« 野良猫・ノンタ | トップページ | 空家列島 »

小説・寒椿

昨日の新聞に高知出身の小説家「宮尾登美子」さんが逝去したニュースが一面に載っていた。

003_800x533


彼女の出自である「芸者置屋」の話が多かったが文体に品位があり、好きな小説家の一人だった。 

寒椿は、薄倖の芸者が結核になり病む病室から見える白椿が、美しい彼女と重なった描写が短編ながら印象的だった。

「天璋院篤姫」 が最近読んだ本だった。

逆境の中、強くたくましく生きた女性たちのストーリーで、一時期集中的に読んだ記憶がある。

高知県の希望の星がまた一つ落ちた。

小説の中で、よく舞台になった「得月楼」に明後日、お茶の初釜で訪れる予定だ。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 野良猫・ノンタ | トップページ | 空家列島 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/58531117

この記事へのトラックバック一覧です: 小説・寒椿:

« 野良猫・ノンタ | トップページ | 空家列島 »

ランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ