« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

シンガポール旅行記ーファイナル

3日目はセントーサ島を観光。

ここは島全体がリゾート施設になっていて、大きなマーライオンの頭からお天気が良ければマレーシアが見られるという。

Img_3418_800x600

Img00635_800x600

モンスーンというより、少し強い雨で残念ながら見ることができなかった。

2日目にマレーシアにいくオプションがあったけれど、今回は見送った。

大きな水族館があり、巨大水槽の中で魚たちが自由に泳いでいた。

Img00654_800x600

Img00657_800x600

ここにしばらくいて、ボーとお魚を見ていたかった。

夕方からシンガポールフライヤーと名物チリクラブの夕食をいただく。

Img00660_800x600

空港にPM11時ごろ到着、深夜便で帰国した。

シンガポール滞在は3日、かなり精力的に色々なところを回った。

食料自給率は10%に満たないけれど、お隣のマレーシアと友好関係にある。

世界の金融市場を動かしている国、経済発展するシンガポール。

長い間、イギリスに統治されていた関係か、ビジネスに男女格差がなく、能力ある人が登用されるという。

教育もしかり。

日本も同じだけど、経済至上主義国家は、いつかほころびがでないのだろうか・・・。

・・・と、旅の終わりに、フッとそんなことが頭をよぎった。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

シンガポール旅行記ー2

2日間連泊した「マリーナベイサンズ」は巨大ショッピングモールやカジノがある。

ショッピングモールには世界中のブランドショップが集まっているけれど、観光客は誰も入っていない。

物価は高く、ランチも5千円くらいが平均という。

ホテルのモーニングバイキングが充実していて、お昼ご飯はいらないくらい。

Img00604_800x600_4

人口の70%が中国系を占めている国、シンガポールは英語が公用語。

多種多様な民族が共存する国は色々な言語が飛び交う。

買い物は日本語を話せるショップスタッフがほとんどいないので、下手な英語で対応。

流暢でなくても何とか通じるから、それはそれで面白い。

Img00608_800x600_2

2日目は自由行動。

オーチャード通りまでタクシー移動する。

交通料金は安く10ドルだったのが驚きだった。

大型ショッピングモールが立ち並ぶ通りには高島屋、伊勢丹などが進出していた。

雑貨屋さんにいきたいという孫と1kmほど歩く。

日陰は涼しいけれど日の当たる通りは暑かった。

ホテルに近い場所にあるフードコートで軽い夕食をとる。

讃岐うどんのコーナーがあり「あれ!うどんがある」とつぶやいていたのを、若い女性が聞いたらしく笑顔で話しかけてきた。

彼女たちは関西に住んでいて大学の卒業旅行に仲良しグループで訪れているという。

Img00617_800x600_2

Img00628_800x600

夜はホテルの屋上にあるプールに・・・。

プールに入るとき寒くて、キャーキャー言いながら外国女性と思わずハグしてしまった。

プールから夜景を撮る。

この旅行中、素敵な思い出の夜になった。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

シンガポールの旅

シンガポールは亜熱帯の島国。

岡山県、高知県くらいの面積に約540万人が住んでいる(Wikipedia)

Photo Photo_2

今回の旅は、日本からの添乗員はついていなく第一日目とオプションの時、現地ガイドさんに案内してもらった。

中国系のガイドさんがいうには決して観光がメインではなくシンガポールには世界の交易、銀行などの拠点が集まっていて、経済発展が著しいという。

Img00642_800x600

Img00583_800x600

Img00589_600x800

チリ一つ落ちていない街並みは美しく、国全体が巨大リゾートのようだった。

昼間は蒸し暑く、マーライオンのある公園は観光客であふれていた。

第一日目はチャイナタウンや植物園などを見学。

緑が多く、瀟洒でイギリス風な「ラッフルズホテル」が歴史を感じる建造物だった。

Img_3395_800x600

Img_3398_800x600

Img_3402_800x600

ナイトサファリや夜の植物園など、昼間とは違う顔を持つ場所を観光する。

夜の観光が楽しかった。

1日目、夜の食事はチャイナタウンで中華料理をいただき、長い1日が終わる。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

無事に・・・

深夜2時にシンガポールを出国、羽田9時30分~松山14:05に無事帰ってきました。

娘が空港まで迎えに来てくれて、そのまま娘宅に1泊。

今日、我が家に帰りつきました。

孫は初海外。

多分、彼女なりに楽しんでくれたと思っている。

シンガポールは、言語は英語。ショップでの買い物もなんとかしていたようだし、ある意味勉強になったようだ。

Img00610_800x600

Img00611_800x600

<宿泊したマリーナベイサンズからの眺め>

今回は深夜出発、深夜帰国と結構ハードな旅だった。

ともかく眠かった。

暑い国から寒い日本へ。

写真を整理して「シンガポール見てきて感じて」をUPします。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

シンガポールにて

1456391033598.jpg

1456391037456.jpg

1456391041717.jpg

1456391044729.jpg
シンガポールに無事に着いてます。深夜に出国し、今日はバードな観光でした。夜の動物園に行ってやっとホテルに帰りました。明日はフリー行動を楽しみます。

羽田国際空港にて

1456062431010.jpg

1456062439419.jpg
22日深夜便で孫とシンガポールに行きます。羽田国際空港で時間待してます(^-^)

直販所で

JAの直販所での話。

花の苗や切り花が安いので、買い物のとき、楽しみに立ち寄る。

花を見ていると花好きの人と自然に会話しているときが多い。

花桃の木と椿の切り花を200円で買ったとか、鉢植えで長持ちするのがこの花とか・・・知らない人に教えてもらい自然に話が弾む。

1か月ほど前の寒い日「今から亀をとりに行く」という小学生2人が100円でお菓子を買っていた。

「絵本ボランティア」の名札を外すのを忘れ、そのまま買い物していた私に「おばちゃん、僕らの学校にも来て!」というので約束した。

その約束は1昨日果たした。とても嬉しそうだった。

直販所は色々な人との出会いの場、私自身も楽しい。

Img_2429_800x600

Img_2431_600x800


今日は夫の誕生日。昨日まで出張だった彼はふつーの家庭料理がよいという。

プレゼントの花は後で花畑に植えようと思っている。

明日から5日ほどブログお休みします

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

スローライフ・スローフード

セカンドライフはスローライフに徹し、自給自足でスローフードを育てることが夢だった。

現在、スローライフには程遠いけれど、スローフードは実践していることもあり、やや充実している。

お天気が続き、干し大根が出来上がった。

Img_2426_800x600


毎日、出したり入れたり世話が大変だったけれど、出来上がったものをみれば「やった感」がある。

昨日、事務局をしているグループの広報を書き、今日郵送の準備をする。

Img_2427_600x800Img_2428_600x800_3


大変と思うと大変になるけれど、それもこれも自分が好きでやっていると思うと苦にならない。

それに近々楽しいことが待っているから・・・・。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

至福の時間

三寒四温というけれど、最近の温度差は半端ない。

霜の降りた朝は暖かくなる。昼間はよいお天気。

久しぶりに洗濯物がよく乾いたのが、嬉しい。

今日も午前中は市内の小学校3年生への読書(絵本)ボランティアに・・・。

午後からは所属しているグループの広報を書き、1時間ほど畑で過ごす。

暦を見れば、24節気の一つ「雨水」の頃のようだ。

じゃがいもを植え、春蒔く野菜の土づくりなど農作業が忙しくなる。

夕食後、家事を終わった時間がホッとする時間。

こたつには高齢の三毛猫が、猫ボックスにはオス猫ノンタがいつの間にか入っている。

Img_2418_600x800_5


買ったばかりの雑誌や新聞を読んだ後、恒例のブログの更新をする。

猫に囲まれて過ごす、ひと時が私にとっての至福の時間である。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

まかてさんの本

寒い1日。

宝塚の従姉から、これ面白いから読んでみて!・・・・の添え書きとともにクリスマスプレゼントの中にあった単行本を読む。

Img_2417_800x600


シーボルトとその薬草園の園丁のお話。

園丁からみたシーボルトとその暮らしぶりを綴った物語。

最終章で、シーボルトの娘、イネとの再会で日本を愛したシーボルトのこころ模様が伝わってくる。

作者の「朝井まかて」さんは2014年直木賞を受賞した作家。

久しぶりに一気に読んだ。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

いのぐ・防災に女性の視点を

2月13日の高知新聞・防災プロジェクト2016のコラムに友人が登場。

Img_2416_800x600


10年ほど前、彼女とはソーレの「地域リーダー講習会」で出会い、それ以来親交が続いている。

4年前に仙台女性会議に参加し、被災地を見学、それ以降私も防災意識が芽生えた。

それもこれも彼女からの影響が大きい。

高知県の西と東に住む私たちは中々会えないけれど、唯一1年に1度の「ソーレまつり」で再会する。

現状を話しながら、お互い刺激を受けあい活動を続けている。

防災活動も「無理せず楽しく。仲間を増やし、女性の意見を入れた避難所の運営マニュアル作りも目指したい。小中学生も巻き込んで、防災文化が当たり前に思えるよう、しっかり背中を見せないと、と思います。

・・・と結んでいるところは流石!!

「落ち込んだとき西で私が頑張っていることを思い出して前に進んでいる」・・・とハグしてお別れしたのは1月末の事。

こんな友人がいることを誇りに思う。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

山頂の梅林

春の嵐みたいだった昨日が嘘のように、よく晴れた日曜日。

午後から愛南町にいる母に会いに行く。

インフルエンザ予防のため、面会室での対面だったけど、私と娘の名前もしっかり覚えていた。

いつものようにニコニコと穏やかな表情に救われる。

Img_20160214_19441

Img_20160214_21697

Img_20160214_22262

Img_20160214_24184


帰り、近くの松軒山に登る。

初めて訪れた場所。

山頂は風が強かったけれど、眼下に愛南町の街並みが広がっていた。

山頂近くに梅林があり車から降りて散策する。

今度は孫たちを連れて、ゆっくり行きたいと思っている。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

実践する女性たち

雨の土曜日になった。

今日は放課後教室に行っている小学校での料理教室の日。

今の季節、恒例の行事になった。

レシピを考え、材料を前日から準備し、早朝から出かける。

いつも通り、子どもたちと楽しい時間を過ごす。

バタバタと後片付けをして、気がつけば、カメラを学校に忘れてきた。

月曜日まで写真はお預け。

Img_20160213_38664

Img_20160213_3874

Img_20160213_4143

午後、地域で頑張る若いお母さんたちが企画した「本とあそぼう・全国訪問 おはなし隊」の移動図書」にいく。

場所は量販店の空き店舗。

お天気なら戸外でのフリマやイベントなどの行事も盛りだくさん準備されていたそうだ。

それでも雨の中、子ども連れの参加が多かった。

彼女たちの頑張りが企業にも認められ輪が広がっている。

新しい何かを始める彼女たちに期待大である。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

コミュニケーション能力

裏庭の白梅も7分咲きなった。

花のない季節に凛と咲く梅の花が好き。

Img_20160210_2764


最近、コミュニケーション能力のなさを自覚することが何度があった。

相手の話を聴き、穏やかに自分の意見をいうことが理想なのだけれど・・・。

目的に向かう意識に格差がある場合、私の場合、すぐ諦めてしまう傾向がある。

あさドラ「あさが来た」の主人公のように「九転び十起き」を実践する粘り強さがない。

そんなことを思いながら録画していたドラマを3話連続してみた。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

光の岬

うらうらの陽気に誘われ、早春の足摺岬を訪れた。

Img_20160210_2444 Img_20160210_23587

景山椿園に行きたかったし、海も見たかった。

566x800


ふるさとの海に向いて・・・・。

啄木の山を、私は海と言いたい。

Img_2406_800x600 Img_2413_800x600

早春の岬は光輝いていた。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

集う

旧正月の昨日、所属しているグループの新年会があった。

今回は男性陣に頑張ってもらうことに・・。

男の料理は豪快だ。

私は、いつものように「ちらし寿司」と「野菜たっぷり鶏の南蛮漬け風」を作る。

会場には1時間ほど早く行った。

刺身、山芋のとろろ汁、猪汁、デザートの差し入れなどすごいご馳走♡

人が集うところに食あり。

Img_3373_640x480

Img_3375_640x480


美味しいものを食べることで人との絆が生まれる。

イベントをするのは忙しいけれど、笑顔がいっぱいの時間を共有できる。

あちこちから声をかけれれ結局、料理の写真を撮る暇がなかった。

残念!

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

感動した歌

たまたまつけていたTVから流れる歌にこころ打たれた。

島津亜矢さんの「帰らんちゃよか」という曲だった。

娘を思う親の気持ちが鹿児島弁で切々と伝わってくる。

それは私の気持ちでもあり、昔県外で暮らしていた時、いつも祖母からの便りに綴られていた言葉だった。

そんなことを思い出し、久しぶりに涙が出てきてしまった。

すばらしい歌唱力の歌手さんですね!(^^)!

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

遊び場づくり

立春を過ぎ、畑仕事も忙しくなった。

残っていた大根を抜き、干し大根にする作業をする。

今は畑に野菜があまりないので、作業中は鶏10羽を出している。

3月には種を蒔く。

鶏は、我が家にとってペットでもある。

今日は夫と、その鶏の遊び場を作った。

Img_2377_800x600


文旦の木がある周囲を網で囲う。

夫の友人も手伝ってくれ、3時間ほどで出来上がり!!

Img_2376_800x600

お天気がよい日これから鶏たちは、ここで遊ぶ。

ストレスフリーな環境は人間にとっても、動物にも必要なのだから。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

お守り

歌舞伎「中村座」を継ぐ若き勘九郎、七之助の1年(2015)を追うドキュメンタリーを見ている。

舞台の袖で、出番を待つとき、勘三郎の骨壺を抱いて、その重圧と緊張感をほぐしている場面があった。

M000327160114 M000328160114


私自身、緊張する場面は色々ある。

人前で話すのは苦手だというと、知人たちは笑う。

本当はひどく緊張するほうだと自覚している。

004_512x640

特にお茶の大寄せの時、お点前をするのは、いくつになっても苦手だ。

緊張しない「お守り」があるといいなぁ・・・と思う。

私の場合は「失敗してもいい」と開き直ることが、お守りなのかもしれない。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

つながる物語

立春の今日は、良いお天気。

こころなしか空気が柔らかい。

近くの小学校で「いちばんのなかよしさん」という新しい絵本を読む。

Img_2374_600x800_4



あとがきがこころに響く。

絵本の著者・エリックカールさんは現在80歳以上。

1932年、3歳のころ、仲良しだった女の子がいて、その後彼は両親の故郷ドイツに帰っていく。

Img_2375_600x800


その頃のことを書いたのがこの絵本。

ともだちに会えなくなって、いつしか彼女の名前も記憶から消えました。

けれど、また会いたいという気持ちは、20歳になっても50歳になっても80歳になっても持っていた。

そんな「会いたい」こころから、この絵本が生まれ、友達の住所も電話番号も、名前すらわかりませんでしたが、探しにいくという物語ができました。

絵本が世に出ると、たくさんの人に読まれ、ある日我が家にびっくりニュースが舞い込んできました。

なんと80年前の友達はフロリダ州で元気に暮らしているということでした。

ほぼ同い年の彼女もむかし、僕と一緒に撮った写真を捨てないで大切に持っていたのです。

人間は「むかし」に戻ることができません。生きていると「今」はどんどん過ぎて、「むかし」になっていきます。でも、だれかに「会いたい」という気持ちがあれば「むかし」と「今」はきっとつながると思います。

そんなつながりが、いちいちいちばんうれしい!

私自身、絵本からすばらしい贈り物をいただいた。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

節分の日は

裏庭の椿の木にメジロが来ていた。

そ~と見ているとツガイだった。

急いでカメラを取り、戻ってみるともういなかった。残念!

久しぶりに何にも予定のない日。

午後から畑に・・・。

Img_2363_800x600

Img_2365_800x600


Img_2366_800x600


Img_2367_800x600

Img_2369_800x600


心なしか空気が柔らかくなったような感じがする。

鶏を出し、猫もついてくる。

庭の木々つぼみも膨らみ、春を待っている。

ふと見ると、蕗の薹も!!

Img_2371_800x600

さっそく天ぷらになって、夕食の食卓にhappy01

節分の豆を煎り、太巻きのお寿司をつくる。

ささやかな、我が家の節分の行事だ。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

心の目

岩木山のふもとで、救いを求めて訪れる人たちの癒やしの場「森のイスキア」を主宰した佐藤初女(さとう・はつめ)さんが、1日午前2時半ごろ、乳がんのため青森県弘前市内の病院で死去した。94歳だった。

・・・というニュースを見た。

Photo


「命の森の台所」の本を宝塚の従姉からプレゼントされたのが1昨年の12月だった。

それ以前から彼女の活動を知っていて、このような生き方をしたいと漠然と思っていた。

「食は命」

「みんなで食べる食」が、しなやかな心を育む。

「生きている間、イスキアにくる人たちに、おにぎりでお接待する」と書いていたことが印象に残っている。

私の活動などは微々たるものではあるけれど、彼女の生き方そのものが憧れである。

食で地域の絆を作りたいと思っている私の活動の原点なのかもしれない。

ご冥福をお祈りします。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

芽吹く・・・

今日から2月。

庭の木々が芽吹いている。

Img_2358_800x600

Photo

夕方、いつも通る道に紅梅が咲き始めていた。

芽吹く季節が好き。

少しづつ、春の足音が近くなる。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ