« ご縁・その2 | トップページ | 限界集落からの挑戦 »

ソクラテスの妻

ソクラテスが哲学者として後世に名を残せたのは、妻が悪妻だったからという。

そもそも悪妻と良妻はどこで区別するのだろうか?

001_512x640

夫のいうことには逆らわず一歩下がった位置にいる妻がいわゆる良妻と言われた時期があった。

自己主張をしないこと。どんな逆境にも耐え忍んでいる姿が想像できる。

私自身、謙虚でいつも笑顔で穏やかな女性に憧れるし、理想的な女性像だと思う。

先日、絵本の読み聞かせボランティアに興味を持った人が、私の担当する学級に見学に訪れてくれた。

後日、感想を聞くと「私は興味があるけれど、家族が反対するからできません」・・・との答えが返ってきた。

自己決定したあとで夫には報告する私は少しショッキングだった。

私が「ソクラテスの妻」ほどだったら自分の人生ももっと変わったかもしれない・・・・ほろ酔い加減の夫が冗談半分で言ったことがある。

肯定的に捉えるべきか、迷うところでもある。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

« ご縁・その2 | トップページ | 限界集落からの挑戦 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ