« ベトナム旅行記ー3 | トップページ | そこはかと春 »

南ベトナム・さよならいつか

2日目はホーチミン市を南下、メコンデルタ地帯のミト―へ。

途中の道の駅では美しい花がいっぱい咲いていた。

453x640

メコン川クルーズで中洲のタイソン島へ。

トロピカルフルーツを試食。

アオザイを着た若い女性たちによる歌を聴く。

日本人向け「幸せなら手をたたこう」に拍手喝さいだった。

ミニジャングルクルーズで熱帯雨林を体感した。

086_640x480

416_480x640

077_640x480

午後からはホーチミン市に帰り、観光やショッピング、スパなどを楽しんだ。

ゆっくりと時間が流れる。

何だか懐かしい雰囲気のある都市・ホーチミン。

南ベトナムは常夏の国。雨季と乾季があり、3月までは乾季だという。

ガイドのロンさんはいう。

 

日本は第2次大戦で敗戦。原爆投下という悲劇と瓦礫の中から復興した。

 

各国の企業がベトナムに進出しているが、日本企業は時間管理は厳しいけれど、誠実だ。

 

ホーチミン市街地のバイパスも日本政府の援助で出来あがり交通渋滞がなくなった。

 

自分たちは日本に対して、いつも感謝している・・・と。

 

この言葉を聞いて胸が熱くなった。

 

台湾でも、似た言葉を聞いたことがある。

 

先人たちが、かの地で暮らした時、よきおこないをした証なのだろう。

 

それこそが私たちの誇り。

 

同じアジアの国々が心を開き、この国のようになれば嬉しい。

成田から6時間45分、時差2時間のベトナム。

 

さようならいつか・・・またきっと訪れたい。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« ベトナム旅行記ー3 | トップページ | そこはかと春 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/55021423

この記事へのトラックバック一覧です: 南ベトナム・さよならいつか:

« ベトナム旅行記ー3 | トップページ | そこはかと春 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

サイドパーツ