« 節分の日は | トップページ | お守り »

つながる物語

立春の今日は、良いお天気。

こころなしか空気が柔らかい。

近くの小学校で「いちばんのなかよしさん」という新しい絵本を読む。

Img_2374_600x800_4



あとがきがこころに響く。

絵本の著者・エリックカールさんは現在80歳以上。

1932年、3歳のころ、仲良しだった女の子がいて、その後彼は両親の故郷ドイツに帰っていく。

Img_2375_600x800


その頃のことを書いたのがこの絵本。

ともだちに会えなくなって、いつしか彼女の名前も記憶から消えました。

けれど、また会いたいという気持ちは、20歳になっても50歳になっても80歳になっても持っていた。

そんな「会いたい」こころから、この絵本が生まれ、友達の住所も電話番号も、名前すらわかりませんでしたが、探しにいくという物語ができました。

絵本が世に出ると、たくさんの人に読まれ、ある日我が家にびっくりニュースが舞い込んできました。

なんと80年前の友達はフロリダ州で元気に暮らしているということでした。

ほぼ同い年の彼女もむかし、僕と一緒に撮った写真を捨てないで大切に持っていたのです。

人間は「むかし」に戻ることができません。生きていると「今」はどんどん過ぎて、「むかし」になっていきます。でも、だれかに「会いたい」という気持ちがあれば「むかし」と「今」はきっとつながると思います。

そんなつながりが、いちいちいちばんうれしい!

私自身、絵本からすばらしい贈り物をいただいた。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 節分の日は | トップページ | お守り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/63795636

この記事へのトラックバック一覧です: つながる物語:

« 節分の日は | トップページ | お守り »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ