« ミラクル黒潮町 | トップページ | 幸せ指数 »

想像の翼

今一番楽しみにしているドラマはNHK朝ドラ「花子とアン」だ。

村岡花子さんは「赤毛のアン」の翻訳家として有名な人物。

ご本人の史実をもとにドラマ化していると思うと、ワクワクする。

中学生のころ、この本に出会ってシリーズを読むのが楽しみだった。

いまだに、その本の内容を覚えている。

ドラマの中で代用教員になった花子が教え子のために童話を少女雑誌に投稿し、入賞する。

その教え子と別れるときに言った言葉が印象深い。

辛い時や、一人ぼっちになって悲しい時「想像の翼」で楽しいことを考えると、辛いことなど、忘れてしまうよ・・・・と。

花子がどうして「赤毛のアン」を翻訳するようになったのか、これからの展開が楽しみだ。

003_640x480

私も、その想像の翼を持っていた子供だったように思う。

なので、一人の時間もあまりさみしくなかった。

そんな性格は、おばさんになった今も変わっていない。

一人の時も、大勢の人といるときも、居心地のよい場所にいられるというのは幸せなことではないかと・・・。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

 

« ミラクル黒潮町 | トップページ | 幸せ指数 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/56291986

この記事へのトラックバック一覧です: 想像の翼:

« ミラクル黒潮町 | トップページ | 幸せ指数 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ