« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

アウトドア会議・牧野植物園

長く続いている女性グループの定例会を牧野植物園で行った。

最近はそれぞれの地域で活動しているため1年に3回ほどしか集まらない。

今回は、活動報告と、1月にある「ソーレまつり」への参加とその詳細を話し合った。

牧野植物園は私のお気に入りの場所。

Img_20151031_43708

Img_20151031_4622 Img_20151031_4386

Img_20151031_4978 Img_20151031_47603

Img_20151031_46802 Img_20151031_48243

Img_20151031_49624 Img_20151031_50127


園内は季節の山野草が咲いている。

戸外で会議するのも気持ちがよい。

1週間に2度、高知市まで行くのは少々疲れてしまうけれど、今日は気の置けない仲間との集まり。

レストランでの食事を含めて3時間ほどの滞在が短く感じた。

10月も慌ただしく過ぎていった。11月は楽しいスケジュールも計画している。

明日から11月、1年があっという間に過ぎていく。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)




CtoC・新しい働き方

先週金曜日のNHK「四国羅針盤」を見ていたら「CtoC」の話題に興味をひかれた。

消費する側だった個人が販売する側にまわるCtoC(個人間取引)が活況だという。

手作り品を販売するサイトなどネット上の市場規模は年間3兆円を超えるという予測もある中、企業が作る商品とは一味違う、消費者ならではの視点で開発されたヒット商品が生まれている。

子育ての合間にアクセサリーを手作りし、月100万円を売り上げる主婦も現れた。


CtoCで変わる消費の現場と、新たなライフスタイルを模索する人たちを取材する。
 

・・・という番組。

Img_20150926_49656

土佐清水で若いご夫婦が草木染のハンドメイドバックやその他手作り小物を作ってネットで販売している。

顧客は海外にも及んでいる。

都会に住んでいなくてもアイディア次第では、田舎でも生活できる。

新しい働き方が、若者のライフスタイルになれば田舎に住むことも可能だ。

これからの希望の灯りになれそうだ。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)




そこはかと秋

昨日から会議で高知市に行っていた。

久しぶりに娘宅にお泊りする。

行き帰りに見る風景は、そこはかと秋の気配。

Img_20151028_41272

Img_20151028_460


9月に植えた地域の花壇もコスモスが可憐に咲いている。

Img_20151028_37323

Img_20151028_38712


夕方久しぶりに雨が降った。

雨のあとは寒くなる。

少しずつ、秋は深まっていくのだろう。

あちこちから「紅葉だより」が聞こえるようになると無性に旅に出たくなる。

秋から冬にかけて、この季節ならではの一瞬の美しさに私は惹かれるからかもしれない。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

幡多探訪

夫が長年関わっている「全国富山丸遺族会」の各県代表会議が今年は高知県西部で開催された。

昨日、今日とそのお手伝いをした。

東京、鹿児島、熊本、宮崎、香川から懐かしい人たちが集まっての楽しい2日間だった。

駅やフェリーまでお出迎えをし、宿泊地である宿毛「国民宿舎・椰子」まで送る。

Img_3235_800x600


今日は宿毛歴史博物館→四万十市・トンボ公園→佐田の沈下橋→黒潮町・あかつき館(上林暁文学館)を見学した。

あかつき館ではちょうど「火花」の又吉直樹氏が講演に訪れた後だったので、写真や展示物もあった。

Img_20151025_50569

Img_20151025_51542

Img_20151025_52507

あかつき館から松林を散策すると目の前に美しい海と砂浜が広がる。

今までは県外からのお客様を案内するとき、決まって「足摺岬」を外さず行っていた。

今回は女性の意見を尊重し、ゆっくりとした行程を選んだ。

秋の休日、沈下橋周辺は若い女性観光客の姿も多かった。

少し違う視点で幡多を楽しむのも一考だ。

四万十市内のホテルに彼らを送り私の1日が終わる。

来年もまた全員が元気で再会することを約束してお別れする。

帰宅したときは秋の日はとっぷりと暮れていた。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

「はたも~ら」のコラム

歯科医院で、ふと手に取った「はたも~ら」というフリーペーパーに阿部夜郎さんのコラムが載っていて思わずニンマリしてしまった。

00_566x800

「深夜食堂」の連載で映画化されている四万十市出身の漫画家。

「なんちゃぁない話」・・・今回は高知市と幡多の違いというところか。

それは言葉の訛り(イントネーション)や、高知市への距離にある。

お城下までは今でこそ2時間と短縮されたが昔は1日かかり、何かのイベントはすべて高知市まで出向かなければならない。

言葉もしかりだ。

それでも幡多にこだわるところは同じだと思って読んだ。

私も高知市には友人も多いし、下手をするとOB会などでは幡多弁は10人中私一人という場面もしばしある。

こだわりは、それくらいで気質は同じ。

空港から自宅まで3時間かかっている。

早く高速道路が延伸してほしいと思うのは幡多に住む私たちの切なる願いでもある。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

又吉さんの講演

芥川賞受賞作家で、お笑い芸人の又吉さんが18日、黒潮町で講演をしたというニュースが、高知新聞のほぼ一面を使って報じられていた。

Img_3234_800x600

彼は黒潮町出身の私小説家「上林暁」氏のファンだったという。

会場には600人が早朝から並んでいたという。

私はその日、地域のお祭りだったので行けなかった。

残念ではあったけれど、何時間も並んで待つというほどの情熱もない。

まだ「火花」も上林暁の小説も読んでいないからだ。

又吉氏は、小さいころから本が好きだったという。

本をいっぱい読んで、感性が磨かれていったのだろう。

下積みの時を経て磨かれた感性と才能が花開いた彼の次の作品が楽しみだ。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

物忘れ、それとも・・・

もう1か月ほど雨が降らない。

畑や花に朝晩水やりをするのが日課になっている。

少し日陰の場所にある柿の葉が秋らしく色づいていた。

Img_20151021_15792

ここしばらく、超がつくほどあわただしかった。

今日も早朝から小学校へ読み聞かせに行き、そのあと所属しているグループの広報を送る作業をし、神祭関係の諸経費を金融機関に行って清算する。

お祭りの後、支払ったものは、すくパソコン処理をしたものの、伝票を添付する時間がなく、後で・・・と思ってどこかに置いた。

今日、やっと時間が空いたので、添付作業を・・・がどこに置いたかわからない。

1時間ほど探してやっと見つかったところは、バックに入れていた封筒の中だった。

なぜこんなところに?

認知症になったのか、単なる物忘れなのか。

少々ショックな出来事だった。

これは神様が少しゆっくりしたほうがいいよ・・・というサインなのかもしれない。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

交流研修会

愛南町での交流研修会が終わった。

なにやらあわただしく、資料も作ったものの、一度も練習しなかった。

持ち時間でやれるかどうか心配だった。

私より前の人が大幅に時間超過したので、私はその分、短縮できるところは短くし、時間内に済ますことができた。

例年、交流会のあと他団体の実践で自分たちにできることを取り入れて、少しずつ活動が前進している。

今回は複数のボランティア組織があまり広くないスペースを共有しながら、うまく利用している。

Img_3223_800x600

Img_3222_800x600


Img_3220_800x600

ここにくることで、ホッとできる居場所になっている利用者がいるということだった。

まさに、これから私たちの目指すことだ。

なにやら少しだけ、明るい希望が見えた今回の研修会だった。

宿毛に帰ったあと、次なる講習会の打ち合わせに行く。

今日も又あわただしくも充実した秋の1日だった。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

豊穣の秋・まつり

さわやかな風が心地よい休日

今日は地域の秋祭り。

Img_20151018_41786

Img_20151018_38205

Img_20151018_39803

Img_20151018_42611

五穀豊穣を神様に報告しお礼をいう。

いつものように境内では、ご近所さんたちが和やかに話している。

昔からお祭りは地域の絆。

高齢化が顕著なこの地域で、いつかは迎える老いの時を、私はまだ実感していない。

今はこの場所で、彼らに寄り添いながら暮らしていく。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

発想の転換

最近、新聞もまとめて読むことが多い。

昨日の高知新聞コラム「土佐あちこち」が面白い。

記者が発想の転換だと思ったのは絵本だったという。

それは「3びきのかわいいオオカミ」のお話。

豚にレンガの家を壊されたオオカミたちは次は頑丈な家を建てるがそれもダメでまたまた強い家を建てる。

いくら強い家を建てても壊されてしまうオオカミは「花の家」を建てる。

それがきっかけで、豚とオオカミは仲良くなる。

「大事なのは、強さに対して弱さ、強さに対してやさしさ、強さに対して美しさ」だと住民のまちづくりの実践研究者である、「幻燈会」の主催者は話したという。

日常の些細なことから、国同士の関係まで、物語のように現実はうまくは進まないが、この柔軟な発想は、誰もが生きやすい「町や社会そして世界」へとつながるヒントだと学んだ。

この視点を心に留めておこう。

絵本には深さがある。

Img_3216_800x600


小中学校での読み聞かせをするときのポイントもここにあり・・・・絵本の深さをどう読み伝えるか・・・のヒントになった。

私もこの視点を大切に本選びをしよう。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

老人力

19日(月)、お隣の愛媛県愛南町で子育て支援交流会がある。

その資料をようやく作成した。

高齢化人口を調べたところ、やはり高知県が上位3位に入っている。

5年後、10年後を思いたくないけど、現実をしっかり受けとめた上での対処を考えるということになるのだろう。

12112272_845497932235267_9087175836


以前、萩本欣一さんが駒沢大学に入学したというニュースを見た。

その時の彼のファッションは、まさに今風の大学生と同じ。

孫の年齢にあたる学生とキャンパスを楽しそうに闊歩していたすがたに流石!!・・・だと思った。

いくつになっても学ぶ姿勢は大切。

TVの中の彼に拍手を送った。

高齢化を逆手に取ると、健康であれば今までの経験を活かし社会に貢献できる。

子育て支援と高齢者支援は同じ視点で見ることで、お互いが支えあえる。

何歳だからできない・・・ではなく、今できることを実践することが生きがいにも通じる。

元気な先輩方に接することが私の元気の源にもなっている。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

循環する

今日、再び「山みず木」を訪れる。

11月に計画している「マクロビオティック」の料理講習の講師依頼を快くお引き受けしてくださった後、具体的な打ち合わせをしていなかった。

Img_2993_800x600


オーナー様にも初めてお会いする。

まだお若い女性で感じのよい方だった。

お忙しい中、スケジュール調整していただき、ありがたかった。

お話をうかがう中で、共感することも多かった。

コンセプトは「循環」という要素を掲げている。

人、モノ、自然が「山みず木」から発信し地域に根付き循環していく。

「マクロビオティック」は食事だけではなく、生き方や生活、人としての在り方を包括的に深くとらえる。

子どもたちに残す未来、可能性であり、「安全で安心なものづくり」を彼らに繋ぐ。

・・・・というお話だった。

今、現在私自身が実践していることも多く、一度訪れた時感じた居心地の良さの原点が、ここにあった。

まさに「引き寄せの原理」そのものを感じた秋のひとときだった。

帰路、美しい秋の空が広がっていた。

Img_20151015_52752


神々しい感じの空だった。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

朝ドラのヒロイン

朝ドラはここしばらく見ていなかった。

・・・というよりその時間、余裕がなく見逃すことが多かったからだ。

途中から時々みる「朝が来た」という今秋始まったドラマが面白い。

As20150602004786_comm

Img_3214_800x600


幕末、京都から姉妹で大阪の両替商に嫁ぐヒロインたち。

女性がまだ社会的に表に出る時代ではなかった。

家事が苦手で、そろばんや勉強が好きな「あさ」がどのようにして日本で初めての女子大を築くことになるのか。

物語の展開が気になるところだ。

それにしても最近のヒロインたちは自分の力で運命を切り開いていく女性が多い。

子どものころ憧れた、すてきな王子様が助けに来る「シンデレラ」的な主人公はもう流行らないのかもしれない。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

コスモス揺れて

あちこちからコスモスの花便りが寄せられている。

たけなわの秋に咲くコスモス。

野原や田んぼに一面に咲く花は青空によく似合う可憐な花。

今週は地域のお祭りもある。


Img_20151012_9146_2

Img_20151012_8202


お宮までの道にきれいなコスモス畑が広がっている。

道を通る人たちに心和む「おもてなし」を毎年してくれていると思う。

今年もまたコスモス咲く、その道を通っている。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

秋の花火

秋の連休真ん中の今日は朝から忙しかった。

来週の日曜日、地域の神祭が行われる。

早朝からお宮周辺の掃除に行く。

夕方から花火見学に西土佐から親戚が訪る。

久しぶりに会う、叔父たちと楽しい会話が弾む。

Img_3090_800x600


午後8時、今年は港から上がる花火を対岸から見学。

秋の夜空に上がる花火は美しい。

Img_3189_800x600



それにしても寒かった。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

収穫の時

穏やかなお天気が続いている。

1昨日から我が家も稲刈りが始まり、今日無事に終わった。

今年の収穫は「やや不良」

Img_3075_800x600

Img_3084_800x600

Img_3086_800x600


台風の影響もさほど受けていなかったが、今年の夏は短く日照不足だったからか・・・。

我が家はTPPには関係なく、ほとんどのコメは友人たちや故郷の親戚にいく。

東京や、兵庫、友人たちも新米ができるのを待ってくれている。

忙しすぎる夫は、結果的に無農薬の米づくりになっているという皮肉な結果でもある。

何はともあれ、ホッと一息の夜です。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

雑談力

待つ間に読む本を買った。

新聞と雑誌の間のような本。

Img_2657_800x533


その中に「人の心と心を結ぶ雑談力」という記事があった。

雑談の効用

雑談は情報を交換する場所であり、互いに意見を交換し合えば思わぬヒントやアイデアを発見する。

 もう一つは雑談にはリラクゼーションという効果があるという。

生きた言葉を話そう

最近はメールやブログ、SNSでのやりとりが増え、実際に顔を合わせると会話が弾まないという人が増えている。

 顔を見てリラックスして会話を楽しむ。

 雑談力は本来、家族の中で培われたものが、最近の家庭環境の中ではむつかしくなっているのが現実。

苦手意識を克服するには

まず、聞き上手になること。

 もう一つは、その場の空気を読んで、自分からなじんでいく努力をすること。

2つを克服することで、周囲の目がやわらかくなるそうです。

最近、会議中の雑談を軌道修正したことで、ちょっと空気が変わった。

なるほど・・・できるかな?

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

悲喜交々

秋晴れのよいお天気が続く。

今日は、四万十市から女性4名が我が家を訪れ「味噌づくり」をした。

彼女たちとは「JAはた小町・女性大学」でご一緒している。

十和に行ったとき、味噌づくりのことを話したら、是非に・・・ということで今日の運びとなった。

和やかな雰囲気で楽しく味噌を作る。

いつものように大豆を大釜で煮ている間、お茶をしたりと笑いが絶えない味噌づくりだった。

そんなことで、また写真を撮るのを忘れてしまった。

Img_3069


TVはノーベル賞受賞報道で沸き立っている。

子どもたちの未来に明るい話題はとてもうれしいことだ。

半面TPP交渉の最終結果が発表された。

一次産業には惨憺たる結果だ。

地方創生をかかげる阿部改造内閣の閣僚が決まった。

このTPPの結果を踏まえどう対処するのか期待するところだ。

※ノートパソコンをWindows10にバージョンアップした。

今のところサクサク動いてくれているし、あるキーボードをタッチすると文字が飛ぶアクシデントもなくなった。少しだけ嬉しい。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

流れに身を任せる

今日も良い天気sun

澄み切った空に大きく深呼吸する。

Img_3063_800x600

Img_3064_800x600


19日にお隣、愛媛県愛南町で母子福祉の交流会がある。

その打ち合わせに市役所にいく。

自分たちの活動を15分ほどのPP資料でプレゼンすることになった。

会議中、少しとげのある発言が気になる。

私は、雑談が苦手だ。

女性の会議は得てして、それを我慢しなければならないのは周知の上なのだけれど、途中で、主題に戻したからかもしれない。

いやな空気で会を終了した。

Img_3068_800x600

夜、パソコンを開いて、よく訪問するブログを見る。

その中に「流れに身を任せる」という言葉があった。

偶然だけれど、とても救われた気分。

ボランティア全体を見直したいと思っていた矢先、FB友達にも励まされ、また今日もブログで救われた。

神様はきっと、よい方向性を見出すように示唆してくれているのかもしれない。

ありがとう・・・・また明日から元気で過ごします。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

未来への可能性

月曜日は放課後教室の日。

運動会も終わり、今は音楽祭に向けての練習と上級生は忙しい。

午後から少し曇っていて外遊びに最適。

ツリーハウス、ジャングルジム、ブランコ、一輪車などで遊ぶ。

Img_3067_800x600

Img_20151005_4966 Img_20151005_5572

Img_20151005_10972

今年もまたノーベル医学賞を日本人が受賞したことを報道していた。

子どもたちの笑顔を見ていると未来への可能性が無限大に広がっている。

このボランティアも長くなった。

そろそろ潮時かな・・・と思うけれど、パワーいっぱいの子どもたちと過ごしていると、いつの間にか元気になっているから不思議だ。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

農の日

澄みきった青空、風渡る秋の1日。

いつも9月末までには種撒きが終わっているけれど、今年は体調が悪く遅くなってしまった。

夫にも手伝ってもらい少しづつ、畑を整備し今日、作業を全部終える。

Img_2659_800x533

Img_2661_800x533


稲も黄金色に輝き、もうすぐ収穫の時.を迎える。

大好きな秋の夕暮れの景色だ。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

嬉しいお土産

夫が仕事で四万十町大正に行っていた。

Img_2658_800x533_2


1昨年4月、夫と伺った時、陶芸をされている奥様から床にかける花入れをいただいき、今日また登り窯で焼いた湯呑とキシ豆茶とアマチャのお土産をいただいた。

3年前、夫の叙勲で東京に行ったときご一緒したご夫婦に偶然出会い、お土産に天然アユが届く。

Photo

どの人たちからも「奥さんは?」と訊ねてくださったそうだ。

1度だけの出会いなのに、覚えていてくれてありがとう。

私は元気にしています。

また二人で会いに行きます。

天然アユはさっそく夜の食卓に上がりました。

美味しかったです。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

創りだす一歩に

今日から10月。

始まりは雨rain

朝いちばんに中学校への読み聞かせ、速攻で帰ってきて百歳体操の会場に行く。

市役所から公共交通機関のない地域への巡回交通手段について説明にきてくれていた。

これから5年後、10年後、ここで暮らすには車が必須アイテムだ。

そんなとき、住民の足を確保してくれるサービスは嬉しい。

いつもは地域のトップと行政との話し合で決まってしまう企画。

地域で活動している女性グループの声を聴きに来てくれたことはありがたい。

感謝の言葉を行政マンに伝える。

Img_3058_800x600


企画段階で、女性が参画することで活性化の原動力になる。

新聞紙上で成功している事業には女性の活躍が大きいのは今さら言うまでもない。

お互いの意見を切磋琢磨しながら、地域が元気になるお手伝いができたら嬉しいことだ。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ