« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

赤ちゃんたちとの時間

あっという間に2月も終わる。

今日は「離乳食講習会」で赤ちゃんたちの託児の日だった。

子育て支援の一環のボランティアである。

013_640x480

011_640x480

お母さんが講習を受けている間、4ヶ月の赤ちゃんを預かる。

おんぶした後ろからと抱っこした前から赤ちゃんの泣き声が・・・。

泣いても可愛い赤ちゃんたち。

この子たちの未来が、明るく幸せでありますように・・・・と願う。

008_512x640

007_512x640

004_512x640

帰宅途中、緋寒桜が咲いていた。

この桜が咲き、そのあと桜の季節になる。

明日から3月、季節は一気に春になる。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

認められること

午後から雨になった。

午前中、畑で過ごす。家の周りの木々に小鳥たちが訪れる。

雀、メジロ、ツグミ、少し離れた場所で雉も見た。

小鳥たちのさえずりを聞きながら、仕事をする。

豊かさとは物ではなく、こんな時間を過ごせることかもしれない。

春を運んでくる庭の花たちも咲き始めた。

004_512x640

005_512x640

006_512x640


水曜日、夜のドラマ「僕がいた時間」を見る。

ALSの青年、拓人が前向きに生きるドラマ。

弟に愛情のすべてをかけていた母親に、今まで言わなかった本音を話す。

008_640x480


人は一番身近な人に認めてほしい。

認めてもらうことで、自信を持ち、その力が大きく発揮できる。

ほめて伸ばす…子供は可能性がいっぱい、大人だってしかり。

そんなことを思いながら、ドラマを見ていた。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

キャッチコピー

春の日差しが暖かい。

また明日から寒くなるという。

ここしばらく、バタバタしている。

新聞も夜開くことも多い。

012_640x480

013_640x480

今日の新聞の一面、下段の本紹介のキャッチコピーが面白い。

年代や生き方で興味の違いはあるかもしれないが・・・。

「ペットたちは死後も生きている」 「老後はひとり暮らしが幸せ」・・・・等々

猫と暮らす生活は、もう数えきれないほど長い。

その猫たちの最後も見てきた。

現在は17歳の三毛猫1匹。

元気でやんちゃな雄猫は帰ってこない。もう1か月以上経ってしまった。

もしかしたら・・・の希望も捨てていない。

ペットが死後も生きていて、どこかで見守ってくれていたら、この上なく嬉しい。

老後の問題も他人事ではなく感じる年齢になった。

だれもが通る道。

今を生きることが、未来につながっていく。当たり前のことを当たり前に受け止めたい。

 

 

p>人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

水ぬるむ

大根や白菜を洗って糠漬けにする冬の手仕事が日々の煩雑さと風邪で体調が悪かったのとで、今年は大幅に遅れてしまった。

やっと、午前中に洗って日当たりのよい西側に干した。

昼からは、海辺の小学校に読み聞かせに行った。

市内を流れている松田川の下流付近。

Img_2014022421410

Img_201402240377


右岸から眺めた景色がお気に入りの場所の一つ。

水辺に渡り鳥たちが羽を休ませている。

水ぬるむ季節の訪れ。

春はもうすぐやってくる。

 

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

「個」を生き抜く

2月14日の高知新聞に作家・桐野 夏生さんの「坂東眞砂子さんを悼む」という記事が載っていた。

丁度体調不良でブログに書くことが出来なかった。

高知県出身の作家たち「宮尾登美子、山本一力、有川浩」の小説はよく読む。

Photo


けれど、坂東眞砂子さんの小説はまだ読んでいない。

彼女が以前タヒチに住んでいた頃、猫を飼っていて、その猫が子供を産み、子猫を崖の上から投げ捨てたことをエッセイに書いていた。

ストレートな表現が受け入れられなかった。

晩年は高知のダム湖の奥にあったドライブインを買いとり1人で住んで執筆活動をされていたという。

004_512x640


桐野さんは

これほどの山奥で、廃屋に近いドライブンに1人で住む勇気は誰もが持てるものではない。

私は、坂東さんほど独立した「個」を生き抜こうとする作家は他には誰もいない、と感嘆したのだった。

<中略>

坂東さんはホラー作家だったと言われてきたが、ご自身は不満だったのではないだろうか。

坂東さんの作品のテーマは一貫していた。旧弊な村落共同体からの脱出と、対峙を避けて意見を戦わせない日本社会への挑戦である。それは坂東さんの生き方にも通じていた。

雨中の滝。そして、山全体が煙るほどの湿気の中に聳えるドライブインは、まるで坂東眞砂子その人のようだった。カッコいい作家だった。早すぎる死が惜しまれてならない。

との哀悼文であった。

直木賞受賞小説「山妣」を読んでみようと思っている。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

恒例の・・・

霜が降りた朝。

やはり日中は暖かかった。

裏庭のサクランボの花も5分咲きになっている。

今日は近くの小学校での「おやつ作り」

003_640x480

004_640x480


005_640x480


毎年、この時期におこうなう、恒例の行事。

今年は「いちご大福」

006_640x480

いちごを洗い水気をとり、周りを餡子でくるむ。

それを蒸した上新粉でお餅状にしたものを包んで出来上がり!!

超簡単なレシピだけど、色々な形、とりわけ餡子が出てしまって「おばちゃん、こんなになった!!」・・・という子供もいた。

みると手がベタベタで悪戦苦闘。

「おばちゃんが整形手術するね」・・・と言って形を整える。

子供たちから、いつも元気を貰える。

楽しい時間はあっという間に過ぎていく。

和気あいあいのおやつ作り、今年も無事に終わった。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

明日へ

久しぶりに暖かな1日。

お日さまがポカポカ、春が一気に来た感じ。

 
Img_201402184436


朝一番のニュースはソチオリンピック・女子フィギュアフリーでの浅田真央選手の演技。

パーフェクトで滑り終えた時、感動で涙が出た。

ショート16位から一気に6位に。

2014022100000510sanspo0003view

あきらめない気持ちで挑む、その強さに世界中の人たちからもエールが送られていた。

メダルには届かなかったけど、勇気と感動をありがとう!

明日は、近くの小学校での恒例の「おやつ作り」がある。

準備はできた(つもり)

子供たちと、いっぱい楽しもうと思っている。

 

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

利休にたずねよ

新聞を読む時、必ずみるのが映画紹介欄。

今は「小さいおうち」に興味がある。

「利休にたずねよ」は単行本を先に読んだので、映画は後から行こうと思っていた。

タイミングが悪く、見逃していた。

その見たかった映画を、ホーチミンへ行く、飛行機の中で見ることができた。

前座席のタブレットくらいの小さな画面に写しだされる映像だけど、それでも見た気になれる。

6時間45分のフライの中で、福山雅治主演「そして父になる」「利休にたずねよ」の2本。

「そして父になる」は感動がじわ~と伝わってくるよい作品だった。

・・・が「利休~」は見て5分で眠くなった。

001_640x512

飛行機の揺れが眠気を誘うのだろうか。エキサイティングな展開がなかったからか・・・。

004_640x512

005_512x640

007_512x640

昨日は、お茶のお稽古日で、我が家が当番。

当番の日、前後は部屋も庭もきれいにするので、夫からは「お客様が来ると家がきれいになるからわかりやすい」とのコメントがあった。

メリハリをつけて、お茶のお稽古も継続することが大切だと思っている。

楽しむお茶も、継続してこそ・・・ここが原点だ。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

挑戦!

ソチ・冬季オリンピックも終盤を迎えた。

開催時に南ベトナムに行っていたので、その情報が全然入らなかった。

ホテルのパソコンで、フィギュア団体戦:浅田真央選手の滑走順が分かったくらい。

帰宅した後は風邪でダウンしていて、ニュース速報で日本選手の頑張りを眺めていた。

男子フィギュアでは羽生選手が金メダル獲得。その素晴らしい演技に魅了された。

6位入賞の高橋選手は、その演技力に心打たれるものがあった。

もうすぐ女性フィギュアSPが始まる。

Photo

浅田真央選手のファンではあっても、その時間まで起きられない。

録画をしておこう。

オリンピックに向け果敢な挑戦と練習の日々。

勝利の女神が微笑んでくれることを祈る。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

そこはかと春

2日連続で冷たい雨が降る。

そんな中でも、春は確実に訪れている。

裏庭の梅も8分咲き、椿も早いものから咲き始めている。

005_512x640

006_512x640


昨日から少しずつ活動を再開している。

今日は7ヶ月の赤ちゃん宅を訪問した。

若いママさんは知っている女性だった。

退職後、3年ほど非常勤事務をしていたときのお客様のお孫さんだった。

007_512x640

お互いがびっくり!!の再会。

その時、旦那様のお母さんが、滋賀県から来訪中だった。

1人息子の彼は、こちらで就職したため、長期滞在用の家も近くに借りていること。

少し早目に退職した彼女は、滋賀で「地域おこし」のボランティアをしていて、仕事をしている夫さんの退職後は、ここを終の棲みかにしたいという。

「おじいちゃんが、天国から巡り合わせてくれたんだよね」とお互いが納得してお別れした。

この偶然の出会いが、これから楽しく繋がっていく予感がする、そこはかと春の午後だった。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

南ベトナム・さよならいつか

2日目はホーチミン市を南下、メコンデルタ地帯のミト―へ。

途中の道の駅では美しい花がいっぱい咲いていた。

453x640

メコン川クルーズで中洲のタイソン島へ。

トロピカルフルーツを試食。

アオザイを着た若い女性たちによる歌を聴く。

日本人向け「幸せなら手をたたこう」に拍手喝さいだった。

ミニジャングルクルーズで熱帯雨林を体感した。

086_640x480

416_480x640

077_640x480

午後からはホーチミン市に帰り、観光やショッピング、スパなどを楽しんだ。

ゆっくりと時間が流れる。

何だか懐かしい雰囲気のある都市・ホーチミン。

南ベトナムは常夏の国。雨季と乾季があり、3月までは乾季だという。

ガイドのロンさんはいう。

 

日本は第2次大戦で敗戦。原爆投下という悲劇と瓦礫の中から復興した。

 

各国の企業がベトナムに進出しているが、日本企業は時間管理は厳しいけれど、誠実だ。

 

ホーチミン市街地のバイパスも日本政府の援助で出来あがり交通渋滞がなくなった。

 

自分たちは日本に対して、いつも感謝している・・・と。

 

この言葉を聞いて胸が熱くなった。

 

台湾でも、似た言葉を聞いたことがある。

 

先人たちが、かの地で暮らした時、よきおこないをした証なのだろう。

 

それこそが私たちの誇り。

 

同じアジアの国々が心を開き、この国のようになれば嬉しい。

成田から6時間45分、時差2時間のベトナム。

 

さようならいつか・・・またきっと訪れたい。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

ベトナム旅行記ー3

今日も、関東地方は大雪だという。

FBやブログで交流のある皆様、お見舞い申し上げます。

そしてソチ・オリンピック、フィギュアスケート・男子シングルで羽生選手が金メダルと嬉しいニュースもあった。

317_640x480

093_640x480

435_640x480

303_640x480

ベトナム旅行記の続きです。

ベトナムの教育制度は4-5-3制。

教育熱心な国だと現地ガイドのロンさんが話していた。彼もまた、日本語がとても上手だった。日本語は独学で勉強したという。

431_640x480

ショッピングや食事にいっても、日本語の上手な若い人が多くいた。

通貨はドン。一万ドンが50円なので二万ドンが100円、タクシーの1区間も300円以内である。

ドルも円も使えるが、おつりはドンで返ってくる。

フリータイムはベトナム雑貨やカフェ、ブティックが立ち並ぶ「ドンコイ通り」を散策。

木陰のこの通りは涼しく快適な時間を楽しむことができた。

453x640_3


ベトナム料理はとても美味しかった!!

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

ホーチミンの旅ー2

今回の旅は1月が余りにも忙しかったので、その休養と思って娘と出かけた。

滞在は正味2日と短かったが、楽しい旅の思い出ができた。

ベトナムは南北に細長く、首都はハノイ。

Photo Photo_2


1975年サイゴン陥落後、ベトナムが統一された後、ホーチミン市となった。

世界史では南ベトナムはサイゴンと覚えたのを記憶しているし、実際も、いたるところにサイゴンの文字が目に入る。

ベトナムは、フランスや近隣の国、記憶に新しいベトナム戦争と悲劇の歴史だったといえよう。

28年後の今、町の人口は約339.6万(平均寿命74.8歳)と活気にあふれている。

278_640x480

282_640x480

ホーチミンについて驚いたことは、バイク人口の多いことだ。

車よりバイク、4人乗りバイクもザラだった。まず大通りに信号がない。

車はトヨタが多かった。

現地のイケメンガイドさんは、ゆっくり渡ると大丈夫だという。

初めは、恐る恐るだった横断も最終日は平気になっていた。

親日的で、人々は温かく、若い人が多い。

中国人の比率が高く、背丈も余り高くない。

アオザイが似合うのは女性が華奢な骨格だからだと納得する。

 

420_640x480

<不機嫌なベトナム美人>

051_640x480

<日本人女性>

1日目は、カソリック大教会、歴史的建造物の「中央郵便局」、豪華な建物「統一会堂」、活気あふれる「ペンタイン市場」などホーチミン市内観光をする。

317_640x480

321_640x480

015_640x480
<結婚式の前撮り?>


食事もうわさ通り、大変美味しかった。

午後から行きたかったショップに・・・・。のんびりとフリータイムを楽しんだ。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

ベトナム・ホーチミンへの旅

2月7日から4日間、南ベトナム・ホーチミンへの旅に行っていた。

楽しい旅を終え、ホーチミン空港に到着すると成田が大雪で飛行機の発着が大幅に遅れているということだった。

最終的には4時間遅れで成田空港に着いた。

羽田までのアクセスも遅れていて、高速バスを避けJRでギリギリ高知行きに乗り込むことができた。

♪行きはよいよい帰りはこわい♪・・・だった今回の旅。

乾季のベトナムは日中は30℃木陰は涼しく、夜は25℃で思ったより暑くなかった。

丁度旧正月のお休み最後の日で、黄色の花がホテルの玄関に飾られていた。

フランスの統治が長かったベトナムは、その名残の建築物も多く、アジアでありながらヨーロッパの香りも漂う。

001_640x480

013_640x480

316_480x640

旅から帰って体調不良で熱が出てしまった。

ようやく回復したので、明日からまた旅のことをアップします。

とりあえずご報告まで。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

印象

寒い1日。

明日もまた寒波がやってくるという。

1日中暖房を初めてつけた。

011_640x480


TVを見ていると、色々な事件が報道されている。

震災後、被災地支援のための資金15億円が、あるNPO法人のトップが流用していたというニュースが報道された。

憤りを通り越してなんだがとても悲しい。

この事件は真面目に向かい合っている被災者支援団体にとってもマイナスのイメージになるのではないかと・・・。

顔からくる印象なんて余りあてにならないけど、その人の人生がでているように思う。

彼の場合、まだ30代。

歳を重ねるほどによい顔になる人もあれば、その反対もある。

生き方が顔に出る。

004_640x480


ず~と昔、夫と旅行にいっていた時の記憶が未だ忘れられない。

どこかのお城だったように思う。

その時、出会った老夫婦は、実に穏やかなお顔をされていた。

お互いを思いやり、女性は微笑みをたやさず、男性はさりげない気遣いをみせていた。

「あんな風になりたいね」・・・・と夫と話したことが懐かしい。

私たちも、もうすぐ彼らの歳ごろになる。

はたして、よい顔になれているのだろうかと、ちょっとだけ心配でもある。

いつもご訪問ありがとうございます。明日から4日ほどブログお休みします。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

冬のドラマ・僕のいた時間

PM10時頃の時間帯はTVのある部屋でブログ更新している。

「僕のいた時間」が、今いちおしのドラマだ。

今どきの青年がある日突然左手が動かなくなる。

日々が過ぎていく中で、体の硬直感があり何度か病院にいく。

ある病院で、その症状からALSだと診断される。

恋人とも別れ、職場でも自分の病状を告白する。

Photo


難病と向き合う主人公と言えば、暗くて重いドラマになるが、三浦春馬演じる拓人は、人には内面を見せず、明るく生きようとする。

残された時間をどう向き合い、生きるか・・・・この後の展開が楽しみだ。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

ドラマ・紙の月

立春の今日は、昨日との温度差10℃以上、寒い1日だった。

001_512x640

002_512x640

<紅侘助>

予定では、大根を引き、干し大根や漬けものにしようと思っていたが余りの寒さに畑仕事は中止した。

7日から4日ほど家を留守にするので久しぶりに保存食を作る。

楽しみに見ているNHKドラマ10「紙の月」が最終回だった。

銀行にアルバイトとして勤務していた41歳の女性が主人公。

1億円を流用して発覚する前に東南アジアに逃亡する。

高校時代仲の良かった2人もまた極度の節約家であったり買いもの依存症だったりする。

3人の女性の心の闇と、しあわせとは何か・・・を問うドラマだった。

映画化された「八日目の蝉」といい、角田光代さんの小説から目が離せない。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

フェイスブックとLINE

暖かい1日だった。今ニュースで、3月下旬~4月上旬の気温だったという。

今日は久しぶりに、ゆっくりできた休日だった。

ふとみると紅梅が咲いていて、藪椿もひっそりと咲いていた。

Img_2014020327365

Img_201402031302

明日は節分。

季節の移り変わりは早い。

FBを始めて1年過ぎた。色々な人たちと繋がり、私の拙いブログも読んでくださっていて感謝している。

LINEも、娘たちや友人たちとやりとりしている。

二つともとても便利である。

まず、会話感覚で書くことができる。

私自身、便利で早いツールが好きではあるが、ブログへの書き込みは、文章を考えるプロセスも自分なりのこだわりで楽しんいる。

今日も深夜の書き込みとなった。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

新たな一歩!

セカンドライフは「地域が少しでも元気になれたら・・・」と思い、頼まれごとや興味のあることを楽しみながら活動をしている。

昨年11月、家庭からでる生ごみをボカシを使って土を再生し「元気で美味しい野菜を作る」という講演を聞いた。

その後もボカシ講習など、興味のある人たちが集まり、今日、その第2回を開催した。

003_512x640

001_512x640

40名ほどが熱心に学習。

FM2型、ボカシ作り、家庭で簡単に作るヨーグルトや甘酒など、楽しい講習。

004_512x640

005_512x640

<手作りヨーグルトメーカー>

006_512x640

私は、資料や案内状を作成するという分野で協力している。

みんなの熱い想いが形になった。

すくも夢いっぱい会「ゆうきで元気」部会が立ち上がった。

これから、楽しいことを発信したい。

有機で育った野菜で「青空カフェ」をという企画もでた。

またまた忙しくなりそうだけど、私のできる範囲でお手伝いしていこうと思っている。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

サイドパーツ