« 秋の薔薇 | トップページ | 彼岸花の咲く道 »

心の窓

小雨の中、計画していた地域の花壇の草引きと花の種を植えた。

本来は「老人クラブ」がやっていた行事をそのまま受け継いだ。

今夏は雨が多かったから草も半端ない。

2時間後にはきれいになった。

Img_2014092028195 Img_2014092056816 Img_201409200838

とても忙しくなったけれど、それでも気持ちよく協力してくれる人たちがいてありがたい。

朝ドラが見れない時は録画を見る。

006_800x600

009_800x600

012_800x600

戦争が終わって、ラジオのおばさん」として復活した花子はラジオに向かって話しかける。

自分の生い立ちから、なぜ翻訳の仕事を初めたかを・・・。

「心の窓を開き一歩を踏み出すことで、自分の進む道が見えてくる」・・・・と。

激動の時代を生き抜いた背景には、どうやら「心の窓を開く」がキーワードだったのかもしれない。

花子を理解し、彼女を陰からバックアップした夫の存在も大きい。

彼女のおかげで「赤毛のアン」に熱中した私の少女時代があったのだから。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます♪

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)




« 秋の薔薇 | トップページ | 彼岸花の咲く道 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/57442446

この記事へのトラックバック一覧です: 心の窓:

« 秋の薔薇 | トップページ | 彼岸花の咲く道 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ