« 八重の桜と会津の女性 | トップページ | サムサノナツニ »

投票率・閑人調より

昨日は、四国を1日で半周した。

まず、高知市への会議に行き、その後、一緒にきていた孫たちを松山の自宅に送る。

宇和島経由で自宅に帰ったのはPM8時過ぎ。

暑い夏のハードなドライブに少々バテ気味でもあった。

007_640x480

その会議のメンバーの女性が閑人調に執筆していることで、ハンドルネームをお聞きしたところ、今日の高知新聞に記事が乗っているというので楽しみに読んだ。

投票率

参院選投票日の1週間ほど前、ある新聞社から選挙の事前調査を受けた。初めての経験だった。

調査は詳細なやりとりがあり、20分程を要した。

投票に行くのか、意中の候補者は決まっているのかに始まり、比例はどの政党に入れるのか、インターネットの選挙運動を判断材料にするのかなどの項目もあった。

そこでも聞かれたネット選挙運動が国政選挙で初めて解禁になり注目された。若者を中心に低い投票率の向上が期待されたが、どうだっただろう。効果はあっただろうか。

本紙では、投票日前日に「県内投票率 史上初 50%割れ危機?」との予測記事が出ていた。結果は予想通りというべきか、県選挙区が過去最低の49.89%。

国政選挙で初の「50%割れ」となった。

 ・・・・・中略・・・・・

しかし、民意を政治に反映させるには、投票率が大きく左右するのは間違いない。

「過去最低」を機に、どうすれば投票率を上げられるか。真剣に考える時期に来ている。

・・・とあった。

私はその日も高知市への会議があったので、期日前投票をすませていた。

今回は「この人」にという候補者がいなかったのは事実である。

それでも投票に行ったのは、1票の重みと責任だと思ったから。

若い世代が棄権することなく投票することで民意を大きく反映する政治がおこなわれる。

投票率については本当に真剣に考える時を迎えている。

 

 

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

« 八重の桜と会津の女性 | トップページ | サムサノナツニ »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ