« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

風立ちぬ

所要で日帰りで高知市へ行っていた。

午後、時間が空いたので、以前から見たかった「風立ちぬ」を観た。

夏休み最後の土曜日とあって子供連れの観客が多かった。001_480x640_2

堀辰雄の「風立ちぬ」と実在の人物・堀越二郎さんをミックスしたストーリーだった。

「菜穂子」も堀辰雄の小説にある。

飛行機の設計という二郎少年の夢は、長じても同じで飛行機のエンジニアになった。

軽井沢で菜穂子と再会する。

戦争や関東大震災をシリアスに描くのではなく現象をも含めて、その時代を生きた若者が展開する抒情的な物語。

戦時中、私の母方の祖父の会社が「ゼロ式戦闘機」を夜陰にまぎれて牛で運んだと亡くなった叔父に聞いたことがある。

一代で財をなしたが、戦後没落したという。

母方の親族は、ほとんど亡くなってしまっていて、今は東京の叔母だけになった。

この映画でも、牛で戦闘機を運んでいた。

私の生まれる前の話なので実感がわかなかったけど、ある意味自分のルーツをみたようで感慨深かった。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

傍観者

8月も後1日残すのみとなった。

台風の影響か蒸し暑い。

9月からは少し涼しくなってほしい。

Cid_b555430f33db478abf7b26f6d155b70


月末に来る「宋 文洲」さんのメ ールマガジンを興味深く読んだ。

今回は「傍観者の多い日本」というテーマ。

北京と日本に拠点をおいて活躍されている宋さんの子供さんは中国の学校に通っている。

今夏、アメリカのサマースクールに入っていて、そこには日本人の子供も数人在籍していた。

そのサマースクールで日本人留学生同士のいじめがあった。

彼の子供さんが止めに入っり、先生に訴えたところ、それ以降無視された。

幸いなことに彼は中国語、英語が堪能だったため、日本人の子供たちとは遊ばなかったという。

いじめの背景について宋氏はこう述べている。

>虐め自殺の話はもう聞きあきました。その都度悲しみ、怒り、そして
虚しくなります。教育改革と叫ぶ言論人と政治家は多いのですが、
果たして焦点が合っているでしょうか。

また、長い間日本企業のコンサルティングをやってきましたが、「和」の下で
行われたこの種の傍観行為(当事者意識の欠如)は組織の不作為と不正を
許してきたと痛感します。もし年齢増に伴って傍観者が増えるのであれば、
今の日本では、社員が経営の傍観者、市民は政治の傍観者、官僚は財政の
傍観者になっていないだろうかと、変な中国人が余計な心配をしてみました。

P.S.
まあ、せめて我々ビジネスマンから早く国際展開しましょうよ。
それによって経済がよくなるだけではなく、子供達も当事者意識を持ち、
視野を広げます。私の息子はもしずっと日本に居たらきっと前に出る勇気が
なかったでしょう。

昨日の岸恵子さんの話と言い、やはり私たち大人が主体性をもって、もっと自分の意見を内外に発信する必要があるのでは・・・と思いながらメルマガを読んだ。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

美しい女性

昨夕、弟夫婦たちが久しぶりに我が家に集まった。

少し早目に夕食の準備を始めた。

料理をしながら見たNHKゆうどきネットで「岸恵子」さんが生出演していた。

002_512x640

003_512x640

知的で上品な美しい女性。

少し前に読んだ「わりなき恋」は4年間で書きあげたという力作。

70歳近い主人公と60代の男性との恋物語だった。

華奢な体から大きなエネルギーを感じる。

その彼女が「日本人は自分の考え方をもっと世界に発信してほしい」とのコメントがあった。

フランス、日本、その他海外で活躍の拠点がある彼女だからこその意見だと言えよう。

つぎなる仕事は藤沢周平の「蝉しぐれ」の朗読劇に挑戦されると言うことだった。

私は藤沢周平の小説が好き。

美しく年を重ねた女性。TVを見て嬉しくなったひと時だった。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

学力テスト

今日の高知新聞一面に、全国学力テストの結果の見出しが大きく掲載されていた。

今年4月、小学6年生と中学3年生に実施された結果は6年生が10位と健闘。

学力の引き上げが以前から課題だった本県。

これは、子供たちや教師たちの、たゆまぬ努力の結果だと思う。

ただし、手放しに喜べないところもある。

応用面や、自分の言葉で答えを引き出すという問題は苦手のようで今後の課題と言えよう。

「やればできる」を実践し、結果となった。

出来ることが、自信につながる。

個を大切にしながら集団生活を楽しめる、そんな学校になることを期待したい。

010_640x480_2

013_640x480

012_640x480

ただし、依然として中学生の学力が伸び悩んでいる。

少しずつ、気長に子供たちと取り組んでいくことが学力アップにつながる。

地域に住んでいる私たちも彼らをサポートしていきたいと思っている。

夏休み期間に覚えようと思った「ストーリーテリング」のお話

あともう少しでクリアできそうだ。

頑張ろう!

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

ペットとの関係

昨日の雨で朝夕が涼しくなった。

酷暑の夏も終わりに近づいていて、そこはかとなく秋の気配を感じる。

2泊3日の旅から帰ってくるといつもはマイペースな猫がいつも傍にくっついている。

004_640x480

餌はご近所の人に頼んでいたけど、やはり誰もいない家は彼らも寂しかったのだろう。

昨日の新聞のエッセイ「おばさん事典」に犬の話題があった。

・・・・ある犬の話・・・・・

その犬は東日本大震災の半年後、福島県の被災地でボランティアに保護された。

知人から「飼い主が現れるまで飼ってやれないか」と相談された友人のA子さんは埼玉県在住の58歳。

「今から犬を飼うのは体力的にどうかと迷った。でも断り切れず、見るだけのつもりで出向いた」

 あっ、と叫んだ。がりがりにやせてはいたが、少し前に死んだ愛犬そっくりの老犬がいたのだ。黒のラブラドールレトリバー。目が合った。思わず「キミ、うちへおいでと言っちゃった」。

動物病院に連れて行くと歯の状態から見てまだ3~4歳だと言われて驚いた。

放浪の疲れが犬を老けこませていたのだ。

新しい名前をつけた。しかし、犬はおどおどした目のまま。そして痛々しいくらい従順だった。

半年後、犬はまっすぐA子さん夫婦を見るようになった。「ボクはこの家にいられるんだとようやく安心したみたい。このごろはもっと散歩したいよワンワンと甘えるようになったよ」

A子さんの穏やかな声が私の胸にしみた。

・・・優しい人に巡り合えて、よかったねと心の中でつぶやいた。

ペットとの出会いも運命的なものを感じる。

我が家は現在猫たちだけだけど、彼らは大切な家族。

責任を持って彼らの最後を看取りたい。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

山陰の旅

2泊3日の家族旅行から帰ってきました。

Img_201308254228

Img_2013082641671

奥津温泉で1泊、翌日は国道を一路倉吉へ。

倉吉では赤瓦倉庫がある古い街並を散策。

その後、修験場として有名な三徳山の本堂まで登りました。

Img_2013082528236

057_640x427

056_640x427

三朝温泉に宿泊し蒜山高原を経て帰宅。

071_640x427

064_640x427

旅の間中涼しく、快適な旅を楽しむことができました。

Img_2013082611469

<蒜山高原高速の入口にある道の駅・多くの人でにぎわっていた>

留守中、宿毛も、まとまった雨が降ったようです。 

久しぶりにエアコンが要らない夜を迎えています。

奥津温泉にいます

恒例の夏の終わりの家族旅行で奥津温泉に来ています。

Img_0478_640x480

Img_0474_640x480_2

高知県を離れるころからボツボツ雨が・・・・瀬戸大橋を渡るころは本格的に降り始めました。

あちこち巡りながら宿に着いたのはPM5時過ぎ、川沿いの温泉地は涼しく快適です。

Img_0490_640x480


ゆっくりのんびりの旅を楽しんでいます。

幡多地区人権教育研究大会で

宿毛人権教育研究大会に引き続き、今日は幡多地区人権教育大会が四万十市で開催された。

今回の分科会は全国で一番暑い場所で有名になった、西土佐の「ラ・パパ」というイクメングループの代表者との合同発表だったので、リラックスして臨むことが出来た。

ここでも、学校の先生の参加が多かった。

黒潮町の先生が、防災の話に関心が高く、後日連絡を下さると言うことで、この会での成果があったのは嬉しい。

分科会の前の全体会で「NPO法人・ワークスみらい高知の竹村利通さん」「障がいって何だろう?~障がいのある人から教わった大切なこと~」の講演があった。

001_640x480

002_640x480


彼は障害者支援の会社を立ち上げたが失敗、その後父親から借金してお弁当やから再生し、現在店舗数を増やし、起業家として成功している。


講演を聞いているうちに、少し前から心の中でモヤモヤしていたものが、晴れたような感じがした。

あきらめない心の強さ・・・諦めやすい自分にとって、ポジティブなお話だった。

010_512x640


分科会が終わって会場をでようとしたら、お花のプレゼントがあった。

何だか得した気分で帰宅した。さっそく玄関に飾りました。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

桜の物語

大好きな作家、藤沢周平の「山桜」をBSで放映していた。

不幸な結婚生活を送っている女性が墓参りの途中、美しく咲いた山桜を手折る手助けをしてくれた武士と運命的な再会をする。

008_640x480

お互いに惹かれあっていたけれど、女性が先に違う相手と結婚していた。

夫に死別したあと、次に嫁いだ家では野江は幸せではなかった。

小さな藩には私腹をこやす家老がいて、凶作つづきの百姓への年貢の取り立ても過激であった。 

武士は家老に天誅の刃を向けた。裁きはお国入りする藩主にゆだねる。

その間、野江は・・・

003_640x480


美しい庄内平野を背景に物語は静かに展開する。

幸せになるのではないか・・・というニュアンスでのエンディングだった。

多くは語らないけど、芯のある女性・野江。

この映画、以前見たことがあるが何故か引き込まれて見てしまった。

「八重の桜」の八重とは対照的な女性ではある。

どちらの物語にも桜が登場する。

東北の女性たちの強さのルーツを垣間見た感じがした。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

いい言葉

猛暑は夏の終わりになっても、まだまだ続く。

夕方、庭の花たちや、畑に水をまくのが日課になっている。

夏の終わりに咲く高砂百合も今年は例年より早かった。

ノカンゾウの花、おしろい花、百日紅の花も逞しく咲いている。

花たちを見ていると、こちらまで元気をもらう。

005_512x640

003_512x640


高知新聞「きょうの言葉」より

いい言葉はいい人生をつくる

世の中、自分が望むように、思うようにばかりなるわけではない。

「いいことばかりが続くわけではないということは悪いことばかり続くわけではない」ということでもある。

 自分の頭なり行動を、プラスの方向に切り替え切り替え前進するという習性を身につけるようにすると、悲観ばかりの人生から抜け出すことができるのではないか

今日のように暑いと、やる気をなくしてしまう。

暑さのせいにして、目の前に迫っている事を後回しにしている。

反省している時に、この言葉に出会った。

自分らしく前向きにクリアしよう。 外に出て見ると満月が美しかった。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

お盆考

お盆過ぎ、夜ともなると虫の音も賑やかになる。

外に出て見ると月が美しい。

005_512x640


明日が満月という。

お盆という行事、先祖供養のため、家族が故郷に集まる。

暑い夏の行事、お墓をきれいにして、故郷に帰る家族を温かく迎える。

繰り返し行ってきた伝統の行事。

故郷は遠くにありて思うもの・・・・私たちはその故郷に居て、いつも帰っておいでと家族を温かく迎えてきた。

それはこれからも変わらない。

今日の新聞「閑人調」より

・・・・人類の進化・・・・(抜粋)

 個々の人生は短くて、その人が一生かけて身につけた技能は死とともに消えてしまうが、周囲に残された知識や思いは水面に落ちていった水滴の輪が広がるように拡散し、お互いに影響しあうのだと私は思っている。

 だから優しくしよう。感謝しよう。いとしいと思えば伝えよう。悪かったと思えば謝罪しよう。私ひとりでは広い世界は変えられないけど、家庭という小さな世界は変えられる。

 お互いを尊重し笑顔で共に過ごす小さな家庭がたくさん集まれば広い世界も変わるだろう。それが人類の進化だと思う。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

夫婦のかたち

お盆を過ぎても、日中の暑さは変わらないけど、夕暮れが早くなり、吹く風が変わって来たように思う。

帰省していた娘一家も今日、帰って行った。

001_640x480


夕食後、録画していた「八重の桜」を見る。

京都での八重は女学校の前進である女紅場の舎監でもあり、同時に英語の勉強もしていた。

兄、山本覚馬の補佐的な役割の八重は、府知事のトラブル解決のため、東京に赴く。

滞在中、元夫「川崎尚之助」の消息を聞きつけ、訪ねる。

その生活は決して豊かでなく、寺子屋的な仕事をしていた。

夫と再会した八重は傍に置いてほしいと涙ながらに頼む。

「私の妻は、鉄砲を撃つおなごです。

私の好きな妻は、夫の前を歩く、凛々しい妻です。

八重さんの夫になれた事が、私の人生の誇りです。

もう二度とここに来てはいけません。あなたは新しい時を生きる人
だ・・・・と。

お互いを慕いながら別れなければならないシーンが切なかった。

八重にとっても、この言葉が、これからの波乱の人生を生きる自信になったはず。

フィクションだとしても、これほど愛に溢れる深い言葉を言ってくれる男性がいた八重は幸せな女性だったのだろうと思いながらドラマを見た。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

ノクターン

市民合唱団の記念演奏会に是非!!とのお誘いが夫の従姉妹や友人たちからあり、久しぶりに出席した。

会場は、満席状態だった。

001_640x480

合唱団には仕事仲間や知人が多くいた。

003_640x480


その中に、高校の時、お世話になったT先生がおられた。

彼はその時30歳くらいだっただろうか。 生物の先生でクラス担任でもあった。

2年ほど前、お会いした時、ちゃんと覚えてくださっていて、その記憶力の確かさに驚いた。

そして、懐かしい曲目が・・・・。

それはショパンのノクターン。

私の実家は土佐清水市、小さな港町で、少し高台にある。

決まった時間に近くの測候所からお知らせがあり、ショパンのノクターン、別れの曲、モルダウの流れ等のクラシック音楽が流れていたのを思い出した。

何故、クラシックだったのか定かではないが、きっと担当の職員さんのお気に入りの曲たちだったのだろう。

幼い時の思い出が、走馬灯のように巡った。

音楽とは、人を幸せにする。

演奏会に「ありがとう」・・・を心の中で言った夏の夜です。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

ミィーちゃんとの出会いと別れ

にわか雨が降った。

表面だけで、畑の土地は乾いているけれど、それでも少しだけ暑さが和らいだ。

朝刊を今読んだ。

倉橋三郎さんの「心にいつも土佐の風」のコラムに野良猫ミィーちゃんとの衝撃的な出会いと別れの記事が載っていた。

001_512x640_2


十数年前の春も終わりのころ、ノラ猫ミィーに出会った。長い時間椅子に座ったまま、桜の花びらを描いていたので持病の腰痛が気になり、少し運動をと外に出た。時間は夜の11時。ふと10メートルぐらい先の道路上を白っぽいものが動いているのに気付いた。よく見ると大きなビニールのゴミ袋が道を横切っている。「なんだ?」と少し身構えて目を凝らすと、黒っぽい子猫がゴミ袋をひきずっているのだった。

こちらに気がついて目が合い、猫は一瞬止まった。

「なあんだ猫か・・・、ビックリした」と安心して思わず微笑んでしまった。

それがノラ猫ミィーとの出会いであった。今思えば衝撃的で、不覚にも恋に落ちたかのようだった。ミィーも「あら、なんだか私に気があるみたいね」と思ったのか、明くる日制作室の玄関に、“手足”4本をきちんと並べ、茶色と黒の縞々の体をちょこんと乗せて座っていた。

「えっ来たの?」思わず話掛けたら、ミィーは目を細めて小さくニャアと鳴いた。訪問客を高知県人としては放っておけず、煮干しや冷蔵庫にあった干物をレンジで少し温めて接待した。

少しずつ距離が縮まり玄関の中に入るようになり、「ミィーちゃん」と呼ぶと必ず返事をした。

・・・・・中略・・・・・

別れは出会いの時のように突然だった。都心での出版パーティーに出席した夜の事、制作室のすぐ手前でトラックが猛スピードで走り去り異様な声が聞こえた。道路の脇でミィーがもがいている。まさに今、あの車にひかれたのだ。・・・・中略・・・・

制作室からとってきたバスタオルに包み、名前を呼びながらだんだん小さくなる反応に私たちは周りも構わず泣いた。何度も何度も「ミィーちゃん」と呼んで泣いた。ミィーはKに抱かれて逝った。明くる日ミィーと一緒に歩いた多摩丘陵の南山に穴を深く掘り埋めた。

次の年そこから私の大好きなヤミユリが咲いた。

・・・記事を読んでいるうちに涙がでてきた。

我が家にも猫が2匹いる。

彼らとの出会いもまた、偶然というより運命的なものを感じている。

猫にはそれぞれ個性がある。

三毛猫ポロは17歳でおばあさん猫だが穏やかな性格。食欲はあるが最近、時々おもらしをするようになった。庭先の涼しいところで寝ている時は思わず「ポロ」と呼んでみる。

頭をあげてこちらを見るとホッとする。

ペットは最後まで責任をもって看取る。それは彼らから無償の愛をいただいているのだから・・・・。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

お盆の夜は

娘一家が帰省中です。

お盆の中日、夕方からいつものように裏庭でバーベキュー。

001_512x640


近所の人たちや子供たちも集まりワイワイと賑やかです。

その後はお決まりの花火で、またまた盛り上がりました。

恒例の夏の行事。

012_512x640_10


孫たちは田舎での生活を満喫しています。

016_512x640_2

空には半月の月が美しく輝いていました。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

風立ちぬ

立秋を過ぎても酷暑は続く。

日中は、まだまだ暑いけれど、朝夕は少しだけ涼しくなった。

005_512x640_7


まさに「風たちぬ」と思える時もある。

宮崎アニメ「風立ちぬ」が上映中だということだが、お盆中でもあるし中々見ることが出来ない。

評価は半々だというが、若いころ掘辰雄の「風立ちぬ・美しい村」を読んだ。

小説と言うより、抒情詩のように静かに心の中に入ってきて、このような愛の形があるのか・・・と漠然と思った。

「風立ちぬ・いざ生きめやも」がインパクトがあった。

私が軽井沢や上高地を好きなのは、若いころ読んだ、この本の影響かもしれない。

004_512x640

アニメはストーリーが違っているともいう。

人を愛することを静で捉えてあらわす、その映像が楽しみだ。

まだフェリメール展にも行ってない。楽しみは後からのほうがいいかもしれないと思う事にしよう。

今日から夏休み2組目、帰省中です。

 

     

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

いつも微笑みなさい

実家の墓参りに行っていた。いつも慌ただしく行き帰る。

夕方、少しだけ雨が降った。

008_512x640
<今夜の月>

久しぶりに涼しい夜を過ごしている。

お盆の頃、思い出す言葉がある。

私はおばあちゃんっ子だった。

おばあちゃんは無口な人だったが、心が温かった。

彼女の口癖は「いつも微笑んでいなさい」・・・・だった。

その教えを守らなかった時もあるけど、守ったような気もする。

その他にも“あいさつをすること、 ウソをつなかいこと”などもあった。

お墓に、今年の夏はとても暑いけど元気ですと報告した。

001_512x640

<酷暑にもかかわらず元気に咲いている>

彼女の故郷は西土佐だ。 日本一暑い場所に大叔父が住んでいる。

明日にでも電話してみようと思っている。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

ときめく心・中学生の相聞歌(心に太陽が昇る)

定期的に新聞に掲載されるコラム、中学生の相聞歌が面白い。

今日のお題は「心に太陽が昇る」

004_512x640


あの人が「おはよう」といういい声だ僕の心に太陽昇る(中3・男子)

私この歌大好きです。・・・・中略・・・・

単純だけどこういう気持ちが持てるってことがすてき。いろいろあるけど、とりあえず、毎朝学校に来れば、心に太陽が昇る。すばらしいじゃありませんか。

中学生活、苦しいことや悲しいこともいぱいあるけど、「君ならやっていけるよ」と言いたくなります。

・・・・中略・・・・

先輩はこんな歌も作っています。

恋かなと思う間は恋じゃない本当の恋は心が燃える(中3男子)

007_512x640


・・・ときめく心は持ち続けたい。

はっとする風景などにも心ときめく。

けれどいつの間にかトキメキを忘れている。

そんな、ときめく気持ちを大切にしたいと思っている夏の夜です。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

女学

宿毛市人権教育研究大会で問題提起した。

自分たちの活動を新しくできた消防庁舎で発表する機会があったのも何かのご縁を感じた。

先生や行政職員たち約50名ほどの前での提起は「釈迦に説法」の感じで少々気恥ずかしかった。

Img_0442_640x480_4

最近はワークショップ形式が主流だけれど、今回は一問一答方式。

自分の思いが伝えきれたかどうか・・・。

自己採点では50点くらい。

しっかり受け止め前に向いていきたい。

Img_0431_640x480_4


夜は八重の桜を見る。

京都にいる覚馬の元に身を寄せた八重たち。

長州の顧問として仕事している兄に対して八重は反発する。

会津の誇りは、女性が学問をすることで結実すると・・・。

覚馬の書いた建白書の中に「女学」がある。

この時代に女性に学問を唱えた人物がいたことに誇りを感じた。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

それぞれの形で

四万十市が40℃超えの日本一暑い場所として更新したという。

幡多一円の夏祭り、今年は忙しくてどこにも行けなかった。

そんな中、フェイスブックで宿毛育成園、授産園の納涼祭のお知らせがあったので、少し遅くなっていってみた。

模擬店も多く、たくさんの人でにぎわっていた。

イベントの内容も盆踊り、太鼓、フラダンスと盛りだくさん。

最後は花火が夏の夜空に美しく輝いた。

FB上でやりとりしているHさんは、フラダンスや歌で祭りの中心的存在。

初めて、その歌声を聴いて驚いた。

彼は宿毛のスターさんなのだと・・・。

それぞれの形で、地域を元気にしてくれていることを実感した。

Img_201308102240

明日は市人権教育大会で問題提起する。

新しい消防庁舎で防災についての活動発表できるのが、ちょっと嬉しい。

そんなわけで、いつも使っているパソコンは今夜は防災庁舎にお泊りです。

 

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

夏のドラマ

ブログを更新するのが今頃の時間になる。

見るともなくTVを見ていると、面白いドラマがある。

NHKドラマ「激流」が面白い。

以前からドラマ10は「シングルマザー」「いつか日のあたる場所で」など社会派のドラマがあり、よく見ていた。

このドラマもミステリー感がある。

Mv01

中学時代友達だった彼らも35歳になり、其々の人生を歩んでいる。

修学旅行中、失踪した「冬葉」から20年経った今、それぞれのケータイに「私を覚えていますか?」のメールが入る。

そのメールから、ストーリーは展開していく。

物語は佳境に入っていて次回が楽しみだ。

日曜夜は「八重の桜」の後、放映される「半沢直樹」も時々見ている。

やられたらやり返す流儀の銀行マンの生き方が痛快だ。

・・・暑い夏の夜、ブログを書くのも滞りがちになるけれど、更新中に見るドラマも面白いので何とか続けようと思っている。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

サムサノナツニ

日中、歩いているだけで息苦しいほど暑かった。

湿気が多く、流石に午後からクーラーをつける。

もう1ヶ月以上まとまった雨が降らない。

003_640x480002_640x480


そんな時、宮沢賢治の「アメニモマケズ」をふと読んでみたくなった。

アメニモマケズ 風ニモマケズ

雪ニモ 夏の暑サニモ マケヌ 丈夫ナカラダヲモチ

慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシヅカニワラッテイル

一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ アラユルコトヲ

ジブンヲカンジョウニ入レズニヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ

野原ノ松ノ林ノ蔭ノ小サナ萱ブキノ小屋ニイテ

東ニ病気ノコドモアレバ 行ッテ看病シテヤリ

西ニツカレタ母アレバ 行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ 

南ニ死ニサウナ人アレバ 行ッテコハガラニクテモイヽトイヒ

北ニケンクヮヤソショウガアレバ ツマラナイカラヤメロトイヒ

ヒドリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ

ミンナニデグノボートヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ 

サウイフモノニ ワタシハナリタイ

・・・ボランティアの究極はここにある。

こんな風にはなれないけれど、少しは近づけることはできる。

「サムサノナツニ」・・・・暑い夏の夜、そんなことを思っている。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

投票率・閑人調より

昨日は、四国を1日で半周した。

まず、高知市への会議に行き、その後、一緒にきていた孫たちを松山の自宅に送る。

宇和島経由で自宅に帰ったのはPM8時過ぎ。

暑い夏のハードなドライブに少々バテ気味でもあった。

007_640x480

その会議のメンバーの女性が閑人調に執筆していることで、ハンドルネームをお聞きしたところ、今日の高知新聞に記事が乗っているというので楽しみに読んだ。

投票率

参院選投票日の1週間ほど前、ある新聞社から選挙の事前調査を受けた。初めての経験だった。

調査は詳細なやりとりがあり、20分程を要した。

投票に行くのか、意中の候補者は決まっているのかに始まり、比例はどの政党に入れるのか、インターネットの選挙運動を判断材料にするのかなどの項目もあった。

そこでも聞かれたネット選挙運動が国政選挙で初めて解禁になり注目された。若者を中心に低い投票率の向上が期待されたが、どうだっただろう。効果はあっただろうか。

本紙では、投票日前日に「県内投票率 史上初 50%割れ危機?」との予測記事が出ていた。結果は予想通りというべきか、県選挙区が過去最低の49.89%。

国政選挙で初の「50%割れ」となった。

 ・・・・・中略・・・・・

しかし、民意を政治に反映させるには、投票率が大きく左右するのは間違いない。

「過去最低」を機に、どうすれば投票率を上げられるか。真剣に考える時期に来ている。

・・・とあった。

私はその日も高知市への会議があったので、期日前投票をすませていた。

今回は「この人」にという候補者がいなかったのは事実である。

それでも投票に行ったのは、1票の重みと責任だと思ったから。

若い世代が棄権することなく投票することで民意を大きく反映する政治がおこなわれる。

投票率については本当に真剣に考える時を迎えている。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

八重の桜と会津の女性

今日も、孫たちと楽しく過ごしていたら1日がアッという間に終わる。

それでも、お気に入りの「八重の桜」を見る。

最近、見たり見なかったり・・・・録画でみるのは何だかちょっと気が抜けたビールのよう。

だから、番組をそのままTVで見る方が臨場感があるように思える。

今日の展開は

米沢の八重のもとに、尚之助から離縁状が届く。

001_480x640_2


尚之助は斗南藩のために行った米取り引きで詐欺に遭い、取り引き先から訴えられ勾留される。

そんななか、八重たちのもとに兄・覚馬の使いが訪ねてくる。

覚馬は京都で生きていて、皆を都に迎えようとしていた。その知らせに安堵する。

しかし、覚馬に内縁の妻と娘がいるということが判明し、八重とうらは動揺する。

そして、うらはみねを八重たちに託し、自分はとどまる決意をする。

八重ばかりでなく、会津の女性は内に秘めた強さがある。

今回、京都へと旅立つ八重たちと別れ、一人会津へと帰っていく、うらの女性としての強さに思わず涙が出た。

今「八重の桜」が面白い。

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

夏を満喫!

昨夜から、例年より一足早く愛媛の娘一家が帰省しています。

今年は中学受験の孫がいるため3日ほどの短い滞在です。

昨夜遅くJR宇和島駅までお迎えに行き、今日は彼女たちの一番楽しみにしている大好きな川に泳ぎに行きました。

Img_201308034749

宇和島駅の七夕かざり>

長い間雨が降らないので、水量は少なくなっているものの、自然を満喫している様子。

私も久しぶりに泳ぎました。

004_640x480_2

一気に賑やかになった我が家です。

1日があっという間に終わります。

食事の支度も汗だくで、写真をアップする暇もありません。

また明日も楽しい川遊びが待っています。

 

※しばらくの間、都合でコメント欄は閉じています。ご了承くださいm(__)m

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

手作りサロン

8月に入った。

猛暑日の1日に嬉しいニュースがあった。

「ふるさと小包」を送った宝塚の従姉妹から新聞入りの封書が届いた。

彼女は私の理想の女性で、憧れの人でもある。

その彼女のことが産経新聞に載っていて、わざわざ送ってくれた。

001_512x640_2


自宅ガレージを改装してお年寄りが集うサロンを作ったという。

老後に備えて支え合う仲間作り「さくらんぼの会」を立ち上げたのは平成19年。

施設を利用して、認知症の勉強会や料理教室を開催してきたが、使用料や準備などが負担になり自ら拠点づくりに乗り出し、1千万かけて改装。その後は色々な活動の拠点になった。

資金は参加者から100円貰うほか、持ち寄った衣類をフリマで販売してねん出しているという。

地域のコミュニケーションの場になっている。

夢はギャラリーやカフェにすること。

・・・彼女らしい生き方に私も勇気と希望がわいてきた。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

ランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ