その地域によって・・・不思議と全然違いますよね。
私も、いろいろな所に住みましたけれど、
その土地の友達と話すと、その土地の方言になります。
懐かしい。

幡多弁は優しいですもんね、
宇佐なんか、知らぬ人が聞いたら、
ケンカしてるって思われる位荒いんですよ、
今の子はそんな言葉使いませんけどねエッヘッヘ (゚σc_,゚o)+゜・♪

伊予弁は大分弁にも似ている気がします。
うちのお父さんは大分家の出身ですが
お父さんの実家に行くと
「~しちょう」「~やけん」「~したや」
普通に使っています^^

言葉は自然や風土によって
育てられてきました。

戦後標準語教育がされて・・
やや消えそうな時期もありましたが

最近復活してきましたね(*^_^*)。


「~しちょう」「~やけん」「~したや」

なんだか、やわらかい感じが
伝わってきます

その土地の言葉って、自然風土にも
合っているような気がしております


ありがとうございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/52509929

この記事へのトラックバック一覧です: 方言:

« イクメン | トップページ | 久しぶりに »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ