« 感動のMother's Day | トップページ | それぞれのカタチ »

2014年「今日のブログ」

庭の「夏椿」が満開になった。

初夏に咲く、優しい椿は別名「沙羅の木」というらしい。

白い一重の上品な花は私の好きな花でもある。

Img_2715_800x600


FBを久しぶりに開くと1年前、2年前、4年前のブログを振り返えるページがあった。

2014年の今日のブログ

「星明り」

今日の高知新聞2面の「話題」に「やなせたかし」さんの戦後間もないころの、幼い日の思い出をもとに描いたと思われるラジオ用原稿「朝やの星」が見つかったという記事があった。

主人公の「僕」には家族の中に居場所がないと感じていた。 そんなとき「朝や」というお手伝いさんが、気づいていて陰に日向に包み込むような優しさに幸福感がにじむ。

星の降る夜、眠気を催した「僕」を背負って家を抜け出し、駄菓子屋へ連れて行ってくれたという。

やなせさんは5歳で父を亡くし、母と別れたのは小学2年生の時だった。

身を寄せた親類の家で、さみしさを募らせたのも無理はない。

今を生きる子供たちの中には、親と一緒にいられなかったり、たとえばそばにいても心を通わせあうことができなかったり、様々な状況があることだろう。

生きることが孤独な時間をさけられないものだとしても、せめて誰かがその孤独に気づき、手を伸ばしてくれることがあれば、小さな勇気の支えになるかもしれない。

70年近い時を経て現れた原稿は、星明りとなって、そう教えてくれているようだ。

・・・父母の愛がなくても、幼い時に愛されたという記憶があれば人は優しくなれる。

困った人に自分の顔をたべさせる「あんぱんまん」は、まさに「やなせさん」そのものなのだと。

Img_2713_800x600


こんな記事を書いていたことすら忘れていた。

ブログは振り返ることができるから日記感覚で続けることができた。

最近忙しく、自分の書きたいことが閃かない。

無理に書くことはやめようかな。

中断すると、楽なほうに流されそうな気もする。

悩めるところだ。

 

 

ブログ村 高知

↑クリックありがとうございます。更新の励みになります(^-^)

« 感動のMother's Day | トップページ | それぞれのカタチ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1248326/65400400

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年「今日のブログ」:

« 感動のMother's Day | トップページ | それぞれのカタチ »

ランキング

  • ↑クリックありがとうございます
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ