« 雛の思い出 | トップページ | お花見企画 »

桃李・花散る里

雨が上がると、花が一斉に咲き誇る。

紅梅、白梅、そのうちに桃の花が咲き、桜も開花する。

裏庭の椿が雨で散り敷いている。

Img_2393_800x600

Img_2392_800x600

Img_2397_800x600

Img_2400_800x600


むかし読んだ源氏物語の「花散る里」の項を思い出す。

源氏物語を読むきっかけになったのは漫画、大和和紀さんの「あさきゆめみし」だった。

なぜか「花散る里」が好きだった。

源氏の思い人の中で、才能をひけらかさず、謙虚でつつましい彼女の生き方が好きだったのかもしれない。

三国志もツジムラジュサブローさんの人形劇から。

それが本を読むきっかけになった。

劉備玄徳、張飛、関羽が固い絆で結ばれたのも桃園だった。

里山に花の季節が訪れる。

 

 

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 雛の思い出 | トップページ | お花見企画 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/59146904

この記事へのトラックバック一覧です: 桃李・花散る里:

« 雛の思い出 | トップページ | お花見企画 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ