« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

紅葉前線

小春日和のよいお天気sun

昨日の続きのみかんを絞る。

2L入りのペットボトル5本と200MLが3本が今年の収穫。

 001_640x480 002_640x480
 
 

一人で淡々とする作業は半日以上時間を費やした。

色々な料理に使うけれど、毎朝作る生ジュースにはかかせない。

収穫の秋の第2段・・・小包の中に毎年入れる食材の1つだ。

明日から11月、フェイスブック上には、各地から美しい紅葉の写真がアップされている。

008_640x480 013_640x480


こちらは11月下旬にならないと紅葉が下りてこない。

改めて日本は長いと感じる。

後、2ヶ月で今年も終わる。

今年は今年の紅葉の季節を大いに楽しみたいと思っている。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

秋深し

秋晴れのよいお天気が続く。

渋柿、酢みかんを収穫。

酷暑の夏にも耐え、よく実ってくれた。

362x640_2


渋柿は渋抜きをし、みかんはいつものように絞ってペットボトルに保存する。

恒例の秋の手作業。

みかん絞りは、時間切れで明日に少し仕事を残した。

夜は日本シリーズを見ている。

巨人―楽天4試合目。 今日は点を取りつ、取られつで面白い。

スポーツ観戦は臨場感があり、フィギュアスケート、バレーボールなどこれからの季節が楽しみだ。

※今、巨人が勝って2-2引き分けとなった。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

日本105位

表題の105位は何の順位だと思いますか?

今日の高知新聞3面のスイス機関調べ「2013年男女格差報告」に掲載されていたもの。

首位はアイスランド、2位フィンランド、3位ノルウェーと上位に例年通り北欧諸国が並ぶ一方5位にフィリピンが入った。米国は23位、中国69位、韓国は日本より低い111位だった。

男女格差報告は各国の女性の地位を経済、教育、政治、健康の4分野で分析し、数値化している。

・・・・とあった。

1129_453x640_2
<四万十市街地にある史跡周辺>

北欧が強いのは、社会保障が充実していることで女性が働きやすい環境であることと選挙にはクォーター制が導入されていて、女性議員が多いことなどが上位の理由だと思う。

日本の格差は歴史的な背景もあり、行政もさることながら、女性自身の意識も大いに関係していると思う。

まずは足元から・・・。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

 

 

地域の宝

久しぶりにNHKの「クローズアップ現代」を見た。

仕事をしたくても出来ない人が「ひきこもり」になっている例が少ないくない。

番組では秋田県藤里町の取り組みを紹介していた。

都会で職を失い、故郷に帰って来ても仕事に就けず結果「ひきこもり」になっている人が多くなっている。

地域とのつながりを持つため色々なことを試みる。

地域活動などのコミュニティーへの参加を働きかけたりするが、すべて上手くいかない。

そんな中で、彼らが一番欲しいのは仕事だということが分かり、簡単なボランティアやアルバイトでの「中間的就労」の場を作ったり、商店街復活に若い力を活用したりした。

すてで30人が職を得た。

仕事についての情報提供を丁寧に出来ることを一歩づつ進める。

これは、どの地域でもあること。

訪問や、後押しする人への支援が大切だと語っていた。

001_640x480

若者への就労支援は行っているけれど、引きこもりになっている人への支援を、このようにきめ細やかにやっている自治体があるのだろうか・・・・人は人から認められることで輝ける。

まさに「地域の宝」その実態と取り組みが、目から鱗の感じだった。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

ドラマに見る女性たち

久しぶりに「八重の桜」を見る。

2周連続見逃していたので2話とも録画で見た。

005_512x640

同志社大学を創設するにあたり数々の苦難を新島襄は八重とともに切り開いている。

そんな中、山本覚馬の娘が嫁に行く。一目母親に会いたいという思いで、会津に八重たちと訪ねる。

・・・戊辰戦争に敗れた会津の復興はいまだ進んでいなかった。

ようやく母親と再開したが・・・。

一度、家を捨てたものは、2度と戻れないと「一緒に住もう」という娘の申し出を断った。

娘の幸せを思う気持ちは、別れてのち毎日神社に向かっている。

母親としての強さと、その愛情が涙を誘った。

そして、会津出身でアメリカ留学から帰国した「捨松」

001_512x640

彼女は薩摩の大山巌と結婚し、鹿鳴館でのヒロインとなる。

日本史では断片的に知識があった部分がドラマで見ると面白い。

少し前のドラマでは薄倖の美女が誰かに助けられてハッピーエンドというものが多かった。

あの時代、自分自身で人生を切り開いた女性たちがいたことに驚きと敬意を表したい。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

農のある暮らし

台風一過、久しぶりに青空の1日。

気温がグーンと下がり肌寒い。

005_480x640

稲刈りが終わった後、連続来た台風や、夫が風邪をこじらして体調不良だったりで毎年中旬には終わっている「米擦り」を今日敢行した。

1袋30kgはちょっと重い。

今は大丈夫だとしても後10年、このハードな仕事ができるのだろうか・・・と不安もよぎる。

午後から娘が手伝ってくれ、大助かりだった。

異常に暑かった夏の影響なのか、今年の出来は、やや不良。

それでも低農薬の我が家の米を待ってくれている親戚や友人たちがいる。

月曜日には、玄米を白米にして、県外の親戚に送ろう。

昨日の新聞に「政府、コメ減反見直しへ」の見出しがあった。

TPP交渉での関税維持を持ちこたえてくれるのだろうか・・・・どちらにしても農業が夢あふれる暮らしになれる日を望みたい。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

素晴らしき人生!

台風27号の影響で大雨が降った。

雨のため、NHK「あさいち」を久しぶりに見ていた。

Photo

今日のゲストは女優・吉行和子さん。

ほんわかした感じで肩の力が抜けているような素敵な女性。

現在106歳のお母さんと二人暮らし。

お母さんは美容師さんとして働き続けた「あぐり」さん、その人だ。

彼女は、友達関係で長く続いているのは、さりげない距離感だという。

そのことが、人生を楽しくしていると言う。

彼女の年齢を感じさせない若さとキレイの秘密は決してうわべだけのものではない。

そして夜。

Thema_top_img


これも、久しぶりに「団塊スタイル」を見る。

今回は60代の女性起業家・菅井陽子さん(65)。

40代で夫の会社が倒産し、多額の借金を抱え、専業主婦から一転して家屋解体の営業に就く。さらに50代の時に脳腫瘍で入院するなど、波乱の人生を送った。

休業している間に考えたことは「遺品の整理」

“残すか、捨てるか"悩む遺族に親身になって向き合うその姿に迫る。

年齢を重ねるのは経験を積み上げた結果、その人の生きてきた証・歳をとるのもまんざらでもないなぁ・・・・と何だか嬉しくなった番組だった。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

 

 

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

ジャコ聖地

昨日の高知新聞「土佐あちこち」に安芸市で行われた「じゃこサミット」のことが取り上げられていた。

安芸市でのジャコ漁獲量は県内の3割を占める。

ジャコの聖地にと初開催された。

特産の「釜揚げちりめん丼」は県内のグルメコンテストで上位になることも多い。認知度も上がっている。

室戸方面への通過点になりがちな同市。どう足を止めさせるかが、安芸観光の課題でもある。

目をひくPR、多彩なメニュー、提供場所の充実。

「ジャコを食べに行く」という目的地にどう仕込んでいくか。

伝統のジャコ漁が息づく安芸市は聖地化の可能性が十分ある。

なぜなら、目の前の海で捕れるジャコは見逃せないほど、うまい。

・・・・とあった。

001_640x480

003_640x480


私と同じコミュニテーの仲間でもあり「防災と女性の視点」のエクスパートであるYさん。

そのジャコサミットを積極的にPRしていた。

どこにいってもパンフレットを持ち、PR用のジャンバーまで着ている。

その情熱にはいつも頭が下がる。

2月に宿毛で開催した講座の講師にも来ていただいた。

その時、「宿毛には素晴らしい歴史的な遺跡がある。なんてもったいない!!・・・・宿毛をもっとアピールしたらいいのに」と言っていた。

今日の新聞「近代の礎」の建設機械コマツの創始者、竹内明太郎氏も宿毛出身者だ

石川県小松市とは、つながりがある。

パワーのある彼女の言葉を今、思い出している。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

 

 

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

イケメン・イクメン・カジダン

イケメンはハンサムな男性でイクメンは育児をする夫。

カジダンは家事をする男性のこと。

多分メディアが造りあげた言葉ではないかと思う。

阿南で開催された日本女性会議で徳島県出身の料理研究家「浜内千波さん」の講演があった。

彼女はよくTV等に出演していて、その彼女が料理番組で共演している、こころときめくイケメンさんがいるという。

谷原章介さんである。

そう言えばEテレの料理番組にも出ていた。

超多忙な彼は、本当に料理が好きで、どんなに忙しくても鰹節と昆布の出汁を作ってくると言う。 子供さんは4人。

イケメンな俳優さんは家庭のにおいを感じさせない。

イクメンやカジダンがフツーになる日もそう遠くないと思う。

雨の朝だったので久々にTVを見ていた。

20代の未婚女性の結婚観は52%が専業主婦を望んでいた。

この時代、夫が仕事、妻が家事の生活が成り立つのだろうか。

働き方も多様化している。非正規労働者の比率も高い。

シンデレラ願望はあるとしても、自分の持てる力や知識を社会に還元してほしい。

そのためには、子育て支援の充実を優先して考えていくことが必要なのでは・・・と思う。

453x640_2

台風28号の影響でザワザワとした天気。

庭のホトトギスも野路菊も雨に打たれていたが、それなりに風情がある。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

 

 

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

WI-FI設定

スマホに変えて1年以上経った。

アプリも、使いきっていなし、使っているのはわずかなもの。

WI-FI設定の画面がよく出てくる。

1022_453x640


タップして接続画面が出ても、パスワード設定が出てくるので、何となくうっとうしい。

自宅ではPCをLAN設定しているし、ほとんどPCで対応なので問題ない。

パブリックのWIFI設定ができれば、海外だって安い料金で接続できるはず。

私の場合、説明書など読まないで、ほとんどの場合「ひらめき」を重視する。

そのとき、閃いた。我が家のLANはバッファローで親機にAOSSを近づけたらノートも接続出来た。

もしかしてスマホも・・・と思ってアプリをダウンロードしてWIFIボタンをONにして近づけたら接続出来た!!

スマホをWIFIに繋ぎ、FBやネットを見ると、早さが違う。

バケット料金もきっと違うはず。

来月の料金表が少し楽しみだ。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

 

 

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

創造的過疎

久しぶりに爽やかなよいお天気に恵まれる。

昨日のお祭りの後片付けに半日費やした。

まず、おみこしを担いでくれた役者さんたちの法被を洗い、乾いた後アイロンかけして収納する。

地域の会計も兼用していて、お祭りにかかった費用を計算し、銀行に・・・。

と結構煩雑だった。

004_512x640


昨日の高知新聞4面に、徳島県神山町の記事が載っていた。

その前には、葉っぱ産業で有名になった、上勝町も同じような取り組みだった。

神山町には、温泉があり、4年ほど前の夏訪れた。

静かな山あいの村。そのころから、廃校になった校舎や空き民家に海外からの芸術家を長期的に受け入れていた。

その神山町にベンチャー企業のサティライトオフィスが次々に開設されているという。

NPOが明確なビジョンと行動力で誘致を主導。

その中心は「企業誘致」ではなく「人材誘致」を目指す。

「来てください、ではなく、来たくてたまらない、そんな雰囲気を生み出すことが大事。それを責任を持ってフォローする」

「創造的過疎」。

人口減少が続いても、若い人の比率が高まれば展望が開けるー。起業家や子育て世帯に照準を合わせている。神山町によると2011年の人口は史上初めて「転入超」に。

四国の中山間地域が直面している過疎・高齢化は10~20年先の都市の姿。

昨日のお祭りでも、高齢化している今を感じた。

この神山町のような取り組みが出来たら、この地域も活性化する___夢のお手伝いができたらいいなぁと思いながら記事を読んだ。

002_512x640

*フィギュアスケートGS・浅田真央さん優勝。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

集う場所

伊豆大島に大きな被害をもたらした台風。

その犠牲になった人たちにこころからお悔やみ申し上げます。

秋の台風がまたやってきている。

今日は、地元の秋祭りの日だった。

001_512x640

004_512x640

生憎の雨でおみこしは出ず、すべてお宮の中で行事が行われた。

勿論、お餅投げも・・・・。

007_512x640

008_512x640


昨日から、地域の人たちが集って、お祭りの準備や餅つきをした。

今年から地域の役員をしていて、お宮の行事の責任者をしている。

お天気が悪いにも関わらず、境内には大勢の人たちが集まってくれ、賑わった。

地域での恒例行事、集うこと、絆の大切さを問われている。

集うことの原点、お祭りの行事を、これからも大事にしていこうと思っている。

忙しかったので写真が撮れなかった。

※大好きなフィギアスケート、GSで浅田真央選手がショートで1位になった。

 

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

直販所

昨日の新聞のコラム「閑人調」に「直販所は今」についての記事を興味深く読んだ。

高知市のある直販所に50km離れた中山間地域の高齢者グループが野菜を卸している。

直販所は自己責任が原則のため、商品を陳列し売れ残り品を引き上げることも全部自分たちで行わなければならない。

加えて輸送手段や経費の問題もあり、生産者が市内に出荷するのは相当難しい。

・・・・中略・・・・

メンバーの表情も生き生きして明るい。

ある人は「一生懸命育てた野菜を、お客さんが買ってくれる。次も頑張ろう!と元気になる。

一方、直販所の方も「高齢者の生きがいに貢献しているとすれば、とてもうれしい」と、生産者目線で応援してくれている。

県は各地に集落活動センターを設けて、中山間地域の振興につなげようとしている。

直販所は今、その役割に新たな一ページが加わったようだ。

006_640x480

私も、自分の畑にないものを買うため、よく直販所を利用する。

野菜が安いのと農家さんとの距離が近い。

野菜の収穫時期は大量に採れるので人にあげたりしているが「生きがいに貢献」してくれる直販所があると、とても嬉しい。

高齢者と直販所・・・もう一度見直すと農作物を作ることが俄然、面白くなりそうだ。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

共存する

高知新聞の一面に「緑つなぐ」というコラムがある。

森林率84%の高知県は、今、いのしし、シカの被害が多く1頭当たり有償での捕獲をしているという。

我が家も、よくイノシシやシカ肉をいただいて、その恩恵に預かっている。

野菜や山林を荒らし、今駆除の対象となっている鹿。

生態系が崩れたのは、自然環境の変化と元々彼らのテリトリーだった部分に人が踏みこんだことも一因ではないかとも思う。

確かに、生産者たちは直接の被害があれば経営も成り立たないし深刻な問題ではある。

我が家の場合、自給自足の畑なので、少々野生の小動物が来ても気にならないのかもしれない。

007_512x640


娘がいる松山には津島から高速を利用する。

その津島までは山あいの県道津島線を通ることが多い。

これからの季節、タヌキやウサギ、シカ等、様々な動物たちに遭遇する。

つい最近、月が美しい夜に鹿の親子づれに出会った。

古くは後鳥羽上皇の「鳥獣戯画」にも描かれているように、人と動物は共存共生していたのだろう。

001_512x640_2

11月、小学生に向けてお気に入りの「ひとりぼっちじゃないよ」を読む。

003_512x640

山のふもとにおばあさんが住んでいて、ある秋の深まった夜、トントンと戸をたたく音がして、開けてみると、そこにウリボウがいた・・・・

挿絵も美しく、おばあさんとウリボウの心温まるお話が好き。

現代社会には、もう通用しないかもしれないけれど、こんなおばあさんになりたいと思っている。

 

 

p>気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

タヌキ発見!!

柿が豊作で、熟した柿が落ちたのを小動物が食べに現れる。

つい最近、お昼頃畑にいたらアナグマと遭遇した。

お互いにギョッとしたが、相手も慌てず、ゆうゆうと去って行った。

猫と犬の間くらいの大きさで、愛きょうのある顔をしていた。

ただ、家の側溝に糞をする。しかもオレンジ色のきれいな落し物だ。

お隣に住んでいる人が仕事にいくとき山に逃がしてもらうつもりで、籠に餌を入れていた。

今朝、その籠に入っていたのはタヌキだった。

003_512x640_2

005_512x640


落ちついていて、少し触っても怒らない。

猫も興味深々で籠の外からちょっかいを出す。

秋は果実類があるので里に下りてくるのだろう。

「お山にお帰り」・・・・檻を空けたら丸いお尻をプリプリしながら逃げて行った。

夫曰く・・・・お尻がお前そっくりだとcoldsweats02

それにしても、我が家周辺は小動物と共存している。

朝から楽しくなった出来事だった。

 

 

気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

秋のお茶事

台風一過、青空が戻った。風が強い1日。

友人宅にお茶のお稽古に行く。

忙しい日々を過ごしている私にとって、このひと時がエッセンスの役割になっている。

着物を着ると不思議と気持ちが引き締まる。

002_512x640

003_512x640

009_512x640


名残のお茶・・・・今の時期にぴったりのお茶を楽しむ。

来月は我が家で・・・・炉になる。

1ヶ月経つのは早い。

日々の移ろいを感じるお茶。

そのこころを楽しみたい。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

聞く力

昨日の高知新聞「週刊中学生」のコラム「本の世界へようこそ」から

人とうまくつきあう秘訣は、聞き上手になること。

人とうまくつきあえない、会話が苦手だと悩んでいる人は結構多い。

それはちょっとした工夫と努力で出来るし、抜群の効果を発揮する。

012_640x480


インタビュアーとして活躍している阿川佐和子さんの著書「聞く力」をひも解いてみる。

聞き上手の極意の一つは「面白そうに聞く」こと。

事前に考えておいた質問にこだわり過ぎると、相手の言葉をちゃんと聞けていないこともある。

会話は生もの。うわっつらの受け答えはせず、その場で聞いた話をまっすぐ、深く、受け止めたい。

相槌は大事。素朴な質問を大切にする。

相手のテンポに合わせる。先入観にとらわれない・・・。アドバイスは具体的で、わかりやすい。

なるほど。だったら「上手に」じゃなくても、まずはじっくり聞いてあげればいい。それだけできっと、相手は喜んでいる。

001_640x480


・・・・私の場合、黙って相手の言葉を聞いてはいるが、自分と価値観の合わない人の話は結構うわっつらで聞いているときがある。

「じっくり聞く」ことの大切さを、このコラムで学んだ気がする。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

秋の花火

昨夜、花火見学に行っていた。

秋の澄み切った夜空に上がる花火は、ひときわ美しかった。

Photo_2

<スマホから>

県下で最後の花火大会とあって、どこから集まったのだろうと思うくらい人も車も多かった。

西土佐から花火見学のお客様があり夕食を「おもてなし」

少し遅くなって出かけたので、2kmほど歩いた場所で花火を眺めた。

慌てていてカメラも上着も忘れてしまった。

30分ほどすると、寒くなったがカメラを忘れた分、美しい花火の映像を心に焼き付けた。

昨日は、1週間後にある祭りの「神社周辺の清掃」にも行っていた。

スケジュールに追われ気味だったが、なんとか切り抜けられた。

Photo_3

今年の夏は半端なく暑かった。

夜空に咲く秋の花火を見ていると、猛暑の夏が嘘のように思える。

あの暑さを乗り越えたからこその美しい花火が見られる。

ファイナルの花火に思わず拍手喝さいした。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

日本女性会議・2013Inあなんー2

昨日の分科会に続き、今日は全体会へ。

あなんスポーツセンターには全国から1600人の参加があった。

018_640x480_2

005_640x480_2

午前の記念講演はTVなどでおなじみの浜内千波さんによる「男女が織りなす食育」がテーマ。

料理はこころをこめて作る。家族と食卓を囲む。 食卓での会話が大切。  価値感を共有することで豊かさを尊重することなど、講師の実践にもとづいた楽しいお話だった。

014_640x480_2

午後のシンポジウムは「いきいきわくわく小さなまちから新たなるステージ」と題して4人のパネラーとしてワークライフバランスを若い世代がどう受け止め実践しているのかを司会者を交えて討論方式での講演だった。

特に印象深かったのは「よかった探し」

ジェンダーの視点を長期に捉える。

「よかった探し」・・・いかに楽しみを蒔き込むか・・・。

自分の置かれた場所で輝こう!に共感し、自分の活動に生かそうと思う。

アトラクションの阿波踊りが圧巻だった。

今まで大きな都市ばかりでの開催だったが、小さな町での開催は市民がボランティア。

参加者のこころに響く温かいおもてなしが印象に残った今回の会議だった。

阿南の皆さま、ありがとうございました。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

日本女性会議In阿南

女性会議に参加のため、お隣の徳島県に来ています。

高知駅を出発したときは雨でしたが、徳島についたら晴れていました。

久しぶりに見る吉野川を渡り、阿南市に・・・・。

阿南工専で「防災」の分科会に参加。

Img_0784_640x480_2

<参加者全員に手作りエコバックでおもてなし>

Img_0786_640x480

Img_0788_640x480

阿南市で防災士として地域防災に積極的に取り組む女性の講演を聴き、その後8つのグループに分かれて「女性リーダー育成のために女性の視点から見た防災」をテーマに討議をおこなう。

全国から参加した女性リーダーたち。

それぞれの場所でそれぞれの取り組みをされている。

その中で福岡県のある市の女性議員の方の発言が印象深かった。

議員数19名中、6名が女性。

政策決定の場に女性がいることで防災についても決め細やかな対策がなされているという。

防災意識は地域によって違う。

おかれた場所で「地域の絆」を作ることが防災の第一歩だと改めて認識する。

夜の懇親会を終え徳島市内のホテルに宿泊しています。

Img_0790_640x480 Img_0791_640x480


明日は全体会に参加します。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

働き方色々

台風一過。

やっと青空が戻って来た。・・・が、蒸し暑くまだ半そでで過ごしている。

時差の関係か、ここ数日、夕方すこぶる眠かった。

帰ってくるとすぐ日常の生活に戻ってはいるが、やはり体内時計は狂ったままだったようだ。

003_512x640


カナダの旅は移動時間が長く、バスから色々観察した。

まずは車。

日本車も結構多く、トヨタ、マツダ車が目についた。

そのほかでは韓国のヒュンダイ社の車も走っていて、ガイドさんにお聞きすると、若い世代がよく乗っていると言うことだった。

それというのも、価格が安くデザインも若者向きだ。

そのうち、日本車を追い越す勢いだという。

002_512x640 142_640x480
 

 
                          
         
広大な土地に植えられていたのはトウモロコシ、飼料用だと言う。

TPPで農産物が関税撤廃になれば、日本農業は立ち行かなくなるのではないかという不安もよぎったりもした。

カナダの人々の働き方は、休日をよく楽しむ。

週末は、家を離れセカンドハウスに行ったり、キャンピングカーで自然の中で過ごすというライフスタイルを大切にしている。

5泊した、どのホテルも、照明は暗かった。

カナダの国民性がロハスな生活を楽しんでいるように感じた。

007_512x640 005_512x640

日本に帰るといつも「この国の豊かさ」を感じる。

15歳~24歳の若者の占める非正規労働の割合は男性42%、女性52%。

晩婚化も進んでいる。

景気は回復しているというが、田舎に住んでいるとその影響はまだ見えてこない。

若者が生き生きと働きやすい国を目指して、経済優先の政策からこころの時代へとスイッチを入れ変える時なのかもしれない。

・・・などとカナダの旅を振り返っています。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

記憶の風化

昨日の高知新聞トップのコラム「小社会」に南三陸町防災庁舎取り壊しの記事が書かれていた。

防災無線放送で繰り返し住民に避難を呼び掛けた当時24歳の女性を含め、職員42人の命を奪ったその建物を取り壊すか、保存するか、町が揺らいだ末の苦渋の決断だったという。

Photo_5


昨年、この場所に立った時、私自身の防災に対する意識が高まった。

Photo_3

歴史の事実を記録としてどう残してゆくか。

世の移ろいにまぎれて、福島の原発事故も含めて忘れ去られてはならない。

あの時の衝撃を忘れず、少しずつ地域の中で防災活動につなげていこうと思っている。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

ときめく心・ハートをわしづかみ

月曜日の高知新聞、週刊中学生に掲載される「中学生の相聞歌」が好きだ。

ときめく心がテーマの短歌が興味深い。

今日の短歌・・・・黄昏の色に染められ紅の輝き放つ君に恋する(中3・女子)

ハートをわしづかみされた「紅の君」はテニス部員のようです。

彼のすてきなところをそのままに大人っぽい言葉で表現して、中学生には大人気の作品です。

ところが大人にとっては気恥ずかしい気分になるような。

008_640x480

先生は書かれています。

大人にとって往時の気恥ずかしい自分を思い出すスイッチになるから・・・・と。

そういえば、私も昔の短歌をみると気恥ずかしい。

青春とは思い返してみて、初めて懐かしいものなのだと・・・・つくづく思った。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

秋のかおり

稲刈りが終わった。

私はというと、いつものようにお手伝いをしてくれる夫の友人たちのため、もっぱら料理を担当。

直後から雨の日が続く。

カナダに行く前に蒔いた野菜たちが生き生きと育っている。

晴れたらジャガイモ、エンドウを植えよう。

008_640x480_2

コスモスの花も咲き、道端の金木犀がほのかにかおる。

秋には秋の楽しみがある。

002_512x640_2


長い飛行時間の中で読んだ本に感動した。

著者はFB上で知り合った比較的近い地域に住んでいる女性。

勤務していた学校での出来事、不登校児との出会い。

その中でお互いが心触れ合い育っていく過程が感動的だった。

こんな先生と巡り合っていたら、きっと人生が変わっていくに違いない。

この本をお隣、愛媛県で教師をしている姪に贈ろう。

こころ迷う時の指標となれば・・・・と叔母は思う。

 

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

カナダ紀行ー4

今回の旅の終わり近く、ホテル内のTVで安倍首相が来年4月から消費税8%の導入決定を報じていた。

10%になる前の8%なのだろうし、いわばもう諦めの気持ちではいたが、やはり決定なのかと画面を眺めた。

カナダは州によって消費税が違う。

多い州は14%、最後のバンフ―などは5%だった。

荷物になるので、お土産類はバンフ―でお買い物をした。

トロントに住む友人は、もうずいぶん前から消費税は高く、高級品と日常品では税率が違っているとおぼろげに聞いた記憶がある。

カナダドルは100円少しでお買い物の計算をするのも便利だった。

いつもはアバウトなのに海外では買い物に関してはシビアになっている自分が可笑しくなる。

640x516
今回のツアーの参加者は36名、日本全国から集まっていた。

ご夫婦や友人、親子、おひとりさまと様々な人たちの構成だった。

人との出会いも旅での楽しみの一つでもある。

食事での会話の中で、心から笑いあえて楽しみを共有する。

最後には、しっかりと高知のこともPRしてきた。

1年に1度、友人と行く海外旅行。

日本を、高知を・・・・この場所にいるという、いつもは感じない何気ない日常と、そして旅に出られるという幸せに感謝している。

<最後まで読んでいただきありがとうございました>

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

カナダ紀行ー3

ケベック→モントリオール→カルガリー→パンフ→カナディアンロッキー

ローレンシャン高原には紅葉の中にナナカマド、あじさい、薔薇等オールシーズンの花が咲いてい<た。

 

翌日はメイプル街道をケベックに向けてバスで移動。

途中、メイプルを採る農家に立ち寄った。

4時間30分かけヨーロッパの影響が色濃いケベック旧市街地のホテルに到着。

135_640x480

131_640x480

ここもフランス語圏だ。

日本人ガイドさんは、宮崎大学在学中で、こちらで研修しているという若い男性。

まだ棒読みで拙いガイドさんだったが、その純粋さがこちらに伝わってきた。

海外に行って感じることは、どこにいっても日本人がいてそして、そこに根をおろして逞しく生きている。

若い時に、海外での生活を体験することで、外から日本を見る目を養ってほしい。

それが、これからの日本の将来を切り開くキーワードなのではないかなどと思ったりする。

翌日はモントリオールにバス移動。

モントリオール市街地を散策する。中心地のノートルダム寺院は結婚式のため、入ることができず残念だった。

モントリオールからカルガリーまで空路で4時間30分。

この旅では余りフリーの時間が少なかったけれど、お隣に座った若い男性とは少し話した。

大学生で、生まれはモントリオールだという。何やらパソコンで資料を作成していた。

ふと見るとフランス語だった。

062_640x480
<ポーターさんが芸術的に積み込んだ鞄たち>

カルガリーからバンフのホテルに着いたのもトップリ日が暮れていた。

翌日はカナディアンロッキーの壮大な風景に圧倒された。

<明日で終わりです>

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

カナダ紀行ー2

トロントからローレンシャン高原へ

ナイアガラから次なる観光地に向かう。

何しろ日本が20個ほど入るほどの国土で、世界第2位の広さを誇るカナダ。

移動にも1日がかり。

トロントからモントリオールまで一時間半の空路の旅だった。

バスでローレンシャン高原ホテルに着いたのは、またしても夜。

065_640x480

070_480x640

カナダの道路は州道で国道がない。

そして州よってはフランス語圏の場所がある。

モントリオールもケベックもフランス語圏で、標識もフランス語だった。

国内で時差があるなんてことも知らなかった。

051_640x480

053_640x480

057_640x480
<リスがいました!!>

ローレンシャン高原では紅葉が美しく、小さな村々も、クルーズでは湖からの紅葉が目が覚めるような色彩だった。

087_640x480

085_640x480

旅発ちのとき、車の中にスマホを忘れていて、ケータイからの投稿が出来なかった。

友人からは心象風景を目に焼き付けること。「脱日常生活」が旅の醍醐味だと言われ、それもそうだと納得する。

パソコン、スマホがない生活を8日続けた結果、不便だけど旅を目いっぱい楽しめたカナダの旅でした。

<次回に続く>

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

カナダ見てきて感じて!-1

ナイアガラ

9月24日から8日間、カナダへの旅に行っていた。 今回、初めて成田からの出発で、往復のアクセスも飛行機で2日間かかり、バンクーバーからモントリオールと西から東までの広大なカナダを横断した。

大きな地図で見る

001_640x480

カナダでの移動手段も飛行機で、国内で時差がある。

日本との時差13時間。

バンクーバーからトロントへ。

トロントからナイアガラに着いたのは22時過ぎだった

ホテルについた後、ライトアップされた滝まで歩いて行った。

004_640x480

滝と言えば人里離れた秘境のイメージがするけれど、ナイアガラの滝は都市の真ん中にある。

目の前にかかっている橋を渡ればアメリカ。カジノが点在する。

011_640x480

 

翌日もお天気に恵まれ「霧の乙女号」 に乗り滝のすぐ傍まで行く。

022_640x480

029_640x480

031_640x480

大きな飛沫を浴びカメラも濡れてしまった。

世界中から訪れている大勢の観光客たちとキャーキャーいいながら滝の絶景を楽しんだ。

夜は10℃前後、昼間は20℃くらいで快適な旅の始まりです!!

<明日に続く>

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ