« 夏を満喫! | トップページ | 投票率・閑人調より »

八重の桜と会津の女性

今日も、孫たちと楽しく過ごしていたら1日がアッという間に終わる。

それでも、お気に入りの「八重の桜」を見る。

最近、見たり見なかったり・・・・録画でみるのは何だかちょっと気が抜けたビールのよう。

だから、番組をそのままTVで見る方が臨場感があるように思える。

今日の展開は

米沢の八重のもとに、尚之助から離縁状が届く。

001_480x640_2


尚之助は斗南藩のために行った米取り引きで詐欺に遭い、取り引き先から訴えられ勾留される。

そんななか、八重たちのもとに兄・覚馬の使いが訪ねてくる。

覚馬は京都で生きていて、皆を都に迎えようとしていた。その知らせに安堵する。

しかし、覚馬に内縁の妻と娘がいるということが判明し、八重とうらは動揺する。

そして、うらはみねを八重たちに託し、自分はとどまる決意をする。

八重ばかりでなく、会津の女性は内に秘めた強さがある。

今回、京都へと旅立つ八重たちと別れ、一人会津へと帰っていく、うらの女性としての強さに思わず涙が出た。

今「八重の桜」が面白い。

※都合によりコメント欄を閉じています。ご了承ください。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

« 夏を満喫! | トップページ | 投票率・閑人調より »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/52743297

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜と会津の女性:

« 夏を満喫! | トップページ | 投票率・閑人調より »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ