« 残念な結果 | トップページ | 私、失敗しないから・・・ »

掬水月在手(水をきくすれば月手にあり)

10月の「お茶のお稽古」が、今日やっとできた。

一番季節の良い時期なのに、イギリスにいったり、自分の都合で延び延びになってしまった。

お茶は道具を選ぶことから始まる。

002_533x800

「掬水月在手」は私の大好きな書である。

お茶碗は萩と少し季節が遅くなってしまった。

風炉の最後の月、名残の道具を出す。

細水差はあるけれど、釜がない。

来年に託すとして、ある道具で間に合わせる。

膝も少し自信がないから、今日はお点前はお客様にお願いした。

最近目まぐるしいほど、煩雑なことが多い。

そんな中で、お茶のお稽古をしているときが、ホッとできる瞬間だ。

来月は炉になる。

炉は炉の楽しみ方がある。

1年を通じて季節を感じ今ここにいる幸せを、かみしめることもまた豊かな時間なのかもしれない。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)




« 残念な結果 | トップページ | 私、失敗しないから・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/57756161

この記事へのトラックバック一覧です: 掬水月在手(水をきくすれば月手にあり):

« 残念な結果 | トップページ | 私、失敗しないから・・・ »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ