« 今どきの書店事情 | トップページ | 小さな学校の収穫祭 »

老いへの「ケジメ」

新聞の広告欄に新刊の紹介が出ていて、ここを見るのが好きだ。

斎藤茂太著「老いへのケジメ」のサブタイトルが興味を引く。

・こころの「ケジメ」はこうしてつける

・今日1日を精一杯楽しく生きる

・死を、こころの片隅にそっとおく(他)

もう一冊は「捨てる」「思い切る」で人生が楽になる

心のガラクタを捨てて、スッキリ!

11月はスケジュールがいっぱいで、本を読む余裕がなかった。

この本ならば、待ち時間などに読めそうだ。

Img_2257_640x800

Img_2258_640x800

Img_2259_640x800


3泊4日の旅から帰ってみると、庭、畑仕事が山積み。

玄関脇の千両や山茶花の下に置いてある洋ランが咲いている。

冬来たりなば・・・・の感がする肌寒い1日だった。

 

 

ブログ村 高知

クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 今どきの書店事情 | トップページ | 小さな学校の収穫祭 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/62722557

この記事へのトラックバック一覧です: 老いへの「ケジメ」:

« 今どきの書店事情 | トップページ | 小さな学校の収穫祭 »

ランキング

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ