« 師走の贈り物 | トップページ | 秋のドラマ »

とおりゃんせ

1年の終わり、来年の暦とお札を各家庭に配る。

売る・・・という言い方が正確かもしれない。

50軒ほどの小さな集落だけど、一戸一戸訪れ、日々のことなど話していると3時間ほど時間が過ぎていた。

ただお話を聞いているだけなのに、人々は優しい。

Img_2014122125243

おもちをついていたところでは、おもちをいただき、サツマイモを煮て「干しイモづくり」をしているところでは干しあがった「ひがしやま」をいただいた。

「寒いから入って!!」って・・・と言われるままに入った場所には蒔きストーブがあった。

♪とおりゃんせ、とおりゃんせ、ここはどこの細道だ。天神様の細道だ、どうか通してくだしゃんせ。この子の七つのお祝いにお札を納めに参ります♪

・・・は天神様だけれど、氏神様は八坂神社。お札を売りにの違いはある。

ほっこりした暖かさと人の温かさを感じた師走の1日だった。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

upクリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 師走の贈り物 | トップページ | 秋のドラマ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/58337271

この記事へのトラックバック一覧です: とおりゃんせ:

« 師走の贈り物 | トップページ | 秋のドラマ »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ