« イギリス旅行記-2(チェスター~リバプール) | トップページ | イギリス旅行記ーファイナル(ロンドン) »

イギリス旅行記ー3 コッツウォルズへ

台風一過、澄みきった青空が広がる。

18歳の猫を病院に連れて行き、私自身も風邪気味のため病院へ。

秋の日差しの中で、猫と寄り添う1日。

旅行記第3弾。

724x1024


雨の中、ストラトフォードアポンエイボンで「シェークスピア」の生家と7歳年上の妻、アン・ハサウェイさんが実際暮らしていた農家を見学。

シェークスピアの眠る教会は落ち葉が散り敷いていた。

次に訪れたコッツウォルズ地方は古きイングランドの片田舎の趣を現代に残している地方。

いつか「ターシャの庭」のようなイングリッシュガーデンにいきたいと思っていたことが実現した。

昔ながらの家々が並び煙突から煙がでている風景はノスタルジックでもあった。 

翌日はバース経由でロンドンへ

バースは旧ローマ時代の温泉施設がり、いまでも温泉が湧いている。

市街地ではストリートミュージシャンたちがいて、ホテルカルフォルニア、ジュピターなどの懐かしい歌を歌っていた。

そこには社会科見学の  junior high schoolの学生で溢れていた。

彼女たちは美しくしばし見とれてしまう。

ただ、10代を過ぎるころは残念ながら太ってしまっていて、このころが一番美しい。

そんな彼女が私たちを見て「中国人?」て言っているのが聞こえて「私たちは日本人だよ・・・とついつい言ってしまう自分が可笑しかった。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)




« イギリス旅行記-2(チェスター~リバプール) | トップページ | イギリス旅行記ーファイナル(ロンドン) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/57678775

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス旅行記ー3 コッツウォルズへ:

« イギリス旅行記-2(チェスター~リバプール) | トップページ | イギリス旅行記ーファイナル(ロンドン) »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ