« 7月の薔薇 | トップページ | 明日への希望 »

恋文

昨日の薔薇の名前で「しのぶれど」や「はつ恋」があった。

002_640x640


“しのぶれど、色にでにけりわが恋は、ものや思うと人のとうまで”や

“あいみての燃ゆる思いにくらぶれば昔はものをおもわざりけり”

など百人一首にある有名な短歌。

学生のころ覚えたこれらの短歌は忘れていない。

どちらも、恋のうた。

現代は、このような恋文もメールでやりとりするのだろうか。

最近、私もめっきり手紙を書かなくなった。

思いのたけを伝える手段はいろいろあるだろうけど、やはり自筆の手紙が嬉しい。

水戸黄門の切り札「印籠」になるかもしれない・・・と夫からの手紙もいまだ束にして保管している。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 7月の薔薇 | トップページ | 明日への希望 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/56694739

この記事へのトラックバック一覧です: 恋文:

« 7月の薔薇 | トップページ | 明日への希望 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ランキング

  • ↓クリックお願いします(^^♪

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

他のアカウント