« 久しぶりに | トップページ | 埴生の宿 »

深夜食堂

久しぶりに映画を見た。

高知市にはよく行くけれど映画を見る時間がとれず、やっと今日シネマズを訪れた。

「深夜食堂」は好評の漫画がドラマ化、そして映画化された。

食堂の主と、そこに出入りするお客さんとの心温まる物語。

東京の路地裏に、決してきれいとは言えない小さな食堂には常連さんたちや、さまざまな人たちが出入りする。

「深夜食堂」はそんな人たちの心の居場所。

Photo_2

Photo_3


小林薫演じる店主は、わけありのお客様の過去に踏み込まず、さりげなく支える。

ナポリタン、とろろご飯、カレーライスと3話形式のお話にホロッとくる。

この映画を見て昔、OLをしていた大阪時代、帰宅時よく寄っていた「喫茶店」を思い出した。

そこは、この食堂のように小汚い佇まいにも関わらずサイフォンで沸かすコーヒー専門店で、いつもサラリーマンでいっぱいだった。

主は偏屈人で自分の気に入らない人や、にぎやかにおしゃべりする人はシャットアウトしていて黙って座ると「お気に入り」のコーヒを淹れてくれた。

そのコーヒーの味を今でも覚えている。

個の時代と言われて久しい今。

「まだまだ日本も捨てたものではない」・・・・この映画を見て静かな感動を覚えた。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 久しぶりに | トップページ | 埴生の宿 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/59027609

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜食堂:

« 久しぶりに | トップページ | 埴生の宿 »

ランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ