« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

子ども食堂

朝ドラ「花子とアン」を見た後の「あさイチ」を時々見ている。

003_640x427

4月28日は「気づいていますか?子どもの貧困」がメインテーマ。

食事が満足に食べられない、学校に必要な物がそろえられない、そんな“子どもらしい生活を送れない”子どもたちが増えている。

厚生労働省の発表によると、子どもの貧困率は15.7%、およそ6人に1人の子どもたちが、貧困の状態にあるといわれ、20年前の1.4倍になっている。
番組では、経済的に苦しい家庭で子どもたちが育つとどのような影響があるのか、その実態を伝え、地域の大人として何かできることがあるのか、ないのか、議論する。

、「NPO法人 豊島子どもワクワクネットワーク」という団体の活動の一つに「要町 あさやけ子ども食堂」がある。

他にも、プレーパーク、無料塾、といった活動を通して地域の子どもを地域で見守る活動をしている。

子ども食堂は、個人のお宅を開放してくれる人がいて開設された。

集まってくるのは近所の子供や赤ちゃんをつれたママ、大変な家庭の子どもなど色々な人たちが集いワイワイご飯を食べる。

ほとんど、細かい事は決めずに手探り状態で初めて1年。
ご飯を食べる人も、お手伝いする人も強制ではないので来たいときに来て帰りたいときに帰っていくというゆるい関係。気負わず気負いもないからつながりを生んでいる。

食材も、沢山いただく時もあれば、ほとんどない時もあってその中からメニューを決める。

個人宅なので、閉店の時間は決まっているものの、近所に迷惑がかからない程度に皆さん帰って行く。

「寄り添うだけで、それだけで良いと思います。」

「子ども」だけでなく私も含め様々な人の居場所になっている。
そんな不思議な空間が、色んな地域に出来たらいいな。

006_640x427

・・・と結ばれた。

素晴らしい取り組みにTVに向かって拍手してしまった。

こんな感じだったらいつでもできる!!  明日への希望につながった。

  

  

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

こども記者だより

お天気が悪い休日の朝。

斜め読みだった新聞を3日分ほどまとめて読む。

お気に入りのカップで、コーヒを飲む至福のひと時である。

003_640x480

高知新聞、日曜版「こども記者だより」が目にとまった。

優秀記者賞に「想像力で地域に提案」という記事だ。

宿毛市大島小学校4年生の増田華子さんが新聞投稿をしたのは3年生の時。

掲載された記者だよりなどを張ったアルバムが2冊目になった。

その中でベスト記者だよりを本人に決めてもらった。

それは「宿毛市に世界遺産を」という記事。

咸陽島がフランスにあるモンサンミッシェルに似ていることを発見。

もっと多くの人が来る観光地にと1つの提案をする。

「『すくもんさん=ミッシェルロード』とか名前をつけて売り出せば有名になるかもしれません」

この記事が地域の話題になり「褒めてもらって嬉しかった」と振り返る。

想像力は、母親とのおしゃべりが種となり花へと育つ。

よく本を読むことも要因の1つ。

004_640x427

そのお母さんとは絵本の読み聞かせの仲間の一人でもある。

身近な人のホットな話題が嬉しかった。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

美しい佇まい

午後から雨になった。

庭の花たちや数日前に植えた夏野菜の苗たちが生き返っている。

牡丹に代わり芍薬が咲き始めた。

002_640x427

昨日の「考える村」でのこと。

010_640x427_2

施設内の喫茶店「舞花」で切りもりしている女性と時々お手伝いしているという陶芸作家の女性の佇まいも考える村にふさわしい人たちだった。

さりげない心配りと知的な雰囲気が、その空気感にしっくり溶け合っていた。

歳を重ねた美しい人とは、こんな女性たちのことかもしれない。

国道から6kmほど登った先は太平洋を見下ろす雄大な眺めだった。

桃源郷のような場所です。

   

    

舞花「おもてなしランチ」は要予約

村に湧く美味しい水で淹れるコーヒーをはじめ、軽食、手作りケーキあり。

営業時間 10:00~16:00 (5月から火・水定休日)

宿泊(要予約)

4名様から団体20名様まで

宿泊料金 大人5,200円

〒781-5703 高知県安芸郡芸西村西分甲5502-2

一般社団法人 考える村

TEL/FAX 0887-33-3681

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

考える村へ

芸西村の高台にある「考える村」に行っていた。

017_640x427_2

012_640x427_2   

015_640x427_2 

女性陶芸家のTさんに三島手の抹茶碗を依頼していて、お茶碗が出来上がったという連絡があったのは3月だった。

ここしばらく色々忙しく中々行く機会が持てず、やっと今日実現できた。

国道55号線の手結から山側に6kmほど上り詰め、視界が突然開けた場所に「考える村」があった。

太平洋が一望できる見晴らしの良い場所。

宿泊もできる施設は広々していて「舞花」という喫茶もあり、ランチを美味しくいただきた。

002_640x427

優しい味付けは旬の素材を生かしていて、心のこもったおもてなしを感じた。

ランチのあとはTさんの「狸狐庵窯」にお邪魔する。

026_640x427_2

022_640x427_2

024_640x427_2

ベランダにヤマガラやシジュウガラ、メジロも時々水浴びやエサを食べにやってくる。

ご夫妻によくなれていて、見ていて微笑ましかった。

019_640x427_2

Tさん邸での楽しい時間はアッという間に過ぎ、復路はあちこち寄り道しながらPM10時無事帰宅した。

高知の西に住んでいる私は東の地域のことはあまり知らない。

高知の自然は豊かで美しいことを、再認識できた日帰りの旅だった。

Tさんとは初めてお会いしたのに初めての感じがしなかったのは、FB上のお付き合いがあったからなのだろうか。多分お人柄からかもしれない。

突然の訪問にもかかわらず、快く受け入れてくださったTさんご夫妻、心からありがとうございました。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

マイブーム

食べ物にもブームがあるらしく、最近飲む酵素がよくPRされている。

塩麹も一時人気があった。

日本食が無形文化遺産に指定されて久しい。

何も料亭の高価な料理を食べるのではなく、日常の料理全般なのだと受け止める。

味噌汁、漬物、納豆、豆腐など、通常の食べ物が今、見直されている。

ブームは一過性のものだとしても、昔から食べ続けている物が体によいことが実証された。

010_640x427

私のマイブームは季節の食材を加工することや、味噌作りなどだ。

来月には裏庭の梅ももうすぐ熟れる。そしてラッキョウを漬ける作業も待っている。

初夏の手作業は嬉しい忙しさだ。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

ヤマボウシの咲くころ

裏庭のヤマボウシが咲いた。

10年ほど前、少し離れたところに夏椿も植えた。

その夏椿は、3年ほど経ったころから花をつけたが、ヤマボウシは一向に花が咲く気配がなくようやく3輪ほど咲いたのは3年前からだった。

今年はいっぱい花をつけてくれた。

009_427x640

006_640x427 

義母が「花が咲かないなら切ってしまう」と木にいうとビックリして咲くかもしれない・・・と言った言葉を思い出している。

その義母も7年前天国に旅立った。

5月に咲くヤマボウシは今年は少し早い開花だ。

父と木蓮、すずらんは北海道のTさんなど、花にまつわる思い出はいっぱいある。

季節が巡っても花たちが咲くたびに、これからも思い出すことだろう。

それは私にとって大切な贈り物なのだから・・・・。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

花咲く庭

友人宅に久しぶりに行っていた。

花が大好きな女性で、庭先は百花繚乱。

毎日、花たちと過ごす時間は長いということだった。

どうりでお世話が行き届いている。

001_640x480 004_640x480

005_640x480 006_640x480

007_640x480 008_640x480

010_640x480 011_640x480_2

013_640x480 014_640x480

植物たちは慈しみ育てる分、それに応えてくれる。

育てる楽しみは人も同じ。

大きくな~れ・・・と無欲に向き合うと、きっとそれに応えてくれる。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

スーパープレゼンテーション・食育

スーパープレゼンテーションが面白い。

今回は、イギリスのカリスマシェフ・ジミーオリバーがアメリカの肥満についてプレゼンした。

肥満大国、アメリカの食事情から始まり、問題提起する。

食事をファーストフードに頼り料理をしない母親の子供たちは幼児のころから、肥満が多い。

具体例として、小学校から食育について専門家からアドバイスを受け、卒業するまでに10のレシピが作れるる子供にする。

家庭、学校、職場でも食環境を改善することで肥満が解消する。

アメリカが先進的な取り組みをすることで世界が変わる。

・・・というような内容だった。

001_640x427 

一度太ってしまうと元に戻すには大変な努力が必要になる。

私自身、3kgのダイエットがなかなか難しい。

アメリカのみならず、日本でもファーストフードが若者に人気だ。

食育が健康で長生きできる一番の秘薬かもしれない。

今日は、母子推進員総会があった。

003_640x480 005_640x480

2年間を地域の赤ちゃん、お母さん達を陰でサポートする。

このボランティアを初めて3期目を迎える。

少子高齢化が顕著な地域で安心して子育てできる場づくりをと地味ではあるが取り組んでいる。

最近、お母さん方との距離が縮まっている。

一歩ずつ、着実に。。。。は私の座右の銘である。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

個性とは

ブログ更新時、何気なくつけているテレビの歌番組にAKBのかわいいアイドルさんたちが登場する。

大勢の若い女性たちが同じ服で踊り歌う。

誰が誰なのか全然わからない。

娘にいうとそれは「おばさん現象」なのだと。

004_640x427 

それにしても没個性。

彼女たちのファッションが若い女性たちに影響を与えていることは、いうまでもない。

ファッションとはメディアに作り上げられた産物なのだろう。

一人一人が輝いて生きてこそが個性。

少し違うことをする。目立つことをすることで、集団の中で浮き上がり、それが孤立し、いじめへとつながる事例もある。

没個性の中では人は息苦しい。

個を大切にすることが、集団行動につながっていく。

社会現象が変わることで人は生きやすくなるのではないか・・・と、そんなことを思いながらTVを見ている。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

リーダーの資質

大河ドラマ「軍師官兵衛」を纏めてみている。

群雄割拠の戦国時代、どのように自分の領土を守るか、リーダーである領主の決断によって命運が分かれる。

004_640x427

秀吉の場合、、この人のためならばと思わせる何かがあったのかもしれない。

竹中半兵衛が若くして亡くなった後、黒田官兵衛を軍師として召し抱える。

秀吉の晩年は、老いてなお保身のため政りごとを誤り、豊臣が滅びたのは史実として有名だ。

三国志の劉備玄徳に仕えた諸葛孔明の敵を欺く戦略が面白く、わくわくしながら小説を読んだ。

リーダーは、優れたブレーンによってリーダーたる資質を発揮できる。

お互いを、尊重しあいながら、よりよい関係性を築いたのであろう。

史実は、そっくり現代の自分たちにも当てはまる。

そんなことを思いながらドラマを見ている。

   

  

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

桜守

桜が終わっても桜の便りが届く。

昨年弘前城、角館、函館の桜を追っかけて旅した。

5月10日前後だった。

残念ながら函館、五稜郭の桜はまだ固いつぼみだったが、弘前、角館では満開の桜に迎えられた。

弘前城は思いの他、コンパクトだったが、そこから見る景色は雄大で雪を頂いた高い山々と桜のコントラストが美しかった。

東北の桜の季節には人も大勢訪れていた。

066_640x480

081_640x480

樹齢が百年という古木を覆うように満開の桜が咲いていた。

桜の木を、慈しみ日々、診断する木のお医者様的な人たちがいるという。

その人たちのおかげで、私たちは毎年美しい桜を見ることができると地元ガイドさんが説明をしてくれた。

063_640x480

見えないところで働いている人がいる。

長い冬が明け、桜の季節を迎えると東北は一気に春になる。

桜守のような存在があってこそ桜の名所として有名になり、そこに人も訪れる。

先日、欅の街路樹が折れ、通りかかった子供が大けがをしたというニュースを聞いた。

メディアは、事故のことばかりをとらえ報道していたが、日々の管理が問われてくる。

地味な作業ではあるが、大切なことである。

ふと、昨年の弘前城での桜守の話を思い出したことだった。

   

    

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

集う場所づくり

春は人の出入りや講習会等があり、なんとなく慌ただしい。

昨日は地域おこし協力隊で赴任して来られた男性の歓迎会に出席。

奈良から、はるばる土佐の西の端にある宿毛市で地域を元気にするお手伝いをしてくれる。

ご縁とは不思議なもの。これから私たちも活性化に向け協力しながら踏み出していきたい。

012_640x480

今日は事務局をしている「ゆうきで元気部会」の第3回ぼかし作り講習会があった。

001_640x427

003_640x427

005_640x427

009_640x427

EMⅡ号で土づくりをするノウハウを学ぶ。

今回も大盛況だった。

ボカシで土づくりを実践したレンタル菜園を見学。

夏には、無農薬野菜を使っての「青空カフェ」を予定している。

楽しいことには人は集まってくる。

連日のボランティアで少々疲れぎみではあるが、達成感があった午後のひと時だった。

   

  

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

ぼたんとモッコウバラ

今か今かと待ち焦がれたボタンが咲いた。

002_640x427_2_2 

001_640x427_2

裏庭のモッコウバラも今が盛りと咲いている。

夏椿に絡み付いて咲いているので、大きな塊の花のように見える。

015_640x427 

008_640x427

今夜未明から明日にかけて、雨が降るというので夕方ボタンに傘をさした。

近所の人や、来客たちに「見て見て!!」と花自慢している。

きれいだ・・・といってもらうと、それだけで嬉しい。

マイガーデンはこれから、しばらく美しい花たちの饗宴が続く。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

出会い

今日は恒例のお茶のお稽古日。

4月で炉はお終いになる。

001_640x427

設えは、あまり変わり映えしないけれど床の間周辺は少し春らしい雰囲気に・・・。

いつもは二人でお稽古しているが、今日から、その友人の知人が加わった。

初めてお目にかかったが、どこかでお会いしたような、そんな雰囲気の女性だった。

色々お話しているうちに共通の友人がいることや、私が唯一運動しているところにも行っているというので驚いた。

高知市での初釜のお手伝いも行っていて、少しのところでお会いできていなかった。

必然は偶然の重なり。

そんな彼女との出会いを大切にしたい。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

朝ドラ・花子とアン

ぼたんの花が咲いている。

我が家のボタンはつぼみで、今か今かと咲くのを待っている。

008_640x427

010_640x427

朝、夫と娘を送り出した後、見るのは朝ドラだ。

それも、自分が出かけるときもあるので、見たり見なかったりではある。

今回のドラマは「赤毛のアン」の翻訳家である村岡花子さんがモデルだということで興味がある。

Slide_344373_3588074_free

モンゴメリ原作の「赤毛のアン」は中学生の時読んだ記憶がある。

カナダ・プリンスエドワード島、グリーンゲイブルズでの物語。

初恋のギルバードブライス、とってもかっこいい男の子で将来、夫となる。

夢見るアンは、そのまま私たち、そのものだった。

赤毛が嫌で髪を染めたら緑色になったこと・・・・など今でもストーリーを覚えている。

続きが待ち遠しかった少女時代が懐かしい。

いつしか、アンからも卒業し、色々な本を読み漁った。

なので、熱狂的なファンかといえばそうでもない。

ただ、熱中していた時代があったことをドラマを通して思い出している。

花子がどうして「赤毛のアン」を翻訳したのか、これからの展開が楽しみだ。

  

  

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

ツバメ飛来

夕方、帰宅して車庫に車を入れ外に出ると黒い影がよぎった。

天井を見るとツバメが帰って来ていた。

008_640x480 

「お帰りなさい}・・・と頭上のツバメに声をかけた。

車庫は彼らが巣立つまで、シャッターを開けておこう。

庭のぼたんの花も、もうすぐ咲く。

私の中の小さな楽しみがまた増えた。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

私OK!あなたOK!

静かな雨が降る日曜日。

お隣の町にいる母のところに行く。

雨に煙る山々が美しい。

童女のようになった母のおしゃべりをひと時聴く。

そして帰るときは、いつも涙ぐむ母に「また来るね」と約束して帰る。

明日は勤めていた職場のOB会がある。

今年、来年と幹事のため、資料作りや諸々の雑事に追われる。

後は、イベントが楽しく終われたらと祈るばかりだ。

002_640x480

パソコンを開いたらYahooニュースで「ひどく落ち込んだ時に立ち直った言葉」というコラムがあった。

人は色々な言葉に傷つき、また救われる。

私の場合、「私OK、あなたOK」という言葉に救われた。

それは「ソーレ」主催の講演の中で聞いた。

そうだ!!「あるがまま」でいいんだ!・・・と思ったとき心が軽くなった。

それ以来、ソーレとのご縁が続いている。

以来、人も許し自分も許し、あるがままを受け入れて前に向かって歩いていく・・・というスタンスが私の生き方になっている。

   

  

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

春の恵み

昨日とは打って変わって少し肌寒い1日。

曇っていたが、毎年今頃いく山菜採りに夫とでかけた。

蕨が生えているという場所は結構、急な斜面に生えていて歩くのがやっとで、私は周りの景色をみていた。

山つつじが美しく咲いていた。

002_640x480

そのあと、イタドリやタラの芽も採った。

帰宅して、イタドリ、ワラビは下処理して冷凍保存する。

タラの芽は天ぷらにして、夕食の食卓に・・・。

恒例の山菜採りは忙しくもあるが、私にとっていつも楽しいひと時でもある。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

本屋大賞

2014年の本屋大賞に和田竜さんの「村上海賊の娘」が選ばれた。

最近は昨年度の受賞作「舟を編む」が映画化され、日本アカデミー賞も受賞、何かにつけて話題性に富む。

本屋大賞は、本屋に勤めている全国の店員さんのお勧めの本。

だから興味も大きい。

004_640x480

002_640x480

書店に行くと真新しい本のコーナーに手書きの「おすすめ本」が並んでいてフッと手に取る。

AMAZONで、ついつい買ったりしていて、あまり本屋さんに行っていないし、最近はハウツー本ばかりで、小説は読んでない。

それでも電子書籍より本のほうが魅力を感じる。

「のぼうの城」の著者でもある和田さんの作品は歴史小説。

TVでコメントを聴いたが、やはり人物の背景などは綿密に調査するという。

夫が「のぼうの城」を読んだ感想は、面白かったそうだ。

歴史小説を好きになったもの、手近にある夫の本を読んだのがきっかけだった。

村上水軍の話は興味がある。

夫に買ってもらい読んだあと、またおこぼれにあずかろうとしよう。

それも、晴耕雨読の楽しみなのだから・・・。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

地域おこし協力隊

午前中、所用で出かける途中、自宅近くで市長に出会った。

車から降りてご挨拶すると、かたわらにいる男性を紹介された。

彼が、以前から要望していた「地域おこし協力隊員」で、赴任して来たということだった。

念願が叶ったところだが、彼とともに地域をどうしていきたいのかを具体的な事例を含めて考えていくことになるだろう。

002_640x480

003_640x480

004_640x480

女性の視点を地域にどう生かせていくかが、これからの課題になる。

夕方、最長老の男性から電話があった。

「自分の住んでいるところが、よくなってほしい。頼みます」・・・・と明るい声だった。

真摯に受け止め、私たちも、できることから彼をサポートしていきたい。

  

  

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

春の四万十川を遡って

うらうらと暖かい春の1日。

四万十町十和に住む夫の友人宅を訪問する。

ここは四万十川上流にある地域で、川幅が広く山々は青葉と山つつじのピンクの花のコントラストが美しい。

100_640x427

040_640x427

043_640x427

046_640x427

奥様とは昨年、お目にかかっていて以来、1年ぶりの再会。

ご自宅には焼き物や押し花を使った絵画などが多々あり、悠々自適な生活を楽しまれている。

田んぼに、薬草となる「センブリ」や「アマチャ」を栽培されていて、見学させてもらった。

057_640x427

060_640x427

061_640x427

グループ栽培で薬草会社と契約しているという。

コメに代わる新たな挑戦、それには地域の結束力が必要。

寡黙な雰囲気の彼には、そのリーダーとしての資質が備わっているのだろう。

一歩踏み出した取り組みに関心した。

都会から若者たちのIターン組も多いという。

やはり四万十川というネームバリューも大きいのだろう。

081_640x427

十和の隠れた観光スポットにも連れていただいた。

088_427x640

089_640x427

087_640x427

充実した1日だった。

帰り少し疲れてしばらく仮眠し、夕暮れ近くなって帰宅した。

  

  

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

春の1日

久しぶりにポカポカ陽気の今日。

昨日と今日、2日がかりで8人分のお布団を干し、シーツ・毛布を洗う。

いつまで続くことができるか心配しているが、今はまだ大丈夫ではある。

以前勤務していた職場OB会事務局も今年回ってきて、資料作りや細々とした打ち合わせなどをする。

夜は、違う団体の退職者へのお祝いの会にも出かけていた。

Img_2014040841889

・・・とバタバタと1日が過ぎていく。

日脚が伸び夕方まで明るくなったのが嬉しい。

歳と共に疲れやすくなっているが、それでも頼まれたことは断れない。

楽しく生きられているのだろうか・・・・・・見上げた空に星が美しく輝やいている春の夜です。

  

  

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

黒潮町の焼きドーナツ

昨日、久しぶりに「人生の楽園」を見た。

舞台は黒潮町。

1_46 1_1

主人公のご夫婦も大阪から4年前にこの地に来た。

地域の人たちのふれあいや、移住者たちが集まってパーティーをしたりと第2の人生を楽しんでいる。

ご夫婦は次男の考えた「焼きドーナツ屋」を開店した。

最初は赤字続きだった店が昨年から軌道にのり、次男夫婦も合流し、今は彼らに店を任せている。

007_640x427

番組は家族が移住している、その黒潮町の魅力を紹介していた。

その店は国道沿いの4差路にあり、高知市への行き帰り目にして興味があった。

それにしても、黒潮町は県外の移住者が多い町でもある。

行政のHP欄も充実しているし、メディアを通して上手にPR活動も行っている。

新しいご当地グルメの開発にも積極的である。

町民が力を合わせて地域を元気にする、幡多地方の先進地たる黒潮町に学びたい。

  

  

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

記念日に思う

一家族が帰り、ちょっぴりさみしい夕食。

6人で食卓を囲むのも今日が最後となる。

そんなとき、思いがけないサプライズがあった。

407_640x480

今日は私たちの結婚記念日。

家族が増えていたので、毎日がアッという間に終わり、記念日のことも、すっかり忘れていた。

そんな私たちの前にケーキのプレゼントがあった。

数えきれない年月を経て、今こうやって夫婦が健康で娘や孫たちに祝福されていることが心から嬉しい。

思えばその時の4月5日は桜が満開だった。

002_640x480

季節が巡って、最近は桜の開花が早くなってしまっている。

明日は、その家族も帰っていく。

生活リズムが、すっかり狂ってしまってしまったが、また元の静かな生活に戻る。

そして、また私自身の活動も始まる。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

芽吹きの季節

冬に逆戻りしたような1日。

洗濯物が風に舞う。

外遊びが好きな子供たちも寒いのか、すぐ家に入ってきて少し遊んでは外に出る。

田舎の生活を満喫して明日、明後日と帰路に着く。

新学期を迎え、それぞれの場所で新しい出会いも待っている.ことだろう。

113_640x427

115_640x427

お休みが続いたらまた帰っておいで・・・。

私たちは、ここで待っているから。

床の間の花を活けようと庭に出ると柿の木に新芽が芽吹いていた。

もうすぐ新緑の季節がやってくる。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

魂の香気をまとう

大家族4日目。

いつもと違う日常に少々疲れ気味ではある。

今日、孫の一人が問題集を買いたいと言うので、久しぶりに書店に行っていた。

時間つぶしに雑誌を立ち読みしていて、面白そうなので、その雑誌「婦人公論」を買った。

004_640x427

003_640x427

少しパラパラとページを捲っていると曽野綾子さんの「世間の流行は疑ってみる」というタイトルが目について読んでみた。

「人は年相応に変化するほうが美しい」と語る曽野さん。どのような年の重ね方が人としての美を生むのか・・・6つ秘訣を公開。

装いは人に対する尊敬の表現

好みに従って生きる

世間が流行しているものは疑ってみる。本当に意味があるものなら受け入れ単なる流行ならば、むしろ真似しない。

「香気」をつくる人間の勇気

謙虚に自分のしたいことを持ち、相手にも希望を許すこと。勇気が人間の香気をつくっている。威張るものでもなく、ひそかに持ち続けるもの。

伝える言葉は磨いてこそ

場の雰囲気に合わせる言葉を使いこなすには、本を読むことが大切。会話は人生の楽しみそのもの。

人に何かをさしだす

どう見えるかはどうでもいい。

品格とは結局、人間の内側の問題。他人からどう見えるかということは、どうでもいい。それより自分の内側が満たされているほうが、安定のいい生き方だ。

内面の充実は、多分死ぬ時に大きくものを言います。「私は何のために生きてきたのか」などと自問することなく「よい一生だった」と心から思える。

こういう人は、自分の内側が充実されたと感じる瞬間を無数に持ってきたのでしょう。

 この世に生かしていただいた、神様か仏様か、あるいは周囲の人に、自分という人間をよく使っていただいたという感謝を持って生きる。それこそが人生の充実だという気がします。

・・・最後の「どう見えるかはどうでもいい」に大いに納得する。自分の最期にそう思えるような生き方をしたい・・・と思うけれど、実際は難しい。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

いつか日の当たる場所で・スペシャル

今日から4月。

昨日から孫たちが帰省している。

いつもは静かな我が家も急に賑やかになり、その分家事が忙しくなった。

元気に外遊びしている彼らを遠くから見守っている。

庭の花たちも美しい咲いている。

遅く植えたチューリップやアイリスも咲いた。

花咲く春は短い。そんな季節を楽しもう。

008_640x427

006_640x427

013_640x427

014_640x427

021_640x427

024_640x427

夜、NHK・ドラマ10「いつか日の当たる場所でスペシャル」を見る。

このドラマは毎週楽しみに見ていた。

芭子と綾香、二人の主人公は前科があり、7年間の刑を終え社会復帰する。

過去を隠しお互いを支えあいながら、前向きに生きてきた二人に色々な試練が訪れる。

一度踏み外した人への社会の風当たりは冷たい。

030_640x427

社会復帰とは?生きるとは?・・・を真摯にとらえたドラマ。

スペシャルでどう展開するのだろうか?

結末が楽しみではある。

   

   

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

   

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ