« 風わたる | トップページ | 我が家のペットたち »

父親との絆

GWは、いつものことながらアッという間に終わる。

昨日と今日、全員がそれぞれの場所に帰って行った。

裏庭に回ると夏椿が咲き始めていた。

この花が咲くと初夏のはじまりを感じる。

Img_2541_800x533


久しぶりに「宋メール」を読む。

・・・・前略・・・・

>現代の日本では父親が小さな子供と一緒に仕事をする機会は殆どないかも
しれませんが、そのかわりに旅行、行事、家事などのチャンスはたくさんあります。

>特に家事はお金も時間も準備もかからないのでお勧めです。家事は決して
女性だけがするものではありません。それは稼ぎを男だけがするものでは
ないのと同じことあです。もし、女性に社会進出してほしいならば、まず男性は
家に戻る必要があります。社会進出させておきながら家事も従来通り女性に
任せるならば、女性はあまりにも可哀そうです。

・・・・・中略・・・・

>昔の日本人男性も家事をしなかったかもしれません。しかし、彼らは数十キロも離れた会社にも行きませんでした。家から見えるところで農作業していました。庭や家の修理もしていました。奥さんも子供もそれらの仕事を手伝っていました。その労働を通じて時間を共有し、体験でしか伝えられない教育ができたのです。 戦後の教育を批判する経営者は多いのですが、たぶん一番の責任者は自分たちでしょう。最近、ソニー創業者盛田さんの息子さんの惨状を報道で知ったのですが、トヨタのケースとはあまりにも違うのです。長い目で見ると家族との関わりはそのまま企業の運命に響くのです。 ゴールデンウィークが始まりましたが、仕事に誇りを持ち、それを理由に家族と過ごす時間を削ってきた方々、取り戻すよい機会ですよ。

Img_2549_800x533


最近の男性は家事も子どもと遊ぶことも自然体でできている。

我が家の場合、婿がそのよい例である。

普段、仕事で忙しい彼はONとOFFを上手に切り替えていて感心する。

GW中、彼らは港で魚を釣ったり、近くの野山で遊ぶのが楽しかったようだ。

何もない田舎の休日を楽しんで帰って行った。

「戦いすんで日が暮れて」・・・・を実感している初夏の夜です。

人気ブログランキングへ     ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 風わたる | トップページ | 我が家のペットたち »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/59900973

この記事へのトラックバック一覧です: 父親との絆:

« 風わたる | トップページ | 我が家のペットたち »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

サイドパーツ