« ミィーちゃんとの出会いと別れ | トップページ | 夫婦のかたち »

ノクターン

市民合唱団の記念演奏会に是非!!とのお誘いが夫の従姉妹や友人たちからあり、久しぶりに出席した。

会場は、満席状態だった。

001_640x480

合唱団には仕事仲間や知人が多くいた。

003_640x480


その中に、高校の時、お世話になったT先生がおられた。

彼はその時30歳くらいだっただろうか。 生物の先生でクラス担任でもあった。

2年ほど前、お会いした時、ちゃんと覚えてくださっていて、その記憶力の確かさに驚いた。

そして、懐かしい曲目が・・・・。

それはショパンのノクターン。

私の実家は土佐清水市、小さな港町で、少し高台にある。

決まった時間に近くの測候所からお知らせがあり、ショパンのノクターン、別れの曲、モルダウの流れ等のクラシック音楽が流れていたのを思い出した。

何故、クラシックだったのか定かではないが、きっと担当の職員さんのお気に入りの曲たちだったのだろう。

幼い時の思い出が、走馬灯のように巡った。

音楽とは、人を幸せにする。

演奏会に「ありがとう」・・・を心の中で言った夏の夜です。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

« ミィーちゃんとの出会いと別れ | トップページ | 夫婦のかたち »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

サイドパーツ