« 合歓の花が咲くころ | トップページ | おのころのんのんー5 »

自分をどう元気づけるか

昭和19年6月29日、徳之島沖で敵の魚雷を受け撃沈した富山丸戦没者の慰霊祭が、毎年6月最終日曜日、高知市の護国神社で行われる。

その慰霊祭に今年も行っていた。

徳之島への参拝は、遺族の高齢化のため、年々少なくなっているが、ここは年毎に増えている。不思議な現象だ。

慰霊祭が終わり外に出てみたら赤ちゃんを連れての参拝の若い女性がいた。

赤ちゃんは孫の孫の孫に当たりるという。

歴史はこのような形で受け継がれているのが嬉しい。

この1週間雨ばかりで、今日は久しぶりのよいお天気だった。

Img_2695_800x600

Img_2698_800x600_2

このまま家に帰るのは惜しく、桂浜に行ってみた。

よくよく考えると、10年以上行っていない。

観光客の姿もちらほら・・・。

竜馬像はリニューアルされきれいになっていた。

松林から、海が見え波の音が聞こえた。

この1週間、スケジュールがいっぱいだった。

疲れすぎて元気が出ないし、笑顔にもなれなかった。

私が元気を取り戻すのは、よく眠ることと、こんな風にちょっとした場所に行くこと。

「自分をどう元気づけるか」は自分自身で対処していくしかない。

 

 

 ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 合歓の花が咲くころ | トップページ | おのころのんのんー5 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/60548982

この記事へのトラックバック一覧です: 自分をどう元気づけるか:

« 合歓の花が咲くころ | トップページ | おのころのんのんー5 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ