« こころの時代 | トップページ | 祭りの後は・・・ »

よさこいに生かされた

湿度のある暑さがこたえる。

土佐のまつり「第60回よさこい祭り」が来月9日から始まる。

南国のカーニバル的な「よさこい祭り」は県内外から熱狂的なファンがいる。

飛び散る汗と激しいリズムの踊りが人気の秘密だ。

高知にこれだけ若者がいたのか・・・と思うくらい若い人たちが集まる。

サンバ風の踊りと衣装もファッショナブルで観客を魅了する。

001_640x640


その、衣装を受注しているのが宿毛市にある「マシュール」という縫製会社だ。

このニュースが今日の高知新聞のトップに出ていた。

アパレル業界での経営は全国的に不況であり、特に地方の縫製工場は閉鎖されているところが多い中、「よさこいの衣装」を企画、製造、販売に着手し、経営を立て直したと言う。

FBで出会った女性も、この会社に勤務していて今は休日出勤、残業つづきだという。

002_640x640

マイナスからプラスへ・・・頑張る企業があると、住んでいる私たちも嬉しい。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

« こころの時代 | トップページ | 祭りの後は・・・ »

コメント

>ポルタさん、こんばんは
毎日暑いですね^^;
この会社、前にも「防災ベスト」を開発して、すごいなぁと思っていました。
地方はいつもマイナスなイメージで取り上げがちですが、ポジティブに頑張っているので取り上げてみました。
いつもありがとうございます

>ponsunさん、こんばんは
そうなんですよ!!
観客との距離が短いぶん、踊り子さんの汗も見えます。
そして声を出して応援することで踊る人、見る人が一体化されると話していた人がいます。
私は、余り近くで見ませんが^^;

>>fumiminaさん、こんばんは
そうなんですよ!!やっと回復しました。
いつもご心配おかけします。

yumeさん こんばんは♪
元気に回復されて、よかったです。
よさこい祭り・・・有名ですね。
縁の下の力持ち・・・あってこそですね。
暑い夏を吹き飛ばしましょう。


「よさこい祭り」は県内外から熱狂的なファンがいる。

飛び散る汗と激しいリズムの踊りが人気の秘密


なるほど…

常々、感じていますが、最後の最後まで、残るレジャーが踊りや歌
のような気がいたします
私は、下手ですが、どちらも大好きです(嬉笑)


ありがとうございます

自分たちのアイデアで会社を盛り立てる

地元にこのような会社があることは誇りです

全国各地でそれぞれの土地柄を生かした経営を目指して欲しいです(*^_^*)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/52425668

この記事へのトラックバック一覧です: よさこいに生かされた:

« こころの時代 | トップページ | 祭りの後は・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント